サマースクール小学生・中学生・高校生が単独で来れるフィリピン

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1690

サマースクールである「ジュニアキャンプ2018年」が無事に終了!!!

海外のサマースクールのことを僕たちは「ジュニアキャンプ」と呼んでいます。

ちなみに、今年2019年・夏の「ジュニアキャンプ」資料はこちらです。

2019年夏のジュニアキャンプ8/1-8/18詳細

 

ただ、このページでは全てをサマースクールで統一します。

 

僕が一年を通して最も行動量が増える時がサマースクールです。

僕が最も神経を使う時でもあります。

 

サマースクールはまさに命懸けでやってます!

 

サマースクールはフィリピンへ

IMG_0047

そもそもなぜサマースクールでフィリピン?

フィリピン留学はなぜここまで流行っているのか?

1,英語がとても上手!

2,フィリピンは日本からたった4時間半で来れる!

3,マンツーマンレッスンが売り!

 

これはまさしく他の国では実現出来ません!!!

 

1,サマースクールは英語が上手なフィリピンへ

 

東南アジアで最も英語が上手な国がフィリピン。

実は、ビジネスイングリッシュで世界ナンバー1に5年連続で輝いてます。

スクリーンショット 2018-08-16 10.49.45

参考資料→2013 BEI Summary of Results by Country

 

英語が上手だからサマースクールはフィリピンです。

最近ではフィリピン留学がとても流行ってきてます。

理由は英語が上手だからです。

 

2,サマースクールは4時間半で来れるフィリピンへ

IMG_8965

カナダやオーストラリアに行こうとしたら8-9時間はかかります。

時差があるカナダだと遠い世界になってしまいます。

 

サマースクール・フィリピンの場合、時差がたった1時間です。

フィリピンで7時だと日本で8時。

こんなに身近に感じる英語圏の国はフィリピンだけです。

 

3,サマースクールはマンツーマンレッスンが最も効果的!

IMG_9782

英語はマンツーマンレッスンが最も効果的です。

グループ・レッスンだと発言回数が減ります。

また、授業への集中度がガクッと下がります。

 

マンツーマンレッスンは英語習得の最短の道なんですよね。

しかも安い価格でマンツーマンレッスンが出来るのはフィリピンのみ!

もし、カナダやオーストラリアなどでマンツーマンレッスンをすると莫大は費用がかかります。

そもそも人件費が違いますからね。

 

サマースクールの勉強内容

IMG_9784

サマースクールは1日8時間英語+2時間の勉強

1日8時間も英語の勉強をします。

4時間はマンツーマンレッスン。

2時間がプレゼンやディベートで効果的なグループレッスン。

最後に2時間がサイエンスクラス。

 

これをみんな楽しみながら勉強するので奇跡です!

 

サマースクールの英語→英検を徹底

LRG_DSC04345

英検の本を日本で購入してきて頂きます。

その本を中心に進めていきます。

もちろん、日本に帰ってから続きが出来るように、オンラインも準備しています。

 

英語は継続して勉強していくことで伸びていきます。

このサマースクール・ジュニアキャンプをキッカケに英語を継続してもらいたいですね!

 

小学1年生でも英検準2級に挑戦する生徒もいます。

また、中学1年生で英検4級から始める生徒もいます。

 

英語はいつからでも始められます。

早く始めた方が絶対的に良いですからね。

 

また、大学入試が変わって、4技能が必要になります。

今までだったら「読む」「書く」がメインでした。

今後は「読む」「書く」以外に「聴く」「話す」も同等に重要視されます。

 

英語は急には伸びていきません。

いかに早くから始めるかが大切です。

 

サマースクール→発音を徹底

LRG_DSC04368

発音って大切です。

聴けないのは話せないからです。

相手の発音が分からないのは、自分が上手く発音が出来ないから。

 

発音が出来るようになってきたら、自然と聴けるようになってきます。

聴けるというより、聴き分けることが出来るようになってきます。

 

サマースクールで毎日行われるサイエンス・クラス

IMG_9102

クレマティスメソッドを使ったサイエンスクラス。

ペットボトルでイカダ作り。

 

最初は何が出来るか分かりません。

IMG_9085

英語で説明を受けながら、段々とイカダになってきます。

IMG_9086

実際にこのイカダをプールに浮かべます。

IMG_9091

 

こういったサイエンス・クラスは毎日行われます。

Tシャツに色付け↓

IMG_9162

色付けしたTシャツが翌日出来上がってきます。

IMG_9165

思い思いの色をつけて、それが出来上がってきます。

IMG_9168

世界で1つだけのTシャツですね!

 

こういったサイエンス・クラスは英語で説明を受けます。

全体で説明を受けて、各グループにティーチャーが付いて、更に詳しく説明します。

IMG_9732

サマースクール中に実際に着用します↑

 

サマースクールの宿題タイム

IMG_9026

毎日、夜は宿題タイムがあります。

小学生19:00-20:00(1時間)

中学生19:00-21:00(2時間)

小学生は21時には就寝します。

よってこの20時までの勉強となります。

中学・高校生は22時には就寝です。

IMG_9774

「え! 寝るの早い!」

と思うかも知れません。

しかし、体調具合と睡眠時間はとても関係が深いです。

睡眠不足の状態が続くと体調を壊しがちです。

反対に、十分に睡眠が取れてた状態の時は体調も良いものです。

 

これは僕たちの長年の経験で判断をしています。

睡眠はとても重要です。

 

この宿題タイムですが、事前に保護者様と生徒でやる内容を決めてきてもらいます。

IMG_9772

何を何ページやるのか?

IMG_9771

計画を立てて、それをスタッフが毎日、チェックしていきます。

長期間の学校のお休みは必ず宿題が出ます。

また、英語だけをやっていて良いものではありません。

数学(算数)、国語、理科、社会などなど。

こういった教科の勉強時間をしっかり確保しているのもファーストイングリッシュのサマースクールです。

 

サマースクールのアクティビティ

LRG_DSC04683

 

サマースクールの大型プールアクティビティ

サマースクールで行くプール。

Jパークモール(またはクリムゾン)という5つ星ホテルのプールをデイユースで使います。

IMG_9198

ここでは小学生〜高校生まで大満足!

LRG_DSC04720

流れるプールもあります。

LRG_DSC04697

もちろん、ティーチャーと一緒にグループで行動します。

LRG_DSC04695

僕も一緒に行きます。

LRG_DSC04682

やはり、水場は注意が必要です。

しっかりティーチャーとスタッフで見ていきます。

LRG_DSC04723

このデイユースプランのランチは超豪華ビュッフェです。

LRG_DSC04727

ティーチャーと一緒に食事をします。

常に英語と共に生活をします。

 

サマースクールのボランティア

LRG_DSC04557

各自、自分の家からいろんなものを持参してきます。

それを恵まれない家庭に配ります。

LRG_DSC04396

初めて見る光景にみんな考えるところがあるでしょう。

LRG_DSC04493

恵まれないご家庭も訪問します。

LRG_DSC04614

実際に自分の足で歩いていきます。

LRG_DSC04613

TVで見る世界とはまた違います。

そこには貧しいながらも笑顔もあります。

LRG_DSC04615

ボランティアが終わると、それを分かち合いします。

IMG_9159

自分の思ったこと、感じたこと、これからどうしていくのか?

そういったことを英語で発表しあいます。

 

多くの生徒は「自分の環境に感謝」「貴重な経験をした」と発表します。

彼らの世界観がまた広がっていきます。

 

サマースクールのアイランドホッピング

IMG_2046

アイランドホッピングとは南国の離島に行くことです。

離島に行くととてもキレイな海があります。

まさに南国のリゾート!!!

IMG_2040

そこでシュノーケリングをします。

LRG_DSC04878

波が高くない限り、多くの魚を見ることが出来ます。

IMG_2022

(天候によっては魚のいるポイントに行くことが出来ません)

安全第一に行ってます。

LRG_DSC04823

離島へは竹を組んだような大型ボートで移動。

こういったボートに乗るのも初めての生徒ばかりです。

LRG_DSC04836

みんな南国を堪能します。

LRG_DSC04855

 

サマースクールが生徒の選択肢を増やす

LRG_DSC04149

良い大学に行くのは何のため?

それは「子供の選択肢を増やすため」と多くの保護者様がおっしゃります。

確かに偏差値の高い大学に行くことで選択肢は増えます。

 

しかし、同時に、こういった経験値を増やすことも選択肢を増やすことにつながります。

実際に、このサマースクールの後に

・インターナショナルスクールの中学校に転校

・高校は日本ではなく、ニュージーランドになった

・高校はカナダに3年間いくことにした

という生徒もたくさんいます。

 

もちろん日本が悪いという訳ではありません。

日本でも頑張ればとてもいい環境で教育を受けることが出来ます。

 

ただ、日本にこだわる必要はないですね。

世界で活躍するというビジョンが増えても良いのではないかと思います。

サマースクール(ジュニアキャンプ)について詳しくはこちらに専用HPとして載ってます↓

2019年夏のジュニアキャンプ8/1-8/18詳細

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 772 times, 1 visits today)