フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1614

「2018年8月
夏のジュニアキャンプ
いよいよ締め切り間近!」

 

ジュニアキャンプは2018年の夏で
10回目となりました!!!

回を重ねるごとに
人数が増えていくキャンプ。

また、リピーターも多くいます。
今回で3回目の生徒たちもたくさんいます。

驚いたことに
リピーターをしている生徒たちの英語力!
どんどん向上しています。

これだけ濃密に英語を特訓するので
英語力が向上していくのも必然ですね!

今回のジュニアキャンプ
をビデオにまとめました。

 

目次

ジュニアキャンプの出発方法

IMG_1342

成田空港・関西国際空港・名古屋空港からどう行くのか?

それぞれのフライトに合わせて
3つの空港で待ち合わせをします。

フィリピン行きのフライトは
だいたい同じ時間に出発し
同じような時間帯でセブに到着します。

よって3つの空港から一気にセブ入り
という形になります。

IMG_1344

 

フィリピン留学で15歳未満は事前申請が必要

子供たちだけで行くジュニアキャンプ。
保護者の方は基本ついてきません。

よって事前にWEG申請というものが必要です。
もし、WEG申請していなかったら
空港で悲劇が起こります。

たまたま僕が目にした悲劇はこちら↓
15歳未満の空港での悲劇!僕だけフィリピンに行けない!

こうならない為に
事前に申請をしていきます。

それらの手続きのお手伝いを
させて頂きます。

留学生全員揃ってからフィリピン・セブ島へ!

IMG_1343

空港では引率のスタッフ
が待っています。

待ち合わせ場所に集合をして
全員揃ったら出発!

リピーター同士以外は
ほとんどの生徒たちが初対面。

初めて出会うお友達と
初めてのフィリピン・ジュニアキャンプ。
また、英語漬けの日々。

多少、緊張している生徒もいます。
「僕、こういったことって
初めてだから
緊張しています。」
と飛行機の中で告白してくれました↓
85AA03EE-7E1B-409E-88C4-A77EFA968C6B
2017年春のキャンプ時↑

それもいい体験!
こういったことを通して
経験値が増えてきます。

 

日本からフィリピン・セブは約4時間30分で到着!

F1E0BCA6-11C9-4755-9A2A-8BE31E64B971

飛行機に乗った時から
アナウンスは英語です。

約4時間30分のフライトで
フィリピン・セブ島に到着!!!

子供たちだけで海外に行くことって
そうそうありません。

セブ島空港には学校スタッフがピックアップ

到着時間に合わせて
フィリピン側の日本人スタッフが
空港に迎えに行きます。

もちろんどんなに遅くなっても
必ず迎えにいきます。
IMG_1232

全員揃って滞在先のホテルへ。

ジュニアキャンプ1日目:フィリピン到着後、早速スタート!

IMG_1392

ジュニアキャンプ開始!(ウェルカム・パーティー)

到着してすぐに
ウェルカム・パーティーです。

自分のグループやお部屋は
事前に学年ごとに決まってます。

ガーディアンと呼ばれるティーチャーが
笑顔で迎えてくれます。
(ガーディアン→guardian保護者役の人)

IMG_1351
↑事前に準備をしています。

自己紹介の仕方も万全の準備↓
IMG_1353

実際に生徒が来てからの自己紹介↓
IMG_1365

テンション高くお出迎えです↓
IMG_1363

これから寝食ともにするティーチャー↓
IMG_1366

First English Global Collegeの中でも
大人気のティーチャーばかり。

留学生とティーチャーの自己紹介は英語か?

IMG_1370

ティーチャーはもちろん
日本語は話せません。
英語オンリーです。

英語が話せなくてもOK!!!
今から習うことです。

外国人と英語で
コミュニケーションを
取ることが大切です。

分からないながらも
英語を使うことが大切です。

フィリピン・ジュニアキャンプは
初日からすでに始まってます。

ジュニアキャンプの魅力の1つはガーディアン・ティーチャー

IMG_1375

ガーディアン・ティーチャーと
人間としての付き合いが始まる!

当然、最初は戸惑いがあります。
外国のティーチャーと
ここまで深くお話をすることって
あまりありません。

しかし、時間を重ねていくことで
段々と距離の取り方や
伝え方を学んでいきます。

その一番最初が
英語での自己紹介です。
IMG_1373

一生懸命、英語で話そうとする生徒たち。
反対になかなか言葉が出てこない生徒たち。

IMG_1383

いろんなタイプの生徒がいます。
それはそれでOK!!!

フィリピン人ティーチャーは
そういった子供たちを全て受け入れてくれます。

出来ないことは
恥ずかしいことではありません。

それに、ホスピタリティ溢れる
フィリピン人ティーチャーが
きちんと受け入れてくれます。
IMG_1388
小学生は慣れるのが早い↑

ジュニアキャンプにはリピーターが多い?

IMG_1356

実は、このジュニアキャンプって
リピーターがとても多い。

前回のジュニアキャンプで
とっても仲良くなった生徒たちが再会!

彼らの自宅は岐阜と広島。
こういったジュニアキャンプは
いろんな場所から来てくれています。

普段なら会えないような人と
ジュニアキャンプを通して
出会います。

今回は上海に住んでいる
日本人の生徒たちも参加。

子供の世界観が広がります。

 

ジュニアキャンプ中の携帯はどうしたらいいの?

子供たちに嫌がられ
保護者さまから喜ばれるのが
スマートフォン無し生活!

このフィリピン・ジュニアキャンプの
初日に携帯・スマートフォンを
預かります。

全員の分を預かって
金庫に保管してしまいます。

というのも、ジュニアキャンプ中は
スマートフォンは
見ている時間ありません。

その分、ティーチャーと英語で
コミュニケーションを取ってもらいます。

また、英語の勉強を楽しく行います。
電子辞書のみOKとなります。

 

2日目:ジュニアキャンプのオリエンテーション&授業

IMG_1404

朝7:00はラジオ体操?

朝は日本の場合はラジオ体操。
ここフィリピン・セブ島では
ダンスからスタート!
毎日、練習をしていきます。

海外では有名なミュージックを
大音量で流します。

それに合わせてダンス!!!
フィリピン人はダンスが得意。
誰もが踊れます。

最初は戸惑っている生徒たちも
段々と上達してきます。

毎日、同じダンスを練習。
最後は完全に踊れるようになります!

20604286_1050049951764450_6994522281254869400_n

このミュージックの歌詞は
授業でも勉強をします。

この曲にはどんな意味が込められているのか?
英語の歌が覚えられる良い機会です。
IMG_1774

壁にも貼り出しています。
生徒たちにもミュージックの紙は
配られます。

そこで一語一語を勉強していきます。
身体を動かして、歌いながら
覚えることが出来るので効果的です。

IMG_2185

オリエンテーションで注意喚起

初めて海外に行く生徒もいます。
オリエンテーションでここのルールを
丁寧に説明していきます。

フィリピンの事情だったり
してはいけないことなど
国によって事情が違います。

危険なこと、やってはいけないことなど
しっかり説明をさせていただきます。

座席はクラスによって違います。
また、洗濯の出し方やサイレントタイムなどの
ルール説明をします。

全体のスケジュールはこれです↓
IMG_1808

朝は毎日、ダンス!

勉強時間1日11時間!!!
◯マンツーマン4時間
◯グループクラス2時間
◯サイエンスクラス2〜3時間
◯宿題タイム1〜2時間
 (小学生1時間、中高生2時間)

ここまで勉強が出来るのはフィリピン留学だけ!
他の国はビザの問題があって
そこまで勉強時間の確保が
出来ません。

マンツーマンの英語レッスンを
みっちり行います。
また、グループレッスンでは
状況に合わせたレッスン。

英語は英検対策をしっかり行います。
(小中学生)

ジュニアキャンプ中の避難訓練とは?

万が一のことが合った場合に
備えての避難訓練を
一番最初に実施しています。

ここはまず、日本人が日本語で
アナウンスします。
後でガーディアンティーチャーが
生徒に英語でフォロー。
IMG_1408

災害は準備をしているか
どうかが大切。

地震が起こった際
IMG_1410

全員が机の下に隠れます。
こういった行動は
訓練をすることで
素早く出来ます。

IMG_1411

照れる生徒たちもいますが
大人が真剣にやってるので
子供も段々と真剣になる。

IMG_1412

全員が出来ているかの
チェックも行います。

火災の場合の訓練

IMG_1415

地震だけではなく
火災の可能性もあります。

IMG_1416

ジュニアキャンプ中に
何かあった時の避難場所を
決めておきます。

やっているか
やっていないかで
結果は全く変わります。

まず、最初に行います。

 

ジュニアキャンプ参加者同士がゲームを通じて仲良くなる

この時点で生徒同士
とても仲良くなってます。

人数が多いので
もっといろんな人と交流が
出来るようなゲームをここで実施。
IMG_1428

英語を使った伝言ゲームや
自己紹介に有効な
ゲームを実施。

これから卒業まで
寝食ともにする仲間たちです。
コミュニケーションの
回数を増やしていきます。

指示は全て英語です。

 

ジュニアキャンプ中、毎日行われるサイエンス・クラス

IMG_1480

ファーストイングリッシュの
ジュニアキャンプの
特徴の1つがこのサイエンス・クラスです。

ジュニアキャンプの指示はすべて英語か?

全て英語による
インストラクションです。

フィリピン人が英語で
サイエンス・クラスを

進めていきます。

20664713_1052379261531519_1300574134916679959_n

英語で指示を受け
自分の頭で考えて
自分の手を動かします。

完成した状況を
また英語で共有していきます。

ジュニアキャンプ中のサイエンス実験は毎日違うの?

毎日、違った種類を
用意しています。

時にはプールを使ったり
大きな庭を使って実施します。

ソーラーバルーン

20637945_1052378901531555_7402258685384524807_n

黒く大きなビニール袋を
気球のようにして
空に飛ばします。

ペットボトルでイカダは作れるか?
IMG_6759

ティーチャーから説明を受けて
ペットボトルをガムテープで巻きます。

みんなで協同で作業を!
ずっと英語に触れています。
IMG_6765

さて、果たして
このイカダは浮くのか?

IMG_6767

大成功!!!
今後、プールで遊ぶ時には
これを浮き輪代わりにします。

世界で1つだけのTシャツを!

IMG_7086 (2)

フィリピン・セブらしい
色付けを行います。

出来たTシャツは一生の思い出です。
早速、着てます↓
IMG_1890

キレイに色付け出来てます。
20664617_1055515371217908_4552446239810056970_n

初めての体験。
それもティーチャーと
一緒に作ります。
20664618_1055515441217901_6211010629658024750_n

一生の思い出になりますね!

フィリピン人ティーチャーからの解説

IMG_1848

入念な準備をして
迎えるサイエンス・クラス。

実験なので結果が失敗
することもあります。

それを通して学びも
深まります。
また、成功したグループは
とても嬉しそう。

子供たちの視野が
グンっと広がる瞬間です!

 

ジュニアキャンプ平日の過ごし方(1日のスケジュール)

IMG_1570

ジュニアキャンプの朝は何時に集合?

決められた時間は
朝6時45分です。

しかし、実際には
生徒たちは6時30分くらには
続々と集まってきます。

よっぽど楽しいんでしょう。
集まって元気にゲームをしたり
みんなでふざけ合ってます。
IMG_1488

英語の単語ゲーム↓
IMG_1489

単語量が日々増えているので
それらをアウトプットする
機会がたくさんあります↓
IMG_1859

集合までの時間は
好きなことをやってます。
学校として少しでも効果的な
物を用意しています↓
IMG_1858

ティーチャーに
トランプの大富豪を
教えている生徒もいます。
IMG_1932

とても楽しそうですねー!

朝から算数の勉強を
している小学生↓
IMG_2064

ティーチャーが一緒に
ついてくれています。

 

ジュニアキャンプ中は朝7時からモーニング・アクティビティ(ダンス)

IMG_1933

そもそもこのダンスは
何の為にするのか?

卒業式に向けて行います。
ジュニアキャンプ期間中
毎日、練習をしたダンス。

これを歌いながら
披露していきます。

最初は初めてのダンスに
戸惑う生徒さんもいます。

回を重ねるごとに慣れてきます!

IMG_2188

みんなスムーズに
踊れるようになるので
ビックリですー!

 

ジュニアキャンプの朝食は7時30分から

20622292_1050052695097509_2870129238090154050_n

朝食と同時に子供たちの
体調を確認します。

食事が食べられるかどうかは
とても大切なポイントです。

朝食例
20620908_1050052745097504_4052986805741951011_n (1)

ご飯とパンが出ます。
IMG_1860

アレルギー体質にも
対応しています。

IMG_1937

体調が悪い場合
お粥の対応をしています。

フィリピン人ティーチャーとマンツーマン・レッスン1日4時間!

IMG_1904

ティーチャーと
1:1で1日4時間英語を勉強します。

もちろんティーチャーは
日本語が話せません。
全て英語での
コミュニケーションです。

きっとここまで英語の
勉強を集中してやるのは
初めてのこと。

しかし、すぐに慣れます。
ティーチャーの言うことも
段々と分かってきます。

英検、発音矯正、文法と単語
マンツーマンで習います。

グループレッスン1日2時間最大6人まで!

IMG_1901

英語のレベル別に
グループ分けを行います。

ここではリスニング、スピーキング、
プレゼンなどを勉強します。

グループレッスンにしか
出来ないことってあります。

特にジュニアキャンプの
グループレッスンでは
人前で話す経験を
してもらいます。

しかも英語でのスピーチ!
生徒の自信につながります!

サイエンス・クラス

毎日、違った実験を行っています。
IMG_2198

毎日の実験がとても面白い!

また、全てが英語で
行われるので効果的です。
IMG_2197

ティーチャーと一緒に
ロケットづくり。
IMG_2196

ティーチャーも
英語で指導をしていきます。
IMG_2195

小学生から高校生まで
学ぶ内容は多くあります。

また、これらを英語で行うので
特定の単語がいつも目に入ってきます。

IMG_2199
夢中になっている高校生↑

実際に外で飛ばしてみます。
IMG_2201

みんなワクワクです!
大成功!!!
IMG_2202

こういった内容を
毎日行っていきます。

スライムづくり↓
IMG_2212

どうやったら
スライムが作れるのか?
材料から説明していきます。

IMG_2214

 

完成形↓
IMG_2213

感想を英語で記入。
そして、発表。
良い体験になります。

ジュニアキャンプは毎日、英単語、文法テスト

思いっ切り
英語漬けになってもらいます。

毎日、出題される単語と
英文法のテストを行います。

満点で合格!!!

結果を貼り出します。
IMG_1824

 

みんなコツコツと
一生懸命取り組みます。
IMG_1823

 

最終的に全部
やってもらいます。
IMG_2205

塾としての
ノウハウを入れています。

僕は広島で学習塾を
9教室経営しています。

その効果的なカリキュラムを
十二分に取り入れてます。

ジュニアキャンプは遊びに来ている訳ではない

ジュニアキャンプは英語の勉強
を中心としていろんなイベントが
あります。

決して、旅行で来ている
訳ではありません。

だから、毎日朝から様々なことを通して勉強!
・ダンス
・マンツーマンのレッスン
・グループレッスン
・サイエンスクラス
・日々の英単語・文法テスト
満載です。

それでも体調を崩す人が少ないのは
生徒の状況に応じた休憩なども取り入れてるからです。

生徒に合わせたカリキュラムづくりになってます。
無理はいけませんからね。

 

ジュニアキャンプは毎日、学校の宿題タイムがある

毎晩、学校の宿題を行う時間があります。

事前に保護者様にどこをするのか
記入してもらいます。

保護者様と生徒たちで
決めた内容を毎日行います。

18日間も家を離れることになる
ジュニアキャンプです。

夏休みの宿題も保護者様の
心配の種の1つですよね!?

宿題提出は学校の中でも
とても大切な位置づけです。

毎日、1〜2時間行ってもらいます。
(小学生1時間、中学生以上2時間)

その後、ガーディアン・ティーチャーと
一緒に就寝です。

 

ジュニアキャンプ土日のアクティビティ①(プール、ボランティア)

IMG_1591

常夏フィリピンらしいアクティビティとは?

最も子供が楽しみに
しているのがこの土日の
アクティビティです。

プールやアイランド・ホッピング
というキレイな島に上陸するもの。

BBQやボランティア活動
セブシティのショッピング
モールでのお買い物ツアー。

これらは全て
ガーディアン・ティーチャー
と一緒に行きます。

24時間英語の環境は欠かせません。

ジュニアキャンプ中のプール・アクティビティとは?

このジュニアキャンプ中には
何度かプールで遊ぶ時間があります。

と言ってもただ、単純に
遊ぶだけではありません。

ゲームなどを行います。
ガーディアン・ティーチャーが
中心となって英語で
進めていきます。

何をするにも英語と
密着している濃い時間を
過ごしてもらいます。
IMG_1612

安全が第一なので
ガーディアンはいつも
真剣に見守っています。

このプールでは日本人も観てます。

ジュニアキャンプのボランティアとは?

IMG_1649

近くにある広場に集合

朝からボランティアにお出かけ。
1日を通して比較的
暑くない朝を狙って行きます。
IMG_1633

自分と同じような年代の
子供がたくさんいます。

ここはFirst English Global Collegeが
いつも行っているボランティア活動の
場所です。
IMG_1650

生徒たちは何をどう感じる?

彼らにプレゼントを渡します。
子供たちは大喜び。
IMG_1662

現地の恵まれない
子供たち1人1人に
渡します。
IMG_1664

200人近い子供たちがいます。
IMG_1671

日本から持ってきた
もう使わないものを
渡す子供たち。
IMG_1681

日本の生徒たちは
彼らの嬉しそうな顔を
見てどう感じるのでしょうか。
IMG_1695

フィリピンの現地の子供たちも
僕達のような外国人と出会う
機会はあまりありません。
IMG_1685

日本の生徒によっては
家からTシャツを持ってきて
お母さんにプレゼントしています。
IMG_1707

お母さんも嬉しそう。
IMG_1705

一番衝撃を受けるのが
このボランティア活動です。
IMG_1703

自宅や街を訪問

IMG_1655

恵まれない人が住んでいる
街並みを訪問します。

インターネット3分3peso(8円)
で使えるような場所も見ます。

また、自宅や生活を
見ることが出来ます。
IMG_0623

フィリピンのボランティアで気づく

今まで自分が生きてきた
環境って当たり前じゃない!

今まで自分が
当たり前のように学校に行けた!
当たり前のようにご飯食べれた!

それって当たり前じゃない。
奇跡的なこと。

お父さん、お母さん
生まれた環境に感謝です。

ディスカッション&感想文

IMG_1731

ホテルに戻ってから
ボランティアの感想を
英語で書きます。
IMG_1732

タイトルは
「The Report about the Outreach Program」

ティーチャーに文法など教えてもらいながら
文章にしていきます。
IMG_1737

思ったこと、感じたことを
文章にする技術は重要です。

しっかり書き出してもらいます。
IMG_1735

書き終わったら
今度はグループごとに
発表をしてもらいます。
IMG_1768

自分の思ったこと
感じたことを
みんなの前で発表します。

「とても可哀想だと
思いました。

自分の日本での
環境に感謝です。」

と気付きが多くあります。
IMG_1766

もちろん言語は英語です。
ティーチャーとも共感するようです。
IMG_1763

たまに聞かれます。
Q「彼らは初めから英語が話せたのか?」

「いえいえ、初めから話せない人ばかりです。
みんな懸命に英語を話そうとしています。」

このジュニアキャンプでは
英語を道具として使って
フィリピン人ティーチャーと
話をします。

IMG_1759

人前で話をするのは緊張するものです。
それが英語となると尚更緊張します。

IMG_1758

そういった経験を通して成長していきます。

ここで失敗しても良いんですよね。
上手く発表出来なくても問題なし。

英語を使って
いろんな体験をする
場所がこのジュニアキャンプです。

IMG_1756

照れながらもそれぞれが
自分の想いを発表したボランティアです。

 

ジュニアキャンプ土日のアクティビティ②(BBQ、ショッピング)

IMG_1596

フィリピン人ティーチャーとジュニアキャンプの仲間とのBBQ

IMG_1599

せっかくセブに来たのでいろんなことしたい!

プールの側でのBBQは格別です。

「マシュマロって
焼くとこんなに
美味しくなるんだー!」
とみんなビックリです!
IMG_1594

ティーチャーだけではなく
生徒同士ともグンと仲良くなります。
IMG_1610

フィリピンのおにぎり「PUSO」という
ココナッツの葉で包まれた
おにぎりのようなもの。

これが美味しい!

むき方をティーチャーに
教えてもらってます↓
IMG_1605

初めてフィリピンに
来たという生徒も
たくさんいます。
IMG_1607

PUSOの美味しさに感動!
IMG_1608

ティーチャーたちと
一緒にBBQをしてます↓
IMG_1604

ここでもティーチャーとの
会話は全て英語。
IMG_1597

いろんな経験が自分の可能性を
広げてくれます。

ティーチャーとショッピング

IMG_1939

習った英語を使って
ティーチャーと一緒に
お買い物をします。
IMG_1940

セブで最大級のショッピング・モール。
SM(シューマート)にみんなで行きます。

お土産をみんなで購入します。
IMG_1941

キーホルダーやドライマンゴー、Tシャツ
お父さん、お母さん、
兄弟やお友達にプレゼント。

ティーチャーたちと一緒に選んでいます↓
IMG_1944

フィリピンならではの
商品もたくさんあります。

それを自分たちで購入します。
IMG_1949

フィリピンのお金
ペソを使ってのお買い物。
IMG_1950
↑堂々とお買い物してます。(笑)

買ってきたサングラス。
ここで知り合った
お友達とお揃いです。
IMG_2014

みんな本当に嬉しそう!

それぞれが
持ってきたお小遣いを
ペソに替えての買い物。

初めての経験ですが
一回してしまうことで
次回からスムーズに
出来ますね!

ジュニアキャンプ土日のアクティビティ③アイランド・ホッピング

20729683_1056428377793274_5733450270650399058_n (1)

セブ島と言えば
キレイな海とたくさんの魚!

フィリピン・セブ島は離島に行かなければキレイな海に出会えない

実はフィリピンのセブ島は
陸続きの海はそれほど魚がいません。

また、海も感動する程
キレイではありません。

これはセブ島に限った
ことではありません。

どこの南国でもそこからボートで
出かけなければキレイな海とたくさんの魚
には出会えません。

ジュニアキャンプ会場から港まではすぐ

20708426_1056428904459888_2630523756821802350_n (1)

ジュニアキャンプの会場は
マクタン島という海沿いにあります。

その会場から港まで
車で約5分程度です。
IMG_2015

じつはこの約5分程度
というのがとても良い!
IMG_2016

セブ留学では
セブシティ側とマクタン島側に
分かれます。

セブシティ側は治安が
それほど良くありません。
また、海からとても遠い。
(車で1時間以上かかります)

よって海がすぐ側にあって
治安の良いマクタン島が
ジュニアキャンプには向いてます。

この港からバンカーボートに
乗り込みます↓
IMG_2017

初めて見るバンカーボート
に感動↓
IMG_2018

これに乗って
ナルスワン島に行きます!

 

アイランドホッピングは最高の思い出

20728023_1056428561126589_4788980754517923179_n (1)

初めてのバンカーボート!
港からボートに揺られて
45分程度で到着。

IMG_2043

このボートでさえ
仲間と一緒ならワクワク
楽しいものです。
20728118_1056428647793247_6258599413299239491_n (1)
思春期の中学生も
楽しそうにしています。

みんなここで知り合った友達です。
日本中からだけではなく、
上海からも日本人が参加しています。

IMG_2044

すぐに仲良くなります。

IMG_2020

日本だったらボートの上から
こんなに間近に海は見れません。

これこそセブです!

IMG_2042

そろそろナルスワン島も近づいてきた!

IMG_2045

生徒たちの背中が「ワクワク」してますっ!

みんな本当に楽しそう。
好奇心がキラキラしてます。

IMG_2046

海のキレイさに感動します。
魚もチラホラと見えます。
IMG_2049

アイランドホッピング・ナルスワン島上陸!

今回は人数が多いので
2つのチームに分かれての
アイランドホッピングでした。

20729683_1056428377793274_5733450270650399058_n (1)

ここでシュノーケリング。
たくさんの魚に出会います。
IMG_2041

安全の為にライフジャケットは
必ず着てもらいます。

「おおおー!
魚がめっちゃいる!!!」

みんな感動してます。やっぱり子供は
海が大好きですね!
IMG_2040

思春期の中高生も
思いっ切りはしゃいでます(笑)
IMG_2024

 

ひと泳ぎした後はランチ

IMG_2038

美味しいからおかわりをたくさん
してしまいます。

ランチはこんな感じです↓
IMG_2026
エビが美味しい!!!

イカの煮た料理↓
IMG_2027

フィリピン料理の豚↓
IMG_2028

貝のスープです↓
IMG_2025

フィリピン風のデザート
が美味しい!
IMG_2029

フルーツもたくさん↓
IMG_2030

みんな美味しそうです!
IMG_2031
みんなとっても
良い顔してるー!!!

IMG_2036

これが一生の
お友達になるかも知れません。
IMG_2034

もちろんティーチャーとも
一緒にランチを食べます。

ジュニアキャンプのアイランドホッピングは1日リラックス

朝8:30出発して
戻りは16:30くらい。

時間の許す限り
島でティーチャーと
仲間たちとゆっくりします。
IMG_2039

誰しもが小学生の時
南国でハンモックに
揺られることを夢見たのでは
ないしょうでか。

それが現実のものになります。
まさにセブ島留学の
優雅な1日を過ごしてもらいます。
IMG_2011

ジュニアキャンプ全てのアクティビティは料金に含まれている

最初の金額に
こういったアクティビティの
料金は全て含まれています。

後で必要な費用としては
お小遣いのみです。

お菓子やジュース、
お土産を購入する代金以外は
全てが含まれています。

アイランドホッピングの安全性

セブで最も信頼のおける
ツアー会社を使ってます。
IMG_4678

ジュニアキャンプで使う
アイランドホッピングの
ツアー会社さんは
必ず自分でも利用することにしています。

海は安全対策がどれくらい
出来ているのかが
とても大切です。

実際に自分の目で
確認した会社のみ
使っています。

今の会社はセブで最も
信頼できるツアー会社さんです。

もちろん、保険にも入っております。
(たまに無保険の会社もあります)

また、このツアー会社は
オフィス・代表の
日本人が一緒に
乗ってくれます!!!

そこが安心!!!

今回は人数が多かったので
土曜日、日曜日と2つのグループ
に分けて行きました。

その土日のどちらも
一緒に乗ってくれます。

責任感の強い方が
一緒なのでとても安心です。

たまに、フィリピン人スタッフ
に任せっきりの場合があります。

するとこんなことに
なる可能性も↓
http://firstenglish.jp/wp/blog/explicitly/

自分の意図していない
行動に出られることもあります。

そこはやはり責任感のある
日本人スタッフが
同乗している必要があります。

子供が多いので
細心の注意が必要です。

ジュニアキャンプ・お母さんへの感動のコーリングタイム

IMG_1963

ジュニアキャンプ中に
ご希望をされる保護者様に
一度は連絡を取るようにします。

元気で頑張っている様子を
お伝えするものです。

携帯を一時的に返却

携帯を預かった生徒には
一時的に返却をします。

ここで30分間
自由に携帯を使えます。

ただし!
まずは保護者様に連絡を
することを条件としています。

中学生、高校生もまずは
保護者様に連絡を取って
もらいます。

誰より一番心配
されている人に
連絡をします。

みんな久しぶりの携帯を
どう見ているんでしょうか?
「案外、日常には必要ない」
と思う生徒もいます。

IMG_1959

 

携帯の無い生徒はスタッフから連絡

事前に保護者様のLINEかSKYPEの
IDを聞いておきます。

事前に登録をして
生徒たちがスタッフの
PCを使って連絡します。

IMG_1966

みんな本当に
嬉しそうな顔で話しています。

また、保護者様も
ホッとした表情をされます。

大切に大切に育ててきた
というのが実感出来る瞬間です。

IMG_1960

親の愛を感じる時間です。
高校生も照れながらも
嬉しそうに話しています。

このジュニアキャンプを
やっていて良かったと思える
時間でもあります。
IMG_1968

 

泣き出す女子中学生が発した言葉

ジュニアキャンプ中に
ある女子中学生が
いきなり号泣し始めました。

僕たちはビックリ!
よっぽど寂しかったのかな?
って思ったんですが
実はもっと深かった。

通話を初めて
お母さんと話した瞬間から
ずっとずっと泣き出した彼女。

そして、ようやく言葉にしたのがこれです。

「今まで親は大切だと思ってた。
しかし、今回、フィリピンに来て
もっと大切にしないと
いけないって思ったよ。」

と嗚咽(おえつ)しながら
話しています。

もう感動!!!
ウルウルきます。

親のありがたみを実感し
親の愛情を深く感じた
フィリピンでの生活。

このジュニアキャンプは
とても楽しいものです。

しかし、それと同時に
自分の親の愛情を
深く感じたらしいです。

ジュニアキャンプ前に全員の連絡先を聞いてセッティング

IMG_1961

事前に全員の連絡先を
聞いてセッティングする
作業はなかなか大変です。

しかし、その大変さの
向こう側には感動が
待ってました!

僕達、教育者は
この現場には必ず
携わっていなければならない!

ここに教育の基本の
想いというものが
あるように感じます。

教育というのは
テクニックやスキルではありません。

もちろん、そういった技術は
大切なものです。

しかし、それ以前に
どこまでも相手の為になる
時間を提供する執念というものを
実感した瞬間です。

こういった経験を通して
僕たちは立派な教育者へと
生まれ変っていくと実感しました。

僕達が逆に生徒たちから
教えられる瞬間でもあります。

 

最初・中間・最終と3回のアンケートで生徒の情報入手

IMG_1999

途中でするから意味がある

以前は最後にアンケートを
取るだけでした。

その最終的なアンケートを
取った時点で何かが発覚しても
もう手遅れです。

もし、生徒が快適に
過ごすことが出来ていなかったら?

もし、特定の生徒と
衝突が絶えなかったら?

万が一いじめのようなことがあったら?

僕たちはよくよく
見て話していますが
表面では分からないことも
たくさんあります。

そこでガーディアン・ティーチャー
がいます。

現状を把握してもらってます。

しかし

それだけで分からない
本人の内面的な部分の
悩みもある可能性はあります。

いろんな方法で
生徒の意見を聞くように
するのが僕達のジュニアキャンプです。

このアンケート↓
IMG_1998

これをサマージュニアキャンプの
場合は2回行います。

そして、生徒の満足度を
調べています。

ほぼ満足度の高いものに
なっています。
IMG_2010

ジュニアキャンプ中の問題を把握出来ないことが問題

問題があった場合は
すぐに対処します。
生徒からお話を聞きます。
IMG_2008

いろんなことが
書かれていますが
全て目を通します。

必要に応じて
生徒と面談したり
ホテルスタッフと
打ち合わせをします。
IMG_2007

問題はどこでも起こります。
よって、問題が起こることが
問題ではありません。

問題が起きたことを
把握してないことが
一番の問題です。

アンケートだけではなく
ガーディアンからも情報を
集めます。

もちろん最終アンケートも本格的に取る

最終日にアンケートを
取り全体の感想を聞きます。

果たして留学の目的は
達成されたのか?

どのサイエンス・クラスが
楽しかったのか?

ティーチャーは
どうだったか?

IMG_2231

表面と裏面に
書いてもらいます。

IMG_2232

次回のジュニアキャンプ
の改善事項としていきます。

これらの反響、改善点を
ポリシーブックに掲載していきます。
IMG_2095

ジュニアキャンプの怪我・病気の対応

IMG_1817

ジュニアキャンプ怪我や病気の予防策とは?

子供なので怪我や病気が
とても心配です。

まずは、安全に
過ごしてもらうこと。

これに尽きます。
ということで
病気や怪我の予防は
欠かせません。

フィリピンでは虫除けスプレーは欠かせない

IMG_2097

フィリピンだけではなく
東南アジアでの蚊の存在は怖い。

実は世界で一番危険な
生き物が蚊です。

ここに対策が書かれています↓
【フィリピン留学】蚊の対策は2つのアイテムが必須!最低限準備する蚊対策アイテムとは?

そうです!

虫除けスプレーを
塗るだけで
「デング熱」の予防に
なります。

たった虫除けスプレーを
塗るだけです。

ジュニアキャンプの
期間中だけは
虫除けスプレーを
塗ってもらいます。

熱中症予防に水分補給

水はいつでも無料で
飲めるようにしています。

ウォーターサーバーを
クラスルームに置いてます。

生徒たちには水筒を
持参してもらってます。
これに常時、水を入れて
常に水分補給をしてもらいます。

ガーディアン・ティーチャーも
そのあたりの指示は常にしていきます。

ジュニアキャンプ専用の方針書

スタッフ用方針書に
基づいた行動を行ってます。

学校の方針書↓
IMG_2094

ジュニアキャンプ用の
方針書がこれ↓
IMG_2095

28ページもあり
比較的分厚いです↓
IMG_2096

こういった方針書が
あるのと無いのとでは
全く違います。

これをティーチャーは
毎日読み合わせます。

これによって危険回避や
各スタッフ、ティーチャー
たちと意思統一を取る
ことが出来ます。

怪我、病気のない生活を
送ってもらうことが第一です。

ジュニアキャンプの緊急時の対応とは?

軽い場合

例えばこんな
ケースがあります↓
IMG_2075
海でクラゲに刺された場合。

また、熱も出る生徒がいます。

海外だったり慣れない
生活の為に身体が緊張
しているケースもあります。

大人と違って
子供は熱になることも。

そんな時は熱を計って
対応をしていきます。
ドクターに来てもらう場合↓
6

軽い怪我や病気の
場合はドクターに
来て頂きます。
4
↑一般の生徒さんも
同じように対応しています。

重い場合は病院に連れて行く

高熱が続いたり
ドクターが来るのが
間に合わない場合は
病院に直接連れて行きます。

IMG_1836

渋滞が無ければ
車で15分くらいの
ところにマクタンドクターズ
という病院があります。

そこにジャパニーズ・デスク
という施設があります。
IMG_1846

日本人はここに
常駐はしていませんが
事前に電話をしておくので
スムーズに対応してくれます。

高熱が続く場合は
血液検査をして
点滴をします。
IMG_1842

留学生が病院でお金を払う必要はあるのか?

フィリピン留学に来る
生徒の場合は
保険に入ってもらうことを
条件にしています。

よって全てキャッシュレスです。
つまり、ここでお金を
支払う必要はありません。

日本人留学生は個室で食事も悪くない

日本人の場合は
全て個室です。
IMG_1839

食事もこんな感じです↓
IMG_1840
悪くないようです。

日本人には相部屋は
あまり相応しくありません。
個室の方が綺麗で
落ち着いて治療出来ます。

また、病気になったら
一番心配するのが
保護者様です。

入院などをする際は
まずは保護者様に
連絡をします。

状況を正確に連絡を
差し上げます。
IMG_1837

せっかくの留学なので
怪我・病気のないように
スタッフも気を配っていきます。

 

いよいよジュニアキャンプの卒業式

A46A9805-9056-4BE2-8460-D92E1DC205C0

全員が卒業スピーチ

IMG_2249

1人ひとり
英語で自分の思いを
スピーチします。

当然、みんな
緊張してますっ!!!

だからみんな
必死で原稿とにらめっこ。
IMG_2244

人の話なんて
聴いている余裕はない
生徒もちらほら・・・
IMG_2245

でも、これでいいんです!
最後の最後まで
自分の中で
繰り返し練習。

これだけ多くの
人が聴いている
のですからねー!
IMG_2238

生徒、ティーチャーを入れて
100人以上の人の前で
スピーチ!!!

しかも英語で!!!
こういったことは
場数が大切!

自分の番まで
ドキドキしてます。

英語のスピーチ、最初から上手く出来なくていい

たくさん練習しても
上手く行かないことも
あります。

案外、上手くいくことも
たくさんあります。
IMG_2255

僕からしたら
みんな立派に話してたな
って思うんですが
感想は人それぞれ。

こういった経験を
しないと大きく
なれませんからね!
IMG_2246

次回からは
原稿を見ないで
スピーチしてほしいですね!

ジュニアキャンプ中に毎朝、踊ってきたダンスを披露!

スクリーンショット 2017-08-21 10.50.08

全員でダンスを
踊る姿に感動しました!

思春期の中学生や
高校生もそれなりに
踊ってくれています。

毎朝、毎朝、
ティーチャーの
指導の元にやってきました。

これが最後のダンスっ!!!

みんなで感動でした。

ジュニアキャンプ3回目の生徒が踊りだす

IMG_2278
↑彼はジュニアキャンプに
3回目の参加です。

前回もこの踊りを
披露してくれました。

今回、彼が1人で
踊っていると・・・
IMG_2279 (1)

なんと!
もう1人が参加!!!

すると!!!
またまた
参加者がー!
IMG_2280

どんどん中高生が
踊り始めました!
IMG_2281

ジュニアキャンプは
この一体感が最高です!
IMG_2282

きっと最高の
仲間になったんでしょう。

IMG_2286

 

ジュニアキャンプ最終日:帰国の日は朝が早い

IMG_2302

成田、関空、名古屋それぞれ直行便で帰国

それぞれスタッフが
引率をして最終地点の
空港まで連れて帰ります。

セブ8:00→成田13:40
セブ9:15→関空14:40
セブ9:10→名古屋14:30

上記の時間に合わせて
ホテルを引率者と共に
出発ですー!

朝、早いのでおにぎりを
持っての出発。

空港で食べて下さいね。

ティーチャーも最後まで見送り

IMG_2303

みんな名残惜しそう。
本当に素晴らしい
ガーディアン・ティーチャー
たちです。

IMG_2307

忘れ物チェックはしっかりとする

IMG_2299

整理整頓が基本です。
また、パスポートや
e-ticketの準備は
事前にしておきます。

そういった内容が
これまで蓄積されてきた
ポリシーブックに
書かれています。
IMG_2095

これは何度も何度も
改良を重ねているものです。

一朝一夕では出来ない
僕達のマニュアル。

スタッフもティーチャーも
これに従って行動を
していきます。

 

ジュニアキャンプで人生が変わる!

IMG_2287

ジュニアキャンプの体験で進路が変わる生徒もいる

ある中学生はジュニアキャンプ
終了後にカナダの高校に
進学するを決意しました。

また、ある不登校の生徒は
インターナショナルの
学校に転校しました。

他にもニュージーランドの
高校に進学した生徒もいます。

たくさんの生徒たちが
自分の人生を大きく
変えています。

みんな同じでなくて良いんです。
他の人が日本の高校に
行くと言っても
自分の未来は自分で
決めていい。

そういった視野が広がる
ジュニアキャンプです。

この学校は全てが
夢の創造と実現の為にあります。

生徒と僕との距離が最も近いジュニアキャンプ

このジュニアキャンプ中
生徒といろんなお話を
させてもらいます。

時には説教になることも(笑)
時には思いっ切り叱ることも
あります。
(ご了承ください)

特に高校生は1人の
大人として見ます。

また、小学生にも
僕の知っていることを
伝えていきます。

実は、こんなことがありました。

朝から泣いているAくん

朝から泣いてました。
もちろんすぐに気づくので
声をかけます。

するとAくん(男子)は
「女の子の友達に
お菓子を食べられた〜!」
と言って泣いてます。

泣いている時は
何を言っても
通じません。

そうかそうかと
お話を聞きました。

1時間後には
すっかり落ち着いてます。

その頃を見計らって
少しお話をさせてもらいました。

「いいか、Aくん
ここにリンゴが10個
あるとします。

君は3人でこのリンゴを
分けます。
どうやって分ける?」

IMG_2136

するといろんな
答えが返ってきます。

Aくん
「10個を3人でしょ?
1人3つずつにして
1個は僕が食べるっ!!!」


「そんなんあかん」

Aくん
「じゃあ、1人3個ずつで
1個は他の人にあげる」

などなど。
IMG_2135


「1人3個ずつだと1個あまる。
では、友達2人に4個ずつ
あげてごらん。

どうなる?

Aくんは2個。
友達は4個に
なるよね。

2個だけ自分が取って
他はみんなにあげるの。

いいかい?
君はそんな人生を
送っていくとする。

すると、周りの友達も
そんな人ばかりに
なってくるんだよ。

最終的にその友達から
『お前はいつも2個だから
たまには僕達が2個でいいよ。』

となって結果
君は6個もらえる
人生になるんだよ。」

そんなことを
大人として話をします。

今は気づかないし
分からないけど
こういった教育って
後に効いてきます。

僕が最大限に
かかわらせてもらっているのが
このジュニアキャンプです。

 

ジュニアキャンプ問い合わせ先

このジュニアキャンプは
毎年、春と夏に
行われます。

また、東京、広島、福岡で
説明会が実施されます。

直接、説明会に来られない
場合はスカイプやLINEでの
カウンセリングも行ってます。

ぜひ、一緒に成長していきましょう!
そして、夢の創造と実現を
成し遂げていきましょう。

 

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


フィリピン留学バナー

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)

フィリピン留学ブログ村

↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 2,849 times, 1 visits today)