フィリピン航空でも映画やエンターテイメントが楽しめる

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1545

「フィリピン航空って
エンターテイメントが無いから
つまんないですよね〜
映画がないし、
CAのサービスもイマイチだし〜」

なんてことをちらほら聞きます。

5DEEFE86-C6F7-4420-897E-D620C4D30E99
とても笑顔の良かったCAさん↑

確かにCAはイマイチな人もいます。

乗客をお客様と思わないような
注意の仕方をしてくることも・・・

不機嫌なCAはサービス力も悪いですからね。

ただ、中には最高の笑顔で対応してくれる人もいます。
そういう人ばっかりになることを願ってます。

エンターテイメントにおける
機内の設備は徐々に変わってきてます。

最近の技術の発達は素晴らしいです!

これでフィリピン航空の中も退屈しないですね!
僕は映画を1本観ることもあります。

機内でのWi-Fi

アプリを事前にダウンロード

地上で事前にアプリをスマートフォンに
落とし込んでおく必要があります。
IMG_3720

「myPAL」と検索してください。
すると、「myPAL Player」を無料でゲット出来ます。

このアプリは地上にいる時は開くことが出来ません。
飛行機が飛び立ってから操作可能となります。

地上ではこんな感じになります↓
IMG_3721

 

「飛行中しか使えませんよ。
飛行機のWi-Fiに
繋がっていることを確認してね。」

と書いてます。

飛行中に飛行機のWi-Fiにつなぐ

飛行中に携帯のWi-Fi接続設定を見てみると
「myPAL」の表示がありました↓

IMG_3729

 

このWi-Fiに繋いでから
地上でダウンロードしたmyPALを開きます。

アプリを開くとエンターテイメント

 

IMG_3727

映画や地図が携帯で見れる

他の航空会社の場合、座席の前にあるモニターで
映画や地図を見ていました。
しかし、フィリピン航空の場合は携帯で見れます。

どっちが便利か分かりませんが
機内のモニターより携帯の方が反応がいいです。
ただ、携帯の画面なのでモニターが小さい。
i-padなどで観ると大きくて見やすいですね。

映画がなぜか日本語字幕

IMG_3728

 

新しい映画も入ってます。
これなら退屈しませんね!

また、映画を開くとなぜか日本語字幕でした。
特に設定をした訳でもありません。
IMG_3732

新しい映画は日本語字幕はありませんが
少し前の映画はきちんと入ってるものがあります。

地図で位置を確認することが出来る

IMG_3730

今、自分がどこにいて
あとどれくらいで到着するのかを確認することが出来ます。
なかなか便利です。
IMG_3731

今までには無い最新のテクです。

 

音楽もあります↓

IMG_5028

今後は機内でもこういったデバイスに配信
という形がメインになってくるんでしょうね。

 

フィリピン航空の機材

古いフィリピン航空

フィリピン航空の機材そのものは古いままです。
あちらこちらが壊れています。

たまにリクライニングが出来ないシートがあったり
シートが破れてたりします。

古いので仕方ないですが・・・

改善する気配がないのがまたフィリピン航空らしいです。

これでも一応はフィリピンの
ナショナル・フラッグ・キャリアです。

つまり、国を代表する航空会社
ということなんですがまだまだです。

CAに多くを求めてはいけない

CA(客室乗務員さん)のサービスですが、
海外の航空会社にあまり多くを求めてもいけないんですよね。

日本のようにあまり教育はされていません。

ANAやJALは素晴らしい教育がされており、
世界トップのサービスです。

ちなみに、下記が世界ランキングです↓

AB-ROADの2015年世界ランキング

1位 シンガポール航空
2位 JAL(日本航空)
3位 ANA(全日空)
4位 ニュージーランド航空
5位 エバー航空
同じく5位 エミレーツ航空

参照:AB-ROADエアライン・ランキング

上位6社の内、ニュージーランド航空以外は全て乗りましたが
日本のCA(客室乗務員)が一番良いです。

シンガポール、エバー、エミレーツなどは
飛行機の設備や食事は素晴らしいです。

しかし、肝心のサービスを提供する人は
「やっぱり海外の航空会社」
という感じです。

それはフィリピン航空も同じなんですよね。
だからあまり期待していくと落胆します。
期待を高めること無く、平常心で飛行機に乗りたいです。

料金はというと、往復で7万〜8万円くらいです。
成田1日2便
関空は毎日
名古屋は火曜日、水曜日、土曜日の週3回
セブ直行で出ているのでとても便利です。

食事

食事はこんな感じで出てきます↓

IMG_5020

至って普通の感じです。

デバイスでエンターテイメントが見れる時代だけど電源がない

フィリピン航空は持っている個人のデバイスで
エンターテイメントが観れます。

もうそういう時代です。
その方が僕達にとってもいいんですね。

と言うのも、飛行機の各シートに
小型モニターを付けて飛行機料金が高くなってフライト料金が高くなるより
小型モニターは要らないので、その分チケットが安いほうが良いです。

そう思いきや
フィリピン航空の座席には
電源コンセントが無い。。。

充電が出来ないから携帯の充電がすぐに無くなるんです。
そこら辺がフィリピンらしいところです。
まあ、仕方ありません。

 

飛行機の中でガミガミと怒らない、イライラしないこと

よく怒ってるのは日本人

先日、セブ→関空のフライトに乗っていると
近くの日本人がCA(客室乗務員)と揉めていました。

どうやらCAは
「お客様の荷物を棚において下さい」
と言ってます。

しかし、お客様はそれを断固拒否して
自分の膝の上に抱えている。
目の前の座席の下に入らないので
抱えている状態です。

CAは棚の上に置いて下さいって言ってる。

その言い方が日本人の男性は気に入らなかったらしい。

確かに、海外のCA(客室乗務員)さんの言い方って
注意に近いような言い方をするんです。

「窓は開けて!」
「リクライニングは戻して!」
「テーブルは戻して!」

何だか叱られている気になるんですよね。

ただ、海外のCAってみんなそんな感じだから
仕方ないんですけどね。

その日本人男性は

「言い方というものがあるだろうが!
なんだ、失礼だな!
こっちは客だぞー!」
とか言いながら怒ってました。

そこで日本人CAが飛んできて説明を受けて
ようやく、その日本人男性は
しぶしぶ上の棚にしまっていました。

あまりいい光景ではなかったです。

お客様力ゼロです。
「こっちは客なんだ!」
と言ってくる人って
人によって態度を変える人なんですよね。

お客様だからそんな言い方をする。

お客様の方が明らかに立場は強いんですよね。

その立場を利用して怒鳴ったり
怒ったりイライラしても何も始まりません。

満たされている人はきっとそんなに怒りません。

自分はそんな風にならないように気をつけないとですね。
他人のふり見て我がふり直さないとですね。

怒らずに言わないといけない。

 

海外の航空会社と日本では違う

そもそも、海外の航空会社に期待をする方が間違っています。
日本のCAで慣れた人はきっと腹が立ちます。

外国→外国のフライトって日本人が少ない。
海外のフライトはもっと雑です。

ただ、日本人は海外→海外のフライトでは
きっと文句は言わないんですよね。

アウェイな感じのところでは
きっと文句を言わない。

きっとこの人は日本行きのフライトだから
強気でモノを言うんだろうな。

海外の航空会社では
お客様力を思いっきり鍛えるチャンスですね!!!

ちょっとのことでイライラしたりせずに
自分の心を自分で満たしていきたいものです。

1時間や2時間のフライトの遅延は当たり前。
時間通りに出発することは稀です。

CAの態度も期待しないほうが良い。

特にフィリピン人に怒鳴ったりしたら
とても嫌がられます。

良いサービスを受けたければ
ニコニコしてたら良いんですよね。

お客様力UPですね!

おまけ

 

↓ついでにこちらのアプリもお勧め。

辞書ならこのアプリ!

オフラインでも使えます。
僕は毎日、これ使ってます。

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

t02200176_0800064113352271710

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

t02200108_0800039313357348756

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 79,056 times, 1 visits today)