フィリピン留学で使いたくない空港!世界ワーストランキングNo.1を取り続けたマニラ空港 ・ターミナル2の中を大公開!

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1437

フィリピン・セブ島留学に申し込んだら
まずしなければならないのがフライトの手配。

フライトがなければフィリピン留学が
始まりません。

そのフライトですが最近は直行便が増えました。

成田、名古屋、関空から直行便があります。

しかし、時期によっては満席だったり
とても高くなっていることも。

そんな時に使うのが
日本→韓国(インチョン)→セブ
というルート。

もしくは
日本→マニラ→セブ
となります。

行きが日本→マニラ→セブなら
帰りも同じくセブ→マニラ→日本となります。

今日はその帰りのマニラについて書きます。

フィリピンの玄関口でもあるマニラ空港。

正式名称は
「ニノイ・アキノ国際空港」
と言います。

この空港は本当に複雑です。
また不便でもあります。

評判もすごく悪い。
最近、かなり改善されたように感じますが
不快適指数はまだまだ高いです。

 

フィリピン留学で使いたくないマニラ空港の評判の悪さ

img_0850

世界ランキング1位(ワースト)の空港

 

マニラ空港は世界のワーストランキングに
いつもランキングされています。
2011年 ワースト第1位
2012年 ワースト第1位
2013年 ワースト第1位
2014年 ワースト第4位

という悪名高い空港になっています。
原因はこんなところです。

・超長い行列
・エアコンの故障
・止まったままのエスカレーター
・トイレがひどい
・ワイロをすぐに要求してくる
・とにかく不便

 

ターミナル間が遠すぎ

 

ターミナル1:日本航空、ジェットスター、エバー航空、大韓航空
タイ国際航空、タイガーエアなどなど多数。

ターミナル2:フィリピン航空、国内線もフィリピン航空とPALエクスプレスのみ

ターミナル3:全日空、セブパシフィック航空、エアアジア、キャセイ航空
      国内線はセブパシフィック航空、フィリピン航空、PALエクスプレス

ターミナル4:国内線専用でエアアジア・ゼスト、セブゴー

 

このターミナル間の移動が大変です。

 

なかなか来ないシャトルバスを待つかタクシーでの移動となります。
時間的に余裕があればシャトルバスを気長に
待ったほうが良いです。
20〜30分に1本は来ると思われます。

 

例えば、国際線で成田からANAを使ってマニラに入り
国内線でフィリピン航空を使った場合は
ターミナル3からターミナル2への移動が必要となります。

そうなった時は気疲れと共に時間のムダにもなります。

もしマニラ経由でセブに入る時は
国際線、国内線共にフィリピン航空を使った方が便利。

ターミナル2の1Fに到着し、
そのまま出発ロビーの2Fに
上がればいいので楽。

多少高くても同じ航空会社を
お勧めします。

 

たまにワイロを求められることも

空港職員がワイロを求めてきます。
僕が実際に体験した話です。

◯荷物検査を通る時
「おれの友達が誕生日だから
マネーちょうだい」

と手を出してくるんです。

しかも荷物検査の人です。
通らなければ次に進めません。

僕の場合は
「持ってないよ。ごめんね。」
笑顔でスルーしました。

 

◯お土産で大きな貝を買いました。
お店の人とネゴをして手のひらを広げたくらいの
大きさの貝を買ったんです。

それが荷物検査で通らなかった。

実は大きな貝は持って出ることが出来ないんですよね。

当然、荷物検査で止められます。
「これを持って出国をすることは出来ないよ。
でもお金くれたらOKにしてあげる。」

もちろん断りました。

もし、1つ目の荷物検査で通っても
マニラ空港は中にもう1つ荷物検査があります。
だから即座に断り、泣く泣く大きな貝を断念しました。

今頃きっと誰かの家に飾られていることでしょう。

 

フィリピン留学の帰りのマニラ空港ターミナル2の出国手続き

img_0804

空港入口ですぐに荷物検査

国内線でターミナル2に到着した場合
1Fが到着ロビーとなっています。

そのまま2Fに行くと出発ロビー。

もし、マニラで一泊した場合
空港まできっとタクシーかシャトルバスで
移動をするかと思います。

出発ロビーに入る前には警備員が立ってます。
その人にチケットとパスポートを見せます。

マニラ空港の中に入るにはチケットと
パスポートが必要です。

飛行機に乗らない人は入れません。
だから見送りもほとんど出来ない状況です。

 

中に入るとカウンターでチケット発券

1回目の荷物検査を終えて中に入ります。
すると案内をしてくれる人がいます。
img_0806

ここでどのカウンターに行けば良いのか聞くことも可能。
しかし、それほど大きくはないので
普通に探します。

と言っても、電子掲示板は壊れています↓
img_0807

だから目視で探します。

img_0809

行き先が書いているカウンターに並べばOKです。
ここで荷物を預けてチケットを発券してもらいます。

セブからの乗り継ぎの場合は
日本で荷物が受け取れるのでこの作業は不要です。

セブから乗って航空券を持っている人も
フライトや搭乗口の変更がないかどうかの確認が必要です。

必ずカウンターには立ち寄ってチケットを見せましょう。

次に空港使用税の支払い&イミグレでスタンプ
を押してもらいます。
img_0811

フィリピン七不思議の1つがこの空港使用税。
国際線は750ペソ(1,750円)を支払います。

最近、マニラ空港では支払いません。
セブ国際空港では毎回支払います。
空港によって違うのか。。。
このようにフィリピンでは
すぐにルールが変わります。

イミグレでスタンプを押してもらう。
img_0812

たまたまこの時は朝でしたが
それほど混雑していませんでした。

これが終わると2回目の荷物検査です。
この荷物検査ですが、最近はカバンからパソコンを
取り出しておく必要があります。

少し前までは何でもよかった。
しかし、ようやく世界基準になってきたみたいです。
img_0816

2回目の荷物検査をすぎれば無事に
手続き終了です。

出国時の注意として
1万ペソ(23,000円)以上は持って出れません。

また、マンゴーなどのフルーツ、大きな貝類も持って出れません。
なぜかドリアンはOKです。

 

マニラ空港ターミナル2の設備

荷物検査をすぎるとすぐにマッサージ店があります。
ここでリラックスするのもよし。
img_0814

ちょっと入りにくい雰囲気です。
しかし、ここは思い切って入りました。
img_0815

最近、どんどん厚かましくなってきます。
マッサージを受けないのに写真を撮りたい為だけに
マッサージ店に潜入。

「どうしても価格が気になったので〜!」
意味不明なことを言いながら中に入らせて頂きました。
img_0817

1時間1,200ペソ(約2,800円)
30分600ペソ(約1,400円)

やはり空港なので少し高め。
外なら1時間200ペソ(約460円)からあります。
しかし、マッサージというのはピンキリです。
料金は場所代と需要で決められます。

なのでこんなものだと思います。

 

子供を遊ばせるところもキチンとあります。
img_0813

子供にとっては嬉しいですね!

 

マニラ空港ターミナル2の特徴は
充電の出来るテーブルがあるということです。
img_0821

そんなにたくさんはありませんが
ポツリポツリとこういったテーブルと椅子があります。
img_0852

 

また、パソコンを設置しています。
自分のパソコンがない人はここでネットが使えます。
img_0827

 

インターネットもあります。
日によって繋がったり繋がらなかったりします。
あまり期待は出来ませんが無いよりましです。
img_0851

最近ではネットが安定してきたらしいですが。

アジアの中でも特にネットのインフラの弱いフィリピン。
まあ、こんな感じかなとも思います。

電話も並んでいます。
国際電話がかけられます。
img_0825

ちょうどこの裏にトイレがあります。

 

のどが渇いたら無料のお水も↓
img_0828

しかし、これを飲むのは勇気がいります。
お湯が欲しい人用なのかも。

 

フィリピン空港ターミナル2の飲食店

 

きちんとしたレストランのような店舗は入ってません。
インスタントフードやパンなどがあります。

goldlocks
img_0823

こういったお店があり、パンなどが販売されています。
このお店はフィリピンで有名なGoldlocksです。
img_0824

 

VIN VIN CAFE
img_0829

ここが一番食べるものが多そうです。

 

メニューです↓

img_0830

ちょっとしたヌードルが179ペソ(約400円)くらいで売ってます。
インスタントのような感じです。

Cafe France
img_0831

 

メニューはこんな感じです↓
ここが一番お店らしいメニューです。
img_0832
サンドイッチやパスタ、カフェラテがおいてます。

 

ショッピング

これも数が限られています。
空港は高いですが、何も買ってない人は
ここで買ってもいいですね。
(高いです)

フィリピン人はサングラス好きです。
至る所で売ってます。
img_0839

 

高級なお酒もあります。
きっとお土産で買っていくんでしょうね。
img_0840

 

フィリピン人が大好きだというウィスキーです↓
img_0841

 

化粧品もあります。(高いけど)
img_0837

 

小物屋さん。
img_0845

基本的にこういったお店でものを買うことをオススメしません。
市場価格より高いです。
しかし中には
「お土産を買い忘れた〜!」
「時間が無くてお土産買えなかった〜!」
という人もいるかと思います。

だから小物がいいですね。
小物だと市場価格より1.5倍しても
差額はそれほど大きくありませんからね。

ここで見つけた僕のオススメ↓
img_0846

グローブの形をしたキーホルダー。
80ペソ(約180円)
フィリピンはボクシングが有名です。
パッキャオ選手が特に大人気。
お土産としては良いかも知れません。

 

定番のバナナチップもあります。
これは相変わらず高いです。。。
img_0834
8.45ドル(約1,000円)

 

フィリピン・マニラ空港のまとめ

何時間前に行けばいいか?

最近、マニラ空港も悪名が高かったので
少しずつ頑張りだしているような雰囲気は感じます。
しかし、あまり快適では無いので
出来るだけ空港での滞在時間を
短くしたいと思ってます。

 

以前は空港職員の誰もがワイロを要求してきました。
特に深夜のマニラ空港は酷かったです。
(深夜は今も酷いかも知れませんが・・・)

 

僕はまだ危険な目に遭ったことはありません。
いつも用心深くしていますからね〜!
空港到着時間ですが、2時間前でOKです。
空港自体、それほど快適ではありません。

 

あまり早く行っても
冷たいベンチで待っていないといけません。
img_0850
また、この椅子が不快なんです!
椅子は4人がけでつながってます。
例えば隣の人が貧乏ゆすりをすると
椅子全体が揺れるので、こっちまで揺れます。

 

フィリピン人って貧乏ゆすりをするので
こっちまで揺れて大変です・・・

 

また、この空港はとにかく寒いです。
冷房が効きすぎています。
だから上着は必須です。
末端冷え性の僕はすぐに身体が冷えてしまいます。。。

 

自分の荷物は自分で管理する

空港は人がたくさん集まる場所でもあります。
たくさんの人がくると事件や事故も起こる可能性があります。
自分の身は自分で守って快適な旅を続けて下さいね。

 

リュックサックなどは前で持つようにします。
また、チャック式のカバンにして
チャックは閉めた状態でいるように気をつけます。

 

人が集まる場所の基本事項を守って
安全な旅を続けて下さいね!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

 

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 59,439 times, 1 visits today)