フィリピン留学に向いてない人、向いてる人

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1780

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================
フィリピン留学には
「向いている人」
「向いてない人」
がいます。

これはフィリピンだけではありません。
アメリカでもイギリスやカナダでも
同じことです。

どんな留学においても向き不向きというものがあります。

フィリピン留学に来てから、
「こんなはずではなかったー!」
と思わないためにも
事前のチェックは欠かせません。

どんな人がフィリピン留学に向いていて
向いてない人とはどんな人なのか?

フィリピン留学を決定するまでに
基準を知った上で自己診断した方がベターです。

万人に合う留学ってありませんからね。

 

フィリピン留学に向いている人

フィリピン留学向き①英語の初級者〜中級者

英語の能力はピンからキリまであります。

ビギナー0(ゼロ)の人から
ビジネスで通用する上級者までいます。

フィリピン留学によく来られる方は
初級者、中級者
です。

その理由はこのブログの後半に書いてます。

英語の初級や中級、上級というのは
何を基準に言うのか?

TOEICの点数ハイスコアー=上級
ではありません。

TOEICの基準は評価の一部です。

なぜなら、TOEIC900点を取っていても
英語が話せない人はたくさんいるからです。

TOEICの基準はこうなってます。
kastuyo_05
TOEIC公式HPより引用

上記のように書いてはいますが
実際に900点を取っていても
自分の言いたいことが
なかなか出てこない人もいます。

また、発音が悪くて通じない人もいます。
TOEICのテストはリスニングとリーディングに絞られています。

また、問題の傾向も似通っているので
テストが得意な人は高得点になる傾向にあります。

つまり、中級者でも高得点は取れます。
また、高得点でも話せない人は上級者では
ありません。

きっと練習をするとすぐに話せるようにはなります。
その訓練をしてこなかっただけですね。

つまり
TOEIC高得点者でも
フィリピン留学は向いてます!

 

フィリピン留学向き②マンツーマンのクラスを活かせる人

フィリピン留学は他国と比較して
とても安い価格帯です。

フィリピン留学と言うと
「格安」とか「1ヶ月15万円〜」
などの宣伝文句が出てきます。

確かにその通り!

他の国の留学に比べたら格段に安いので
そこに目が行きがちです。

しかし、実際に安いだけではありませんっ!!!
実はフィリピン留学というのは
マンツーマンが最大の特徴!!!
です。

IMG_5895

欧米の留学はティーチャー1人に対して
生徒が10人〜20人のグループレッスンです。

しかし、ここフィリピンの場合
1:1のクラスを中心に授業が構成されています。

First English Global Collegeでは
8コマ(1コマ50分)の内、
4〜6コマ・マンツーマン
2〜4コマ・グループレッスンが
基本コースです。

グループレッスンと言っても最大6名なので
ティーチャー1名生徒20名の
大人数クラスとは違います。

グループレッスンは6名くらいが効果が出ます。
それ以上になると講義を聞いているだけに終わってしまいます。

だからこそ初級者、中級者には向いてます。

ティーチャー1名で生徒20名のクラスだと
なかなか発言も出来ません。

また、分からないことを分からないままスルーしてしまいがちに
なってしまいます。

フィリピン留学のマンツーマンが効果がある訳

初心者の方でもマンツーマンなのでアウトプットが出来ます。

自分が習った英単語を使ったり
ティーチャーが自分のレベルに合わせて話してくれます。

また、
自分の言っている
たどたどしい英語を
見事に聞き取ってくれる!

これもマンツーマンの良いところです。

なぜ「見事に聞き取ってくれる」のか?
アメリカや他の国に行くと分かりますが
こちらの話を聞いてくれません。

たどたどしい英語で
長い文章をつくっても
聞いてくれません。

そういう経験をしたことのある人は
フィリピン人ティーチャーの存在に感謝するはずです。

フィリピン人ティーチャーが
いかにじっくり聞いてくれるかが
理解出来るはずです。

いくら英語を勉強しても相手が聞いてくれなかったら
練習になりません。
英語を話す機会がフィリピンにはたくさんあります。

IMG_5899

また、
マンツーマンの授業では
日本語は一切通用しません。

ここで教えているティーチャーは
日本語を話すことも聞き取ることも出来ません。

だからティーチャーとの
コミュニケーションの手段は英語のみとなります。

自分の思いを英語で伝えなければ、
コミュニケーションの取りようがありません。

そういった時間を
1日8時間も過ごします。

英語に自分の時間を投資すれば
必ず話せるようになります。

ただ、最初はしんどいです・・・
1日8時間の英語の授業というのは
脳がとても疲れ、ヘトヘトになります。

英語で会話をし続けたことがないという人は
脳がなれていないので一日が終わる頃にはぐったりしてます。。。

また、最初はもどかしくもあります。
自分の言いたいことがなかなか出てこない。
ちょっとした簡単な単語も出てこないものです。

例えば、何かにがいものを食べた時、
「にがい」ってなんだっけ?
となります。

電子辞書で調べて「bitter」と出てきます。
ビターって日本語でも使ってる言葉なのに
出てこなかった自分に落胆をします。。。

しかし、最初はそんなものです。
同じような経験を誰もがしています。

このアウトプットの作業を何度も何度もしていくことで
「にがい→bitter」とすぐに出てくるようになってきます。

すぐに出てくるようになる原理はこちら↓
1ヶ月間のフィリピン留学で失敗する人の特徴

 

アウトプットの連続はマンツーマンしか実現できないっ!

英語はマンツーマンが最も効果的です。
それはアウトプットの機会が限りなくあるからです。

ティーチャーから色んな質問を受けて、
自分なりの答えを英語で口にします。
その際に、自分の中で英語脳を作っていくんです。

日本語→英語にするシナプス
をつくっていくことでスムーズに
英語が出てくるよう訓練を繰り返します。

このシナプスをつくる訓練が
初中級者には必要になります。

マンツーマンが苦手な人だったり
人とコミュニケーションが取れない人は向いてません。

 

フィリピン留学向き③英語向上の意欲がある人

これはフィリピン留学に限らず何でも同じです。
英語を向上させようという意欲のある人は
絶対的に伸びていきます。

また、そういう人は出来ない原因を外に
求めません。

ティーチャーが悪いから
教え方が悪いから
ネットが弱いから
暑いから
寒いから
◯◯だから・・・

そう言っている人は自分に原因がないので
自分の能力を伸ばそうとしません。

よっていつまで経っても英語力が思ったほど
伸びていかない結果になります。

また、言葉の壁で
ミスコミュニケーションが生まれ
喧嘩になるかも知れません。

 

意欲を持っている人は勉強量が違います。
1日8時間のクラス+自分の勉強4時間=合計12時間。
これくらいの英語量を3ヶ月続けると
かなり伸びていきます。

成長は急に来ます。
成長曲線の法則に沿って成長していきます。
^75F5B617DE0054565CCFF782687C1C0E7C6DE5C6D8D1A611A2^pimgpsh_fullsize_distr

急にぐんっと成長します。
それまでがしんどいです。
意欲を持っている人はこのしんどいこと期間を
乗り越えることが出来ます。

だからフィリピン留学でも上手くいきます。

 

フィリピン留学に向いてない人

フィリピン留学不向き②かなりの上級者

フィリピン留学はどちらかと言うと
初級者、中級者向けです。
かなりの上級者はフィリピン留学に来ても
物足りなさを感じるかも知れません。

上級者の中でも、もっと英語と触れ合っていたい。
英語漬けの生活が良い。
更に向上したいという人はいいと思います。

 

ただ、フィリピン人は英語のネイティブではありません。
フィリピン人は幼少の頃から英語を勉強してきた人たちです。

英語のネイティブと対等に話すことは出来ますが
英語力はやはりネイティブの方が上です。

日本人の中でも英語がペラペラ話せる人がいます。
例えば、CNNなどのニュースが理解できて
ネイティブと対等に話が出来る人のことです。

そういう人はフィリピン人より英語の知識がある可能性もあります。

実際に欧米の人相手に英語で仕事をしている人は
フィリピン留学に来ても満足出来ない可能性もあります。

日本人はそういう人を目指してフィリピン留学に来ます。

 

フィリピン留学不向き②先進国でないとダメな人

これは実に深刻な問題となります。

たまーに、先進国でなければダメだという人がいます。
舗装された道路に綺麗なレストランで食事を
しなければならない人。

そういう人は欧米圏での留学が向いてます。
セブの場合、空港からタクシーで出た瞬間から
THE 東南アジアです。

フィリピンは東南アジアであり発展途上国です。
インフラがまだまだ整備されていません。

停電、断水、インターネットが弱い。
これは日本では実感出来ません。
日本にいたら、停電や断水の不便さが分かりません。
慣れない日本人からしたら停電や断水は辛いものがあります。

また渋滞も日常的に起こっており、どこに行くのにも時間がかかります。
特に夕方はひどく時間がかかります。

安全面についても、セブは観光地になっているので安全と言われます。
しかし、行ってはいけない場所があったり、
女性の1人歩きは危険が伴います。
日本ほど安全な国はないのでついつい油断してしまうんですよね。

またフィリピンは常夏なので暑く
虫も多いというのが発展途上国です。

それがどうしても耐えられないと言う人は
フィリピン留学をするのが少し難しいです。

セブというと思いっきり
綺麗なビーチをイメージします。

確かにありますがビーチは
プライベートビーチなのでお金がかかります。

有料の綺麗なビーチから一歩外に出ると
発展途上国の風景に出会います。

それら全て含まれているのがフィリピン留学です。
だからフィリピン留学にチャレンジする場合は
事前にフィリピンに関する情報を入手しておくことです。

すると、こんなはずでは無かったということにはなりません。
情報はとても大切です。

 

フィリピン留学向き不向きのまとめ

フィリピン留学に向いてない人は
基本はどこに行っても難しい。。。

なぜなら、フィリピン留学ほど
至れり尽くせり留学はありません。

欧米留学の場合
学校やホームステイ先まで自分で行きます。

また、学校まで遠い。
両替は自分で。
病院も自分で。
洗濯も自分で。

何もかも自分でやらないといけません。

フィリピン留学は欧米に比べて
金額が安いのにサービスが豊富。

とても快適です。
だから僕はフィリピンが好きで
住みやすいんですよね。

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 2,447 times, 1 visits today)