フィリピン留学で鍛えたプレゼンテーション能力は一生モノ

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1879

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================
僕がここ8年で克服した事は

「人前で話すこと」

「英語」

 

以前は人前で話をすることも
英語もで出来ませんでした。

練習を重ねていくことで
それが段々と出来るようになっていきます。

実は海の向こうのアメリカでは
大学生から人前で話す授業が入ってます。

 

僕が勉強をした大学院でも
英語でのプレゼンテーションの単位があり
必修科目でした。

人前で話すには技術が必要ですからね。

 

プレゼン能力は早くから高めておくべき

IMG_4477

 

なぜ日本の学生はプレゼンすら出来ないの?

元アップルジャパンの山元さんの講演で
こう言われていました。
IMG_0190

山元さんは
アップルジャパンで日本の新卒の大学生を
採用しておりました。

とても優秀な学生を採用できた!!!
と思ってたらアメリカ本部から
こう言われたみたいです。

「新卒の学生なんてなぜ採用するんだ?
どこが優秀なんだ?

優秀な人間がなぜプレゼンが出来ないのか?

それくらいの訓練を学生時代に受けていないのか?

優秀な人間になぜ研修やトレーニングを
受けさせないといけないんだ?」

日本の価値観とは全く違います。

日本の場合、
プレゼンテーション能力をそれほど
重要視はしません。

パワーポイントの作り方も人それぞれです。

そもそも教えてくれる人が日本では少ない。

 

日本の学校ではプレゼンテーションのカリキュラムがない

img_2557

僕が大学院に入った時
まず習ったのが
英語でのプレゼンテーションの仕方です。

プレゼンのジェスチャーの仕方。

どのように振る舞ったら良いのか?
また、どういったセリフから入ったらいいのか?

また、同時にパワーポイントの作り方も勉強しました。

出来るだけシンプルで
文字は極力少なく、絵で伝えること。

勉強をして、それをビデオに撮って送る。

また、プレゼンもつくり、その構成まで
しっかり審査されました。

 

プレゼン力が自社の利益を生む

IMG_3275

同じような商品やサービスを扱っていても
その表現の仕方によって
売れ行きは全く違います。

自社の商品
自分自身を
いかに表現するのか?

服装はどんなものが適切か?
姿勢や表情は?
話す内容は?

それによってお客様の数が変わってきます。

LRG_DSC02283

どんな場面でもプレゼンは行います。

自己紹介1つ取っても、
それをプレゼンとするのか、
ただの自己紹介で終わらせるのか?

全く違ってきます。

だからプレゼンが大切です。

この能力は早ければ早いほど良いです。

人前で自分の思っていることを
表現する能力。
相手に伝える技術。

飲み会でも必要↑

それらは練習をすることによって鍛えられ
大幅に向上します。

能力は確実に向上していきます。

 

フィリピン留学にもプレゼンは必須

IMG_2247

1週間かけた練習

初日にテーマを決めます。

そのテーマを深掘りしていき
自分の納得のいくプレゼンに仕上げていきます。

最初は上手く出来ません。
上手になる為に勉強しています。

例えばテーマが「夢」だとすると
その夢についてプレゼンをします。

自分にはどんな夢があるのか?
それが実現すると人々はどうなるのか?
誰にとって素晴らしいことなのか?
それを実現するには何が必要なのか?

何度も考えていきプレゼンを仕上げていきます。

授業で何度も練習を重ねる

プレゼンには練習が必要です。
表情、ジェスチャー、内容、発声、発音などなど。
きめ細かいところまで気を配る必要があります。
C6EF9331-25B1-4931-81F8-5956AA03FA48

ティーチャーと一緒に何度も練習をしていきます。

この度重なる練習がとても効果的です。
練習を何度もしていくことによって
自分の自信に変わってきます。

「あれだけ練習をしたんだからやれる!」
という自分の自信につながります。

プレゼンをする時
人の時間を奪うわけなので
それくらいの意気込みは必要です。

 

人前で話せなかった自分の経験

今では人前で話すことを克服

IMG_5172

先日、僕の友人が主催する
「オフィス機器フェア」
で1時間講演をさせていただきました。

オフィス機器フェアなので
「海外ビジネス」とか
「留学」はあまり関係のありません。

ただ、頼まれごとは試されごとなので
みなさんに向けたお話をさせていただきました。

結果として、アンケートで良い評価を頂き感謝です。

IMG_5243
僕の評価は右下です↑

ブルーが大変よい
オレンジが良い
黄色が普通です。

IMG_5243 (1)

 

ありがたいことに、
僕の結果は「大変良い」と「良い」でした。

「最初は全く興味が無かったんですが
聞いている内に引きこまれて楽しくなりました!
私もセブに行ってみたくなりました!」
というアンケートも頂きました。

感謝です〜!!!

僕は話のプロではありません。

もちろん、そんなに上手ではないです。
(あまり期待しないでくださいね)

ただ、一生懸命話すことなら出来ます。

 

以前は手に汗をかいて話せなかった

IMG_0562

僕は人前で話す訓練をしたことが
ありませんでした。

しかし、起業をして人を採用すれば
必然的に人前で話す機会も増えてきます。

13年前に会社を起こして人を採用をする。

拠点が増えてくるに連れて
一緒に働いてくれる人も多くなってきました。

人が増えたらみんなが一斉に集まる機会が当然あります。

多くのスタッフたちが集まった時多くの失敗をしました。
実は人前で話をすることが出来ませんでした。

「代表のお話」
「会社の方針について」
などを話す機会ってたくさんあります。

会社のことなのに上手に話せませんでした。

例えば、10分間の時間をもらっても
30秒で終わってしまったこともありました。
「なんだ? 社長、どうした???」
スタッフからしたら感じだったと思います。

スタッフ相手に声が上ずって
手に汗をかいて
足もブルブルと震えて
頭の中は真っ白です〜!!!

緊張マックスです。

全く知らない人ではないです。

聞いている人は自社のスタッフたちです。

人前に出ると緊張のあまり何も話せない人でした。

 

自分改革を断行

「このままではいかんな。
何とか人前で話せるようになりたい!
僕はこれからも会社を大きくしていくんだ。
人前で話す勉強をしよう。」
と決心しました。

「克服するぞー!」
と決意したのが良かったです。

勉強をしまくりました

決意したら後は話す勉強と
話をする機会を思いっ切り活用することです。

当時、誰かに頼まれて
話をする機会があれば
「はい、喜んで」の精神で
どんどん人前で話をしました。

もちろんとても嫌だったんですが、
このままでは何も変わらないので
恥をかくつもりで行きました〜!!!
(その当時に聞いていただいた方に感謝です)

それと同時に、
あまり恥をかきたくないので、
話をする勉強会にも行きました。

話をする勉強会にも
多く出席させていただきました。

ある研修会では同じ研修仲間同士で
シーンとした状況を作り出し
その中で1人で話しをします。

そして、最後にファシリテーターから思いっきり
辛口のフィードバックがあるんです。

怒鳴られるのはしょっちゅうで、
時には机をひっくり返されたり、
机をバンバンと叩かれて叱られるんです。
(怖かった・・・)

そのお陰でかなり度胸がつきました。

他にもプレゼンの勉強会で
一通り習った技法を駆使しながら
全員の前で話す研修に4日間参加しました。

受講生それぞれが発表者に投票をして行きます。

そして、発表者に順位をつけていきます。
ドキドキしました。

僕の結果は最下位〜最上位まであります。

発生練習の勉強会にも参加しました。

喉からではなく、お腹から声を出していく練習です。
未だに難しいです。

 

人前で話せる能力は一生モノ

 

人前で話をするという勉強会に参加することで、
当然、話をする機会も増えます。

話をする勉強会に行ってますからね。

必然的に話をすることに慣れてきます。
慣れることで徐々に話せるようになってきました。

また、色んなテクニックを教わることで
段々と身についてきます。

人前で話せる能力は一生の財産です。

出来なかったことが出来るようになる

英語もプレゼンも一生の財産となる

「今まで出来なかったことが
出来るようになる」
という経験がとても大切です。

自転車に乗れなかった子供が
練習を重ねていけばその内
乗れるようになってきます。

しかし、最初は乗れずに何度もコケながら
練習していきます。

一旦、自転車に乗れるようになると
一生、乗れます。

ただ、自転車は稀少価値感が薄いだけです。
大人になれば誰でも乗れますからね。

人前で話をすることや英語でプレゼンをすることは
稀少価値が高いです。

しかし、やったら誰でも出来るようになります。

人前で話をすることも自転車も同じです。
最初から出来る人はあまり多くありません。

みんなコツコツと練習をして
ようやく出来るようになっていきます。

今でも緊張します

実際は、今も人前で話す時に
場の空気を掴めない時があります。

例えばアウェイ感が強い時です。
そういった時は緊張します。

「どうやって盛り上げていこうか・・・」
と暗中模索になる時があります。

僕は話し方のプロではありません。
まだまだ勉強をしている最中なんですよね。

だから割り切って行けば良いです。
目的は「相手に伝わること」です。

IMG_5352

英語もコミュニケーションを取ることが目的

英語においても同じです。
コミュニケーションが取れれば良しです。

たまに言っていることが伝わらなかったり
上手く聞き取れない時があります。

そんな時は若干、落ち込みます。
ガクーンと凹みますが、

またそこから勉強のスタートです。

 

自分の仕事上で必要なスキルは必ず身に着けていくこと

僕の場合は人前で話をしなければならない、
英語を使わなければならない環境でした。

だから一生懸命、勉強をしてきました。
これからも勉強を続けていきます。

自分の仕事上で必要なスキルは
自分でお金を払ってでも勉強していくものです。

僕がサラリーマンをしていた時、
勤めていた会社は一部上場企業でした。

そこで僕は給湯器やキッチン、お風呂などの
住宅設備機器を代理店さん、販売店さんに
営業をしていました。

そこでした勉強は
・マーケティング
・中小企業診断士
でした。

それがあったから、
業績もグングンと上がっていきました。

勉強なしに社会人は業績は上がりにくいものです。

人と同じように勉強しなくて、
また、同じようにお酒のんだり
ウダウダとしていて

人並み以上の暮らしを
したいと思う方が

間違っています。

仕事はみんな一生懸命にやってます。

しかし、自分のプライベートの時間を
いかに仕事の為に投資をするか?

そういう覚悟が大切です。

反対に言うと、そういう勉強をしたら
業績は上がっていくものです。

レストランの店長だったら
評判の良いお店作りを勉強すること。

留学のカウンセラーだったら
上手に対応が出来る勉強をすること。

塾の教室長だったら
親子の関係を良くする勉強や
成績の上げ方を勉強する。

また、マネージャークラスの人だったら
どうやって人をマネジメントするのかを
真剣に勉強すること。

タクシードライバーだったら、
上手な接客方法や感動する接客について学ぶ。

仕事時間はみんな自分なりに一生懸命やっています。

実は一生懸命やって当たり前です。
それで人より上手にはなれません。

いかに自分の時間を使って勉強をしたり
業績の上がる為に自分が出来ることをしていくのか?

社会は、会社は、社長は、上司は
そういう人の姿勢を実によく見ています。

仕事ってサボろうと思えばいくらでもサボれます。
無責任になればいくらでも無責任になれます。

しかし、その反対に自分への投資をしていけば
もっとみんなから認められますね!

僕も社会から認められるように勉強をしていきますっ!!!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 1,122 times, 1 visits today)