損をしない英語勉強法!復習しないなら勉強しない方がいい

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1909

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================

昨年の忘年会でセブ島英語留学をプレゼントされた大学生講師。

彼は日本の学習塾で勉強を教える先生です。

そんな先生は勉強の仕方を教えます。

やはり、勉強の仕方が何より大切です。

 

時に、英語の勉強をしていて自分のことをこんな風に決めつけてしまいます。

「自分って本当に頭が悪すぎ〜!!!

覚えた単語もすぐに忘れてしまいます〜!!!

英語は自分に向いてないんじゃないかな。

単語がなかなか覚えられませんっ!!!」

僕自信が何度も何度もそう思いながら英語を勉強してきました。

僕が高校生の時、白紙に殴り書きのように
書きまくって、声に出しまくって覚えました。

結果的に20分後にはすっかり忘れてます。

ガーン!!!

しかし、人間って
そんなものです。

人間は忘れる生き物

忘れて当然です。
そういう風に出来ています。

忘れるのも能力

忘れるのは身体にいいことですっ!

というのも、嫌なことをずっと覚えていたら
苦しくて生きていけません。

だから脳は忘れるように出来ています。

もし、人は一旦、記憶したことを
忘れることが出来ないとすると
きっと人生は苦しいままです。

時が解決してくれるのは救いですよね。

生きていたら辛いことにも遭遇しますからね。

だから、人間の性質上、
忘れるのは仕方のないことです。

すぐに忘れるからと言って
自分の能力が低い訳ではありません。

大丈夫!
安心して下さい。
僕自身、とても忘れやすいです。

 

特に物忘れが激しい人

忙しい場合、特に物忘れが激しくなります。
脳には限界があり、全てを覚えることが出来ません。

それはあなたが脳をフル回転されている人だから!

フル回転させてるから不要なものは捨ててます!

新しい記憶、特に日常生活に支障のないものは
すぐに忘れてしまうものです。

それが正常です。
物覚えのいい人は特別な人です。
一般人は忘れやすいもの。

 

日常生活に支障がなければ忘れる

そもそも、普段の生活で障壁にならないものは
すぐに忘れるように出来ています。

英語の単語が覚えられなくても
日常生活に困るわけではありません。

単語が覚えられないからと言って
朝起きて食事をして出かけて帰って来れます。

日常生活とは全く関係がありません。
だからすぐに忘れるものです。

特別なことが無い限りは
新たなことってすぐに忘れるように出来ています。

 

忘れない方法

忘れない方法は2通りあります。

インパクトのあること

衝撃的なことは忘れません。

あまりにも悲しいこと
嬉しいことはなかなか忘れません。

場合によっては時間が経っても忘れません。

僕が高校生の時、こんな衝撃的なニュースを見ました。
僕には忘れられない出来事になっています。

アメリカ留学をしていた中学生が隣人に射殺されたという事件。

これがニュース番組で流れていました。
事件が起きたのは
ちょうどハロウィンの時期です。

アメリカではハロウィンの時期になると
子供が変装をして家の扉を叩いてこう言うそうです。

「Trick or Treat!」
(お菓子をくれないといたずらしちゃうよ!)

その日本の中学生は隣の家に行って同じように
「Trick or Treat!」
と言ったそうです。

するとその隣人のアメリカ人はカンカンに怒ったみたい。
「勝手に家の敷地に入ってきて
何をしているんだー!!!」

それを見た日本人中学生は思わず逃げ出しました。
その逃げる姿を見たアメリカ人は
「FREEZE!!!」
(とまれー!!!)

しかし、日本の中学生はフリーズと言われても
何の意味か分かりません。

そのまま逃げ去ろうとした少年。
悲しくも射殺されました。

そのニュースが高校生の僕には衝撃的でした。

もし、その少年が「freeze」と言う意味を知っていて
立ち止まっていれば打たれることも無かったかも知れません。

そこで僕は高校生ながらにfreezeという単語を
完全に覚えてしまいました。

こんな衝撃的なことは忘れません。

しかし、なかなか日常生活で強い衝動にかられることは
ありません。

思いっ切り恥ずかしい目に遭ったり
嬉しかったり、悲しかったりしてると疲れます。

ほとんどの人が日常生活通りではないでしょうか。

単語を覚えるのに自分にインパクトを与えて
覚えるのには無理があります。

インパクトを与えて覚えるのは分かりますが
そうそうインパクトのある出来事ってありません。

 

繰り返し覚える

僕達にはこれしかありません。
度重なる復習をすることです。

英語の勉強をするのに、復習をしなければ
やらないほうがましです。

勉強をすること自体が目的になっている人は復習は不要。
「勉強をしている自分が好き」
というような人は英語勉強をすることで満足。

だから復習をする必要がありません。

しかし、ほとんどの人は目的を持って
勉強をしている思います。

ペラペラに話せるようになりたいから勉強をする。
デートをするから、海外就職するから
海外で困らない為に勉強をする。

動機は何でも良いのですが
英語を身につけることが必要な場合は
必ず復習をすることです。

復習のしない勉強だったら
勉強しないほうが良いです。

一度行ったことを
繰り返し行うこと。

今日の朝、勉強をしたことは
昼には完全に忘れます。

忘れる前に5分間のスキマ時間で復習をすることです。

しかも、復習は回数をこなすことです。
復習を最初に学習したように深くする必要はありません。

IMG_4145

さっと目に触れる数をこなすだけです
それだけでも随分と違ってきます。

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 980 times, 1 visits today)