フィリピン人は小銭を気にしない

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1910

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================
昔、フィリピン人って小銭は数えないと
聞いたことがあります。

大量の小銭を渡すと
それで満足するらしいです。。。

フィリピン人はいい加減とよく言われます。

小銭を本当に数えないくらい
いい加減なんだろうか???

試してみました。

 

小銭は数えるか?

フィリピンのバイクタクシーで小銭だけで
支払ってみました。

気がついたらポケットには小銭だらけ

フィリピンにいてレストランに行ったり
カフェに行ったり、買い物をしてお金を支払う時
小銭(コイン)を使う機会は少ないです。

小銭が少額すぎるんですね。

なぜならフィリピンの最少額貨幣は20ペソ(50円)です。
imgres

 

コインについて言えば
1ペソ(2.5円)
5ペソ(12.5円)
10ペソ(25円)
この3種類です。

少額すぎてあまり使えません。。。

ついつい20ペソ紙幣を使います。
するとコインがどんどん貯まります。

そこでこのコインをドバっと使います。

 

バイクタクシーや自転車タクシーはお釣りなし

IMG_5628

彼らはお釣りを持っていません。
だからこういう時にこそ、小額コインが必要です。

そこで貯めていたコインの出番!
この自転車タクシーの場合

7ペソ(約17円)〜10ペソ(約20円)
くらいとなります。

バイクタクシーの場合↓
IMG_5107
15ペソ(約37円)〜20ペソ(約50円)
くらい払っとけばOK。

先日、バイクタクシーに乗ったので
ポケットに入ってる小銭を適当に渡しました。
きっと20ペソくらいあります。

IMG_3999 (1)

ポケットにあった小銭を
はいっと渡す。

僕もいくら払ったのか分かりません。

IMG_4001

 

この小銭の重さでドライバーは喜んでくれる!

ドライバーは数えませんでしたっ!!!

IMG_4002

笑顔でサンキューと言ってくれます。

僕も重たい小銭が減り喜ぶ。
相手はその重さに喜ぶ。

お互いにwin-winです(笑)

細かいことは気にしません。
フィリピンのそういったところが好きです。

 

レジでお金を払わないフィリピンの子供発見!

細かいことを気にしないフィリピン人。
それはスーパーマーケットでも見つけました!

レジのお姉さんが勝手にディスカウント

IMG_6929

僕の後ろに2〜3人の子供が並んでます。

地元の子供でTシャツがボロボロ。
お菓子を片手にレジを並んでました。

僕のお会計が終わり、子供の番に。

お会計は5ペソ。
持ってたお金は3ペソ。
2ペソ足りません。

最初、レジのお姉さんは
「ダメよ。お金を持ってきなさい」
と言ってました。

しかし、子供たちのネゴが凄い!
半泣き状態で
「これだけしかないの〜!!!」
と訴えてました。

「(T_T)これだけしかない〜!!!」

すると、レジのお姉さんは
「もういいわ。行きなさい。」
と言って3ペソだけ受け取りました。

すると子供はニコッとしてながら
走って外に出ました。

ありえない。。。

スーパーマーケットでレジのお姉さんが
勝手にディスカウントしてる現場を
隣で見学きるなんてラッキーでした。

 

フィリピン人にとって数ペソは気にしない

タクシーでも同じですが
数ペソ足りなくても全く気にしません。

例えばタクシー料金が
123ペソだとすると
100ペソと20ペソの紙幣を出せば
3ペソはディスカウントしてくれます。

全員が同じではありませんが
数ペソを気にしない傾向にあります。

日本人は小銭を大切にする

日本人の感覚と全く違います。
1円にも魂が宿っていると思い大切にします。

1円のお父さんは5円。
5円のお母さんは10円。
10円のおじいちゃんが500円で
1,000円札がおばあちゃん。
5,000円札と10,000円札が
曾祖父ちゃんと曾祖母ちゃん。

1円を粗末にすると10,000円札が怒ります。

全て繋がっていると考えています。

実際に僕は1円玉が街中で落ちていたら
大切に拾い上げます。

そういったお金に対しての感覚が違います。

日本人がとても大切にしているだけなのか
世界中の人がフィリピン人と同じレベルなのか
分かりません。

お札に落書きをする。
IMG_8531 (1)

お札にメモと一緒にホッチキスでとめる。
コインを道端に投げて遊ぶ。

日本ではどれもしないこと。

文化の違いですね。
一緒に仕事をする、生活をする、時間を共有するのであれば
こういったことに気をつけておきたいですね。

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 1,856 times, 1 visits today)