【英語】3歳児でも分かるコミュニケーション術

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1544

 

先日、とても参考になるブログを読みました。
なるほどって感心させられるものです。

3歳児に分かる言葉

美樹先生のブログ

ブログを読んで
「なるほどー!
だからだったんだー!」
と大きく気付かされました。

1万人の子供を指導した実績を持つ
幼稚園の先生の先生。

つまり、先生の中でもかなりのプロ!

その方のブログがとても参考になりました。

人間の活動で不可欠な脳。
この小さな脳が全身の1/4のカロリーを消費する。

確かに思いっ切り勉強をしたり
仕事で頭を使ったりすると
何もしていないのにお腹が空きますよね。

これは脳のカロリー消費が多いんですね。

だから必然的に脳は消費を避けようとします。

脳は常に「エネルギー消費を節約する」ということを
心がけているみたいです。

どう節約するのか?

回りくどく言われる
難しい事を言われる
よくわからない事を言われる
→エネルギーを消費する
→嫌いになる

なるほどー!

脳は周りの人から回りくどく言われたり
難しいことを言われたりすると
相手を嫌いになるんですね。

ブログはこれです↓
「新人の先生の悩み解決!!!」

コミュニケーションの基本

ついつい回りくどく言いたくなってしまいます。
自分の言葉で言いたくもなります。

そんな時、どうしたらいいのか?
美樹先生はこう答えます

みんなが何となく
わかっているような事を事例に言ってあげる
もしくは…
ハッキリとわかりやすく言ってあげる‼️

 

つまり
「いかに簡単に相手に伝えているか?」
美樹先生はこの20年間、これだけをずっと
基本にしてきました。

相手は3歳児です。

時には1〜2歳児と向き合います。

そんな子供に難しい言い回しをしても
通じません。

会社の中でも同じ

僕はこのブログを読んで反省しました。。。

難しい言葉を使ってないか?
抽象的な言い回しをしてないか?

相手を
「この言い回しだったら分かるだろう」
というように間違った認識を持ってないか?

きっと自分の言葉で伝えてました。

特に僕と一緒に過ごした時間の短い人たちには
僕の言っている内容は難しいに違いない。

僕が高度だと言っているんじゃなく
解読が難しいのだと思う。

例えば資料を作成してもらう時にも
僕の思っているような形で仕上がらないことも多々あります。

特に外国人にお願いをすると、全く違ったものが出てきます。

それは伝え方が悪かった。
大きく反省です。

伝え方を変えてみる

相手の言葉で伝える

もっと平たく簡単に伝えるにはどうしたらいいんだろうか。
簡単に伝えることは実にスキルを要することです。

簡単に伝えることって、
自分の枠を飛び越えないといけない。
だから難しい。

大人の場合は質問をくり返すことだなと
改めて実感。

目的や自分の意図を告げて
それについて質問を繰り返していくこと。

「相手の言葉で伝える」ことに最適な方法として
質問をくり返していき相手に納得してもらうということ。

聞けば良いんですよね。

質問のスキル

「ここ掃除しておいて!」
と言うより
「ここを掃除することであなたにどんな利点がある?」
と聞く方が良い。

決して詰問ではいけない。
また、「はい、いいえ」でしか答えられないような
質問でもいけない。
(closed questionと言います)

こちら側に
「十分にあなたのことを聴きますよ」
という姿勢が大切。

英語のコミュニケーション

英語は相手の分かる言葉で話す

英語でコミュニケーションをする時
分かりやすく伝える努力が必要です。

ネイティブ以外の人と話をする場合
決して難しい単語を並べ立てて話してはいけません。

ネイティブは英語人口の約22%しかありません。
残りの78%は第2言語として英語を使ってます。

相手の英語のレベルに合わせて話す必要があります。

特に専門用語になると
相手にはさっぱり分からない可能性があります。

英語でのコミュニケーションの場合、「確認」をくり返す

自分が伝えた後は
必ず確認をすることが大切です。

もし、確認が無かったら
大きな勘違いが発生する可能性があります。

ビジネス経験が豊富な人は
このくり返すという作業が自然と出来ています。

僕の部下のフィリピン人も指示をした後
必ず確認をしてきます。

また、相手の話についても同じです。
相手の話した内容をリフレーミングすることが原則です。

自分の理解と相手の言っている内容が違う場合も
多々あります。

復唱したり違う言葉で言い換えるクセがあればいいですね。

その時に使う言葉が
「You mean …」
「Let me confirm what you said, …」
などの言い回しを使って確認していくことが重要です。

コミュニケーションの難しさ

日本語でもコミュニケーションは難しいと思うのに
英語だとなおさらです。

質問をして聴く習慣をつければ
ミスも防ぐことが出来ますね。

 

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 466 times, 1 visits today)