教育で起業について語る 大学院の卒業イベント

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

 

大学院の卒業生で構成されている勉強会にパネラーとして参加させていただきました〜!!!

やっぱり大学院の卒業生は優秀で謙虚な人が多い!

僕はこの学校で勉強をしている時、いつもみんなの優秀さに圧倒されてしまってました・・・

 

そんな優秀な方を前に僕の経験をシェアさせて頂きました。

 

卒業生が集まる会で起業について語る

 

今回はパネルディスカッション形式で

「教育で起業をする」

ことにスポットを当てて話をさせて頂きました。

IMG_5593

テーマはこれです↑

MBAフォルダになったものの

・本当にやりたいことが見つかってない方

・見つかったけれども、まだ踏み出していない方

第一歩の踏み出し方のヒントを得る

 

 

今回の集まりは大学院の卒業生のみで構成されています。

120名ほどの参加だったんですが、大学院の卒業ということで

全員がMBAを取得した人ばかりです。

 

 

この大学院は起業を視野に入れて勉強をしている人も比較的多いんです。

 

 

もちろん、カリキュラムの内容として「起業論」というものもあります。

会社を経営することにおいての知識も身につけることが出来ます。

またマクロ的な経済を見据えた上で自分のビジネスをどう持っていくのかを考えることが出来ます。

 

 

そんな内容の勉強をして卒業はしたけれども「起業」にまで至ってない人も多いんですよね。

 

確かに起業って根性とか勇気がいるものですからね。

 

今回は実際に起業をした人や

大学院で勉強をした後に自分の進むべき道を変えた人が主に話をしました。

 

起業とは内面からふつふつと出てきているものを実現するものだという雰囲気です。

しかし、僕の場合は違ったんですよね。

 

僕が起業をした理由は不純な動機だった

 

こんなに沢山のMBA取得者がいる前で僕は本音でお話をさせてもらいました。

IMG_5575

(一番前には大学院の教授がズラッと並んでます・・・)

 

僕は学習塾で13年前に起業をして、現在も広島で9教室経営しております。

「ファーストイングリッシュ」と言う留学エージェント

「First English global College」と言う学校をフィリピンのセブ島で経営しております。

そもそもの起業の動機についてお話をしました。

 

「教育で起業をしたけれどもそれはたまたま出会ったのが教育業だっただけなんです。

何でも良かったんですよね。

起業の動機は至って不純でお金のため、人に使われない人生を送りたかっただけです。

高尚な想いで起業をした訳ではないんです。」

 

とつらつらと話をさせて頂きました。

後で参加者に感想を聞くと「動機は不純だった・・・」というところに共感をしてもらったようです。

 

更にこう続けました。

「自分で起業をして取り組んだ仕事なので、本気で真剣に仕事に打ち込みました。

お金をいただく以上は生徒さんに喜んでもらうようにしていったんですね。

そうすると人から感謝され、また、そこに喜びを覚えてくるようになるんです。

僕の場合は居酒屋でも何でも良かったんですよね。

何でも良いんですが、一旦、やり出したらその仕事を真剣にやっていくことです。

どんどん深掘りしていけば教育という仕事がどんどん楽しくなってきて

自分の人生にとって、とても意義のあるものになってくるんです。

更に社員さんを雇用した時、社員さんの人生の責任もおうことになります。

彼らの物心両面の幸福の追求を経営者としてしていかなければならないんです。

そういう意味も含めて、僕はこの先も教育という事業ドメインの中で生きていこうと思うんです。」

 

教育業という職種柄なのかどうか、教育に燃えて志を立てて起業!

という風に捉えられがちです。

特にこんな風に勉強を沢山されている人たちって

「志が先にあるべきだ」

と思いがちなのかもしれないです。。。

 

 

僕の場合はその反対だったんですよね。

 

 

本当にやりたいことって真剣にしないと見つからない

 

 

自分の本当にしたいことを見つけることって難しいと思います。

なかなか見つからないんですよね。

「志を立てたなら事はもはや半ば達せられたといってよい」

と松下幸之助は言われていました。

 

それほど難しいことなんですよね。

自分の本当にやりたいことってそうそう簡単に見つかる訳でもない。

しかしだからと言って、自分の本当にやりたいことを見つけられないままで良い訳でもない。

1回しかない人生、自分のやりたいことに夢中になって

そのことに没頭したいものです。

IMG_5579

 

そこで僕が強く思うことは

目の前のことに全力投球すること

するとやりたいことが段々と見えてくる。

神様がそっと次のステップを用意してくれる。

 

 

今、目の前のことに真剣にならずに手を抜いたり逃げようとしていたりしてたら

神様はよくよく見ているもので、その人には上質な人生を与えてくれないんですよね。

 

 

どんな仕事をしていても思いっきり仕事をして

「あなたじゃないとダメ。

あなたがいてくれないと困る。」

と言われるようになってきて業績が上がるようになってきて初めて人の役に立っていることを実感出来ます。

 

 

その為には四六時中仕事のことを考えて

寝ても覚めてもそればかり考えていくことなんですよね。

 

 

ただ、それが難しいんです。

特に会社で働いていたら余計に難しいことです。

ついつい「これは自分の本当にやりたかった仕事ではない」と言ってしまうんです。

ついつい上司や会社の不平や不満を口にしてしまうんです。

ちょっと叱られるとすぐに辞めたくなるものなんです。

 

 

もし、ネガティブな言葉が口から出てしまった時、

それを一番最初に耳にするのは自分です。

だから、ネガティブなことを自己暗示しているんですよね。

 

 

今、目の前にある仕事に真剣に取り組んで人の喜びを自分の喜びに変えられるようになったら素晴らしい人生が歩めると思うんです。

 

 

やりたいことが見つかったら全速力

 

 

自分のやりたいことが見つかったらそこに全速力です。

今一歩が踏み出せないと言っている場合じゃないんですよね。

すぐに死を意識する年齢になって死を迎えます。

 

全速力で走るものに不安は追いつけない

 

そのとおりです。

僕の友人の鍋島さんがいつもこのことを言ってます。

全速力で走るものには不安は追いつけないから

自分のやりたいことが見つかったら一直線です。

脇目もふらず全速力!

 

 

失敗したらどうしようか・・・

なんて考える必要はないんですよね。

事業計画を慎重に立ててそして頭を使って工夫してうまくいく方法を見つけていけばいいです。

 

一度しかない人生です。

ぜひ自分の思うように歩いて欲しいです。

そんなことをあつーーーく語らせて頂きました。

 

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

t02200176_0800064113352271710

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

t02200108_0800039313357348756

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 319 times, 1 visits today)