フィリピン留学後のクアラルンプールの大学

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.2118

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================

本多のInstagramアカウントはこちら→Instagramページ
(ぜひ、フォローしてくださいー!)

社員旅行でバンコクに行ってきました。

詳しくはこちらに書いてます↓
社員旅行 in バンコク!

それからセブで通常業務を1週間行ってからのクアラルンプール!

このクアラルンプールで僕は感動しました。

今日は、クアラルンプールについて書きます。

 

今回のクアラルンプールの目的は大学を調べること。

どんな大学があり、どんな制度でやっているんだろうか。

打ち合わせをこのビルでしてきました↓

ここではいろんなことを教えて頂けました。

・クアラルンプールの大学に入る条件
・どんな生活をしているのか?
・入学するために必要な英語力
・入学後の勉強
・クアラルンプールの治安と物価

とても勉強になりました。

 

なぜフィリピン留学とクアラルンプールなのか?

フィリピン留学の後、みんなどうしているのか気になるところですよね。

長期でフィリピン留学卒業後、みんなどんな生活をしているんでしょうか?

 

働きながらフィリピン留学に定期的に来られる人は、時間をかけながら英語力をUPしたい人です。

働きながらフィリピン留学に来るので、短期(1週間〜2週間)の人が多い。

 

しかし、長期で人生をかけて来ている人も沢山います。

3ヶ月〜6ヶ月の留学という人もたくさんいます。

 

そういう人は、英語に関わった仕事をしている人もいますが、全く関わっていない人もいます。

また、フィリピン留学→世界の大学に行く人もいます。

 

打ち合わせの後、ある大学生に出会ってきました。

彼は僕の友人の息子さんでもあり、First English Global Collegeのインターンスタッフでもありました。

英語をフィリピン留学で勉強をして、その後、マレーシアのクアラルンプールの大学に入学しました。

 

フィリピン留学がなかったらついていけなかった

彼からじっくりと話を聴きました。

日本の大学に行ってたんですが、海外に魅了され、クアラルンプールに行くことに決定したのが1年前。

しかし、今の英語力だとついていけない。

だからフィリピン留学を選んだとのこと。

 

フィリピン留学でマンツーマンで勉強をして英語力をある程度つけてクアラルンプールへ!

ここクアラルンプールに来ると生活や授業は全て英語です。

まず、1年間は英語コースに入ります。

そして、残り3年間を専門的な勉強をします。

実はマレーシアの大学って3年間なんですね。

だから、1年間を最初に追加して、英語を学びます。

 

クアラルンプールは多民族

ここには世界中の国から人が来ています。

たまたま入ったカフェバーにはフィリピン人が働いてました↓

フィリピンの話をするだけで、親近感を持ってもらいました。

そもそもマレーシアには、マレー人60%、中華系25%、インド人7%とのこと。

言語もマレー語、中国語、英語と使う人が多い。

 

やっぱり、英語が話せるというのはとても便利です。

ましてや大学留学となると、英語は必須ですからね。

 

クアラルンプールは治安が良い

街は大都会で歩ける!

外を自由に歩けるというのはとても便利です!

フィリピンの場合はあまり歩けないんですよね。

ここがクアラルンプールの中心街です↑

確かに首都なので、それなりに栄えてます。

伊勢丹もあるくらいです↓

しかも建設中の建物が多い!

それだけこれからも発展していくということですね。

賑やかな繁華街↓

ここがクアラルンプールです!

 

クアラルンプールは物価が安くて美味しい!

タクシー代、食事代など安い!

シンガポールの隣にあるので高いと思いきや、物価はとにかく安いので過ごしやすいですね。

観光客がたくさん来る町並みですが、とても安い!

びっしりと並べられたフルーツ。

南国なのでココナッツも売ってます↓

 

クアラルンプールのカエルちゃん(食用)

東南アジアでは比較的食べられているカエルちゃん↓

これを唐揚げにしたり、焼いたりして食べます。

このカエルが実に美味しい!

鶏肉より水分がありしっとりしてます。

実はカエルは栄養価が高くて安いから、東南アジアでは大人気なんですよね。

僕は大好きになりました。

いろんなお店がありますが、どの店も安い!

ネットで評判の高いお店に入ることに。

↑ミッキーのマークが目印らしいです。

そこでビールとカエル。笑

また、ここにいるマレーシア人は優しい!

とても穏やかな人が多い。

想像以上に良かったので満面の笑みになります。

 

大学は日本だけじゃない!

ここクアラルンプールの大学について彼はこう言ってました。

「授業はディスカッションとプレゼンがメインです。
例えば、授業で『環境について考えよう!』というテーマがありました。
すると教授は、僕たち学生を外に出させて草をむしらせます。
その草を持って大学の食堂に行って、食事をしている学生と『環境』についてディスカッションをさせるんです!」

すごくないですか?

日本だと、同じ大学の人でも食事中の知らない人に話しかけられないし、話しかけても無視されそう。

それがいきなり英語でディスカッションをするなんて。

また、こうも言ってました。

「大学の勉強ははっきり言ってキツイです。
まず、英語について行くのが大変。
そして、ディスカッションやプレゼンの準備をするのにも時間がかかる。
また、それを人とコミュニケーションを取ってグループでやらないといけない。
アルバイトは当然禁止ですが、アルバイトしている暇なんて一切ありません。」

すごい!

先日、見学に行かせてもらった立命館アジア太平洋大学(APU)でも同じカリキュラムです。

こちらに詳しく書いてます↓
まるで外国!立命館アジア太平洋大学APU!

ここもとても良かった!

 

答えのない世界を生きている僕たちは、自分で考えて、自分で答えを見つける必要があります。

その為に何度も仮説検証をしていく力が必要。

 

いろんな人と話をしていて思うことは、仮説検証をする力がとても低い。

原因は何だろうか?
なぜそうなったのか?

と聞いた時「分かりません」と答える人がいます。

「分からない」で終わると、それで終わりです。

答えは誰も分かりません。

まず、自分で仮説を作って、それが原因だと仮定して、検証をしてみることです。

目の前に見えている問題を処理するだけでは、その人の価値はいつまでも上がりません。

 

目に見えないものに対して、どう取り組んでいくのか?

そういう「生きるチカラ」を作っていく時間って今、最も求められている能力です。

 

マレーシアの大学は僕はとてもお勧めします。

環境、カリキュラム、そこにいる人達、全てにおいて、とても良いです!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 119 times, 1 visits today)