英語の必要性に目覚めた瞬間

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1456

 

もし、英語が話せたら世界中にお友達が出来ます。

6年前に世界一周旅行に行きました。

もし、この時に英語が話せたら・・・

 

 

世界一周に行った仲間と和僑会の打ち合わせ

 

この3人↓で世界一周に行ったんですが今でも仲良くさせてもらってます。

また和僑会という日本人が世界で活躍をしている世界的な会を広島で発足させました。

IMG_5676

その和僑会の打ち合わせでした。

世界でビジネスをしやすくするという会です。

しかし、いくらこういった会があっても
海外に行くためには英語がどうしても必要なんですよね。

その英語の必要性を感じたのが世界一周だったんです。

 

僕がフィリピンの英語を始めたきっかけはこの世界一周でした

 

380768_574552925903607_262066908_n

メキシコのチチェン・イッツァ遺跡↑

ピラミッドの上から壮大な景色を見る3人組が僕達です。

 

 

これは6年位前になりますが、この時は残念ながら英語が全く話せなかったんです。

この世界一周に行った時にもし英語が話せてたらもっと充実してただろうなって思います。

現地の人と友達になることも出来ていたと思うんですよね。

 

 

というのもメキシコ人からしても地球の反対側にある日本人って珍しいはずです。

僕達が英語が話せていたら色んな出会いがあったと思うんですよね。

 

 

もし、今、目の前にアフリカから旅行に来ている人がいたら友達になってみたいですよね?

僕は世界から来ている外国人と沢山、お友達になってみたいです。

たまにfacebookとかでメッセージを交換したり将来その友達を訪ねてその国に行ってみたいです。

しかし、英語が話せなかったらそれも難しいというものです。

 

 

言葉が通じなかったら友達にもなりにくい

 

言葉の通じないコミュニケーションは難しいです。

話せたほうがお互いに信頼し合えるものですね。

 

 

 

先日、イタリアに行った時に出会った子供。

IMG_8027

彼はルーマニアから来てるんですが英語がペラペラでした。

英語が話せないのは日本人だけ。

 

僕はヨーロッパ人は総じて英語がみんな話せるんですよね。

写真の彼は小学校の時から英語が授業であってみんな話せるらしいです。

「ヨーロッパでは英語が話せて当たり前」

なんですって。

 

「英語上手だね〜!」って言ってみると

「え? そんなの当たり前だよ。

僕の国ではみんな話せるよ」

だって。。。

 

英語が話せて当たり前なんですね。

 

まあ、こうやって出会いがあってそのまま意気投合していけばお友達になれます。

きっと彼らからしても僕達日本人が珍しいはずです。

IMG_8684

英語が出来ればこうやってfacebookでつながったり出来るんです。

彼らも日本人に興味があります。

 

もし、英語を話さなかったら会話が続きません。

最初はジェスチャーだけでも良いんですが、段々とそのジェスチャーも煩わしくなってきます。

だから段々と疎遠になってくるんですよね。

きちんと会話が出来る人同士で仲良くなっていくものです。

 

 

海外のレストランで驚いたこと

 

世界一周中にアメリカのレストランに行った時のことです。

 

「どんな小さな子どもでも、おばあちゃんでも英語が話せる」

という事実に直面して悔しい思いをしました。

 

 

そこは観光客ばかりのレストランだったので外国人も沢山いました。

 

他のお客さんは店員さんにお勧めのメニューを聞いてみたり

ゲラゲラと笑いながら楽しそうに店員さんとやり取りをしているんです。

 

英語が出来るってなんて当たり前なことで、出来ないだけでなんて疎外感を受けるんだろうか?

ということを学びました。

 

今でこそ、お勧めのメニューを店員さんに尋ねる場合は

「What is your recommendation?」

「what would you recommend me order because Im not sure what to get?」

って言う聞き方をしたら良いと分かるんですが当時はそれすら分かりませんでした。

 

 

文字だらけのメニューを見てもチンプンカンプンです。

聞き方も分からない、メニューを見ても分からない(メニューは写真なんてないです)

他のテーブルの人は店員さんと楽しそうに会話をしながら料理を選んでます。

 

人はそういう時に劣等感を抱くんですよね。

 

「あ、自分はできないんだ!」

って気づく時に劣等感やコンプレックスが生まれるんです。

人との決定的な差を見せつけられた時に人はずどーんと落ち込みます。

 

 

まるで、周りの人は1000ccの大型バイクを乗りこなしているのに

自分は三輪車をギコギコとこいでるみたいです。。。

 

まるで、周りの人は船舶免許を取ってボートを乗り回しているのに

自分はスイミングキャップをつけて苦手なカエル泳ぎをしているみたいです。。。

 

まるで、東京フィルハーモニー交響楽団と小学生の笛くらい違います。。。

 

そのくらい「あ、自分って出来ない人なんだ・・・」っていう劣等感にさいなまれるんです。

これが旅行だったからまだ良かったけど、住んでみたり、

ビジネスをするとなってくると海外にいるのが嫌になってしまいます。

 

僕が海外のレストランで気づいたことは

「英語くらい話さないと楽しめない」

ということです。

 

それから英語の勉強をしたんですが、勉強を進めていくに連れて

僕達も既に簡単な英語だったら話す力を持っているんだなと感じました。

 

僕たちは英語力をもう持っている

 

「英語くらい出来ないと楽しめない」

と言いながらも、実は、

僕たちはもうすでに話せるんです。

 

 

勇気を持って今持っている単語で話しまくればいいんですよね。

例えばさっきの英語。

「what would you recommend me order because Im not sure what to get?」

(どれ頼んだらいいのか分からないのでお勧めはどれ?)

 

ということですが、recommend(お勧め)という単語が出てこなかったら代用したら良いんです。

「Here First time for me.  Please tell me good menu.」って言えば通じます。

 

プリーズ テル ミー グッド メニュー!

って言うんです。

 

もっと簡単に

「What is good menu?」

でいいんです。

 

 

すると店員さんは丁寧に教えてくれるはずです。

 

 

例えば、これをタイ語で言ってみてください、と言ったらどうでしょうか?

もし、英語の通じないロシアではこんなセリフ言えるでしょうか?

きっと言えないですよね?

英語だから言えるんです。

 

僕たちは英語をもう話せるんです。

だから今持っている単語を更にブラッシュアップしていくだけで話せます。

 

 

例えば、英語で「苦い」ってどういうんでしょうか?

 

 

答えは「bitter」ビターです。

きっとビターくらいならみんな知っていると思うんですがすぐにパッと出てきません。

今、持っている単語をすぐにぱっと頭に浮かべる訓練をしてければいいですね。

 

このことは先日お会いしたイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ先生も同じことを言ってました。

「もうあなたはすでに英語が話せるんです」

なぜなら他の外国語は出てこないですが英語であれば簡単な単語は分かります。

すでに英語は話せるんです。

 

しかしそんなことすら分からなかったんですよね。

 

心のスィッチが入った瞬間は劣等感だった

 

人は誰しも心のスィッチが入る瞬間があります。

僕の場合はそれが劣等感だったんです。

「あ、いかん!

このままでは人生楽しめないっ!

僕は海外が好きだけど英語の話せないままだったら自分の世界が広がらないっ!」

と思ったんです。

 

それから必死で勉強をして学校まで作りました。

学習塾を経営しているので勉強の仕方は分かってます。

あとはそのセオリーに則ってやるだけなんです〜!

 

勉強の仕方に工夫をしながら英語を習得していきました。

 

こういった心のスィッチがどこにあるのか?

またそれを自分でパチっと押すことが出来るかどうか。

人生で何回、この心のスィッチを押せるんかな〜って思います。

 

1回しかない人生、何度もパチっ、パチっと押し続けていきたいですね!!!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 636 times, 1 visits today)