セブ国際空港出国時の注意5つ!

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1487

フィリピン留学を無事に終えたら
安全に日本に出国をするだけ。
空港はやはり緊張をするものですね。

日本の空港のように
簡単に出国をさせてくれればいいんですが
フィリピンにあるセブ国際空港は
なかなかそうは簡単に行きません。

知っておかなければならないことは
沢山あります。
出国時のセブ国際空港の注意点を5つに絞ってます。

 

1,チケットは持っておくこと

img_4610

チケットを持ってないと空港に入れない!

ここフィリピンの空港って
少々面倒なところが何度も
チェックをされるところです。

発券カウンターでパスポートを
見せればチケットを発券してくれます。

日本の空港の場合はこのカウンターまで
であれば自由に行き来が出来ます。
しかし、フィリピンの場合
チケットがなければ
この発券カウンターにすら
入ることが出来ません。

中に入れてもらえずに
あたふたしないといけないことになります。
チケットは必須です。

特に旅慣れた人は
「チケットが無くてもいいかな〜」
と思ってしまいがちなので要注意です。

チケットは携帯の写メでもOK

チケットは携帯の中に電子情報として
保存していれば大丈夫です。

また、自分の携帯のメールに
送ってもらったものをガードマンに
見せても大丈夫。

IMG_3230

↑携帯の画面を見せれば通過出来ます。

ガードマンが名前、フライト日時と
行き先の確認が出来ればそれでOKです。

 

2,荷物検査は2回ある

1回目の荷物検査

とても面倒くさいです。。。
2回もベルトを外したり小銭を
ポケットから取り出したりしないと
いけません。

たまに長蛇の列が出来ます。
しかし、辛抱強く待っておくこと。
ここはあくまでも海外です。
フィリピン人が決めたルールですからね。

 

自分の手荷物やポケットの中の物は必ずケースに入れること。

これがとても大切!
ケースを自分で取ってきて
そこに全部を入れます。

荷物検査↓

IMG_0657

ここに大体は長蛇の列ができます。
日本のようにテーブルなどはありません。
小物などを入れるケースは
取ってこないといけない。

その小物を入れるケースを取るには一旦
列から出ないと入手出来ません。

しかし、それでも敢えて
自分の荷物はケースに入れます。

IMG_3221

↑こんな感じです。

 

もし、ケースに入れなかったら↓

IMG_2205

ベルトコンベアとローラーの間の
隙間に落ちてしまうんです・・・

 

ここに携帯とか本とか落としてしまうんですよね〜!!!

IMG_2204

↑この隙間ですっ!!!

携帯をそのまま置いて
下に落ちて壊れた〜!

っていう人を何人も見てます。。。
何か落ちても空港職員は知らんぷりです。
後で自分のものにするかも。

写真で見るだけだったら
「ケースに入れたら
良いんじゃない?」

と思うかも知れません。

しかし、ケースを取るには
何度も言いますが
列から出ないといけません。

わざわざ列から出ても
もとに戻れるので
取ってきた方がいいです。

また、ベルトコンベアーは
とても汚れています。
誰も掃除をしてません。
だから箱が大切。

カバンが真っ黒になります。

 

IMG_3222

 

荷物検査が終わると次は航空会社のカウンターへ

ここで搭乗チケットを
発見してもらいます。

時にはここに来るまでで相当
列に並ぶ必要があります。

この空港カウンターでも
長蛇の列が出来ることが多いです。
やはり2時間前の空港到着がお勧めです。
この航空会社カウンターで荷物を預けて
搭乗チケットをもらったら次は空港使用税です。

 

3,ターミナルフィー(空港使用税)750ペソ

 

出国時には必要な現金

国際線のカウンターの手続きを
終わらせたら出国ゲートに向かいます。

その出国ゲートの手前に
ターミナルフィーを払うカウンターが
あります。

ここで750ペソ(約1800円)を
ペソの現金で払います。

フィリピンから出国する際には
必ず750ペソを払わないといけません。
よってその分の現金を持っていないといけません。

他の国では飛行機代金に
含まれている場合が多いです。
しかし、フィリピンの場合は現地の
空港で支払います。

750ペソ分の領収書は無くさない

「750ペソも払ってるんだから
設備とか、効率とかもっとキチンとしてよね〜!」

って思っていました。
しかし、最近では少しずつ変わってきました。

IMG_3231
750ペソ分の領収書↑

これを空港チケットにホッチキスで
止められるので捨ててはいけません。
パスポートにスタンプを押す手前で
ピッとしてもらいます。

これは無くさないようにしておきましょう。

 

4,持ち出しは1万ペソ以内

荷物検査で財布を調べられる

フィリピンの法律でフィリピンから
国外へ現金の持ち出しは
1万ペソ(約2万5千円)までと
決まってます。

たまに、荷物のX線を通す時に
財布とかをチェックされます。

だからそれ以上は
持って行かないようにしましょう。

時には気分の悪い思いをすることも

以前の記事↓
フィリピンの空港で「お金くれ」と言われた時の対処方法

たまに空港職員から「お金をくれ」
と言われる時があるので注意です。
もちろん全く支払わなくていいです。

知識として身につけておくだけで全く違います。
自分の身は自分で守らないといけません。

 

5,空港Wi-Fiは使える

アジアで最も遅い国のWi-Fi

Wi-Fiスポットがあるだけまだ良くなりました。
以前は全く使い物になりませんでした。
今も尚、たまに切れます。
そして、かなり波があります。

LINEやメッセンジャーを
送信するくらいは出来ます。
TV電話だったり、何かをダウンロードするまでは
ほぼ出来ません。

日々の進歩を期待するだけです。

 

空港Wi-Fiの入り方

Freeと書かれたWi-Fiに入ればいいです。
何種類かありますがどれでも同じです。

「get connect」を押し進めていけば
Wi-Fiにつなぐことができます。

 

しかし、常につながる訳ではありません。
雨が降っていたり、曇だったりすると
繋がりにくいこともあります。
また、人が多かったら
なかなか繋がりません。

本当に必要な時は根気よく
試してみるといいです。
何かを入力することはないので簡単ではあります。

世界で一番遅いであろうWi-Fi国なので
仕方がありません。

セブ出国のまとめです

1,チケットは持っておくこと
2,荷物検査は2回ある
3,ターミナルフィーは750ペソ
4,持ち出しは1万ペソ以内
5,空港Wi-Fiは使える

家に着くまでが旅です。
最後の最後まで気を抜くこと無く
「ここは外国なんだ」
という意識を強く持って
帰国の途について下さいね。

家族やお友達、会社の上司や先輩たちは
きっとあなたが楽しんで帰ってくることを
期待しています

安全第一で。

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

t02200176_0800064113352271710

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

 

(Visited 33,384 times, 1 visits today)