フィリピン人ティーチャーのホスピタリティは圧勝 

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1846

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================
世界中の国に訪問をしてみると
その国々のホスピタリティ性に気付かされます。

イタリア人は店員の方が偉い!

タイ人は意外と愛想がない!

オーストラリア人はサービスのという概念がない!

その国々のスタイルがあります。

こういった国々を訪問するたびに、日本人と最も相性が良いのはフィリピンだとつくづく感じます。

 

タイはホスピタリティ溢れる国だと思っていた!

期待値が高すぎたタイ(プーケット)

タイは仏教の国です。
IMG_2375

みんなとても穏やか〜!!!
笑顔がいっぱい〜!!!
ホスピタリティ溢れてます〜!!!
と思っていました。

仕事をリタイアしたら
タイに住んでも良いかな
と思うくらい気に入ってました。

何より
「微笑みの国タイ!」
と言われているくらいです。

タイはいつも世界中からの
観光客でいっぱいです。
美味しい料理、寺院などの観光、
綺麗なビーチ、ホスピタリティ溢れる人たち。

僕はそういうところが好きで
もう10回以上も訪問をしています。

観光客慣れ、物価高のタイ(プーケット)

フィリピンを知らなかった時は
タイで満足していました。
しかし、最近ではフィリピンの
便利さにすっかり慣れてしまいました。

フィリピンと比較して
タイは高い〜!!!
この象に乗ったトレッキングは約7,000円↓
IMG_1814
30分間7,000円!!!

しかも、乗っている間
この運転手はずっと
「チップ、チップ、チップー!」
と言ってます。

僕達の前のお客さんがチップを
あげるのを見ていたんですが
20バーツ(約70円)を渡したら
お客さんを睨みつけてました。。。

20バーツ(約70円)じゃ不満だったんです。
乗っている時
「チップ、チップ、チップー!
100バーツ(約350円)のチップー!」
と言ってます。

この象だけかと思いきや
マリンスポーツ関係や他のアクティビティ
も全般的に高い。

どこかに行くのに
1人最低5,000円以上します。
最近のタイの観光客向け価格は
本当に高くなってます。

中には愛想のいい人もいますが・・・

何度も言いますが
僕はタイに10回以上来ていて
タイのことが好きです。

リタイアしたら住もうと
思っていたくらいですから。

優しい人も多いです。
親切にしてくれる人も沢山います。
IMG_1858

↑ツアーを売っているタイ人。
現地情報を親切に教えてくれます。

しかし、人はついつい価格とサービスを
比べてしまいます。

比較的高い価格なのに
愛想の無い人も沢山います。

「タイってもっと良かったはずなのに」
と思ってしまいます。

タイ→フィリピンでホッとする

 

フィリピン人のホスピタリティに癒やされる

フィリピン人は生まれつき
ホスピタリティを持ってます。

きっと大家族で育っている為なのか。
よく気がつく人が多いです。

・笑顔
・ホスピタリティ
・みんな穏やか
という点において
タイよりフィリピンの方が断然上です。

IMG_0786
(フィリピン人はプラスαとして「ダンス&歌好き」です)

フィリピン人はカメラを向けても
ニコニコとしてくれます。
写真を撮ったら
「Thank you」
って言われるくらいなんです。

どうにかして喜んでもらおう
という気持ちが溢れてる。
IMG_1383

嫌がる人はあまりいません。
外国人に写真を撮ってもらって
喜んでくれるんですよね。

物価も安いフィリピン

また安心するのは
物価の安さです。

レストランにしても
アクティビティをするに
しても馬鹿高いってことは
ありません。

大体、想定内の価格範囲です。
その中で交渉をしていきます。

たまに高級レストランがありますが
そこは事前に分かってます。
高級と言っても
日本のレストランより高くなることは
あまりありません。

接客を教えなくても出来る国民

笑顔を教える必要がない

世界中にレストランを何店舗も
持っているオーナーさんが言ってました。

「他の国の人は笑顔を
教えないといけない。
しかし、フィリピンは
教えなくても自然に出来る」

フィリピン人はサービス業に
とても向いていると思われます。
人件費の安さだけではなく
ホスピタリティや笑顔力が
そうさせています。

実際にフィリピン人は
世界中にサービスを提供しているんです。

・ナース
・ウェイター・ウェイトレス
・ベビーシッター
・ホテルの従業員
・客船のクルー

IMG_1760
(ドバイのウェイターさんもフィリピン人)

接客業にとても向いてます。

サービス業に向いていない国

反対に向いてないのはヨーロッパ人(と思います)。

IMG_7442
イタリア・ローマのウェイターさん↑

マルタの売店のお兄さん↓
IMG_7917

あくまで主観的ですが
東南アジアのフィリピンやタイの方が
接客は向いてます。

こっちがお店側に気を遣う
レストランってありますよね〜!?

ヨーロッパのレストランは
気を遣うお店が多かった。

まるでお客さんの方が
「食べさせてもらってる」
という感覚。

また、お店側は
「食べさせてやってる」
という接客のところが多い。

これは良い悪いではありません。
反対の意味では
とても誇りを大切にしている、
自国に自身があるということです。

良い悪いではなく
そういった違いがあるということ。

フィリピンはいつまでも居たい

フィリピンのレストランやホテルでは
「いつまでも居たいなー」
と思わせてくれる所が多い。

フィリピン人は本当に接客業に向いてます。
ここで
「自分が偉くなった」
と勘違いしがち。

決して偉くなったのではなく
彼らのホスピタリティが
とても良いということです。

接客を受けている僕達が嬉しそうに
していると、相手はとても喜んでくれます。

フィリピンは怖い?

笑顔がとても良い国

フィリピンは治安が悪いという
イメージが先行しています。
しかし、実際は笑顔がとても良い国です。

目と目が合った時
ニコってしてくれます。

日本人からしたら
「この人なんなの〜
なんか笑ってくるんだけど・・・
えええー!
ひょっとして私のこと好きなの!?」
って思われてしまいます。。。

男性が電車に乗ってて
女性と目が合ってニコってされたら
「おおお!
この人、自分にのこと好き!!!???」
って大きな勘違いをしてしまいます。

しかーーーしっ!

ただの挨拶です。
目と目が合ってニコってするのは
あなたに敵意はありませんよ
という挨拶です。

また日本人は表情に乏しいと言われます。
普通の表情だと
「怒っている?」
と思われてしまいます。

いつもニコニコとしていれば
それだけで
「He is approachable!
(あの人は気さくな人だ)」

って言われます。

フィリピンに来た時は積極的に
英語を使って話したら良いですね。
フィリピン人のホスピタリティに
大いに気付かされます。

IMG_1560

治安が悪い、怖い人が多いイメージ

残念ながらフィリピンの
イメージは決して良いとは言えません。

また、ドゥテルテ大統領が頑張ってますが
その頑張りがマスコミを通じて批判的に
捉えられる側面もあります。

確かに決して経済的に裕福な国では
ありません。
教育もまだまだ低い部分もあります。

しかし、英語を学んだり
観光で快適に過ごすのであれば
フィリピンは最適です。

海は綺麗。
物価は安い。
タイと比べても
十分に満足出来ます。

食事だけ他の国に劣りますが・・・

それを補っても十分なくらい
タイのホスピタリティや物価の
安さは素晴らしいです。

タイに行ってみて
フィリピンの良さを痛感しました。

誰かが「最後の楽園・フィリピン」
と言っていた理由がよく分かります。

ぜひ、訪問をしてもらいたい国です。

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 1,550 times, 1 visits today)