セブの空港使用税が廃止

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.2064

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================

セブから海外に出国する際に
「空港使用税850ペソ(約1800円)」
くらいかかっていました。

それが9月1日以降の購入分より空港使用税を含んだフライト費用となりました。

つまり、9月1日以降にクレジット決済などで支払った航空券は全て空港使用税が入ってます。

 

これでセブ国際空港で煩雑な手間がようやく1つ減りました。

たまに、この空港使用税を支払うところが長蛇の列になっていました。

出国の手順としてはこうです。

①空港に入るためにガードマンにチケット提示

②カウンターで荷物を預けチケット発券

③空港使用税を850ペソ支払う

④パスポートに出国スタンプを押してもらう

⑤荷物検査

⑥待合場所に移動

という工程でした。

 

それが下記のようになります。

①空港に入るためにガードマンにチケット提示

②カウンターで荷物を預けチケット発券してチケットにPAIDのスタンプを押してもらう

空港使用税カウンターで850ペソ支払う空港使用税カウンターでレシートをもらう

④パスポートに出国スタンプを押してもらう

⑤荷物検査

⑥待合場所に移動

 

空港使用税カウンター↓

 

空港使用税の案内↓

 

現在はまだ空港使用税カウンターで並んでレシートを受け取る必要があります。

その内、それもなくなってくるでしょう。

というのも、9月1日以降購入の航空券だけが空港使用税が含まれています。

9月1日以前に購入されている航空券もたくさんあります。

この移行期間が1年間ほどあるようです。

 

実はこの空港使用税の支払いがなかなか面倒なものでした。

この空港使用税は現金しか受け付けません。

たまに、ペソを全額使い果たした人がいます。

そういう人はドルか円で支払わないといけません。

 

また、これが並んでいるんですよね。

処理をしている女性が1〜2人いるんですが、2人でやっている場合、ずっとおしゃべりしてます。

おしゃべりに夢中になって手が止まってしまうんですよね。

 

フィリピン人の特徴の1つとして、おしゃべりしている間は手が止まります。笑

スーパーのレジ、空港の発券カウンター、レストランのスタッフ、そして空港使用税カウンターの人。。。

全然、行列を気にしてない。

 

これが個人だけだったらまだ良いんですが、団体で10人以上の分を1人が支払う場合もあります。

そんな時ってとても面倒です。。。

後ろに並んでいる人にも申し訳ないです。

 

しかも、空港使用税をキャッシュで払う空港ってセブくらいなものです。

マニラ空港もかなり前より航空券に含まれています。

他の都市も同じく。

 

セブだけが乗客が面倒な手間をかけなければなりませんでした。

それももう終わりです。

今はレシートを発券してもらうという手間がありますがあと少しの辛抱ですね!

 

空港は更にIT化が進み、ますます便利になっていった方が良いですね。

最先端の空港は香港です。

香港は荷物預け入れや発券も機械で行います。

↑こちらパスポートをかざすとチケットとバゲッジクレームのシールが出てきます。

全て機械と自分で行います。

 

機械だから多くの設置が出来ます。

おかげで並ぶことはほとんどありません。

こういった機械が20台くらい並んでいるんです。

 

人が20人となると大変ですが、機械の場合は管理もマネジメントも楽ですからね。

世の中、本当に変わってきてますね!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 121 times, 1 visits today)