フィリピン人英語は訛っていますっ!

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1871

まず、結論から言います。

「訛りを気にする前に
まずは自分がキチンと話せるか?
考えていることを英語で相手に伝えられるか?」

先日も言われました。

「フィリピン人の訛りってどうなんですか?」

それを言う前に、まず
自分がそこまで英語を話せるかどうかです。

=====================

明るくっていつも笑顔でいてくれる
フィリピン人ティーチャーたち!

そんな彼らについて
よく聞かれることがあります。

「フィリピン人の英語って
どんなレベルなんです?」

英語留学に行くからには
確かにフィリピン人の英語のレベルって
気になるところです。

そこで今日は

・本当にフィリピン英語は
訛っているのか?
・訛りってそもそも何なのか?
・どんな弊害があるのか?

についてまとめてみました。

 

フィリピン英語の現実

まずビデオをご覧ください

下に出てくるのは
First English global Collegeの
ティーチャー達です。
百聞は一見に如かずです。

ティーチャーHANILIN(ハニリン)↓

いかがでしょうか?
「学校の宣伝用に撮るんだけど、
普通に話してもらっていいよ〜!」
ってお願いをしただけす。

「キレイな英語で
話さないといけない!」
と特に意識をした訳ではありません。

このビデオを見ている限りでは
それほど訛りは感じません。

実際に訛っているのか?

フィリピン人の英語には
訛りがある人もいます!

そもそもフィリピン人は
英語が母国語ではありません。

ネイティブ・スピーカー
ではない。

しかし、訓練を受けている人は
本当に綺麗な英語を話してくれます。

大学を出ている人と
セカンダリースクール(高校)
卒業の人では全く違います。

フィリピン人というのは
小学校から英語で授業を受けます。

だからほとんどの人が
話せ、書け、聞けます。

しかし、教育課程によって違います。

フィリピンの言語は何か?

フィリピンの元々の言語は
地域によって違います。

マニラ→タガログ語

セブ、ダバオ→セブアノ語

イロイロ→イロンゴ語

タガログ語を国語として勉強しています。
それ以外の教科は全て英語で行われるんです。

小学校から一日中
英語漬けです。

しかも、その中でも
英語のティーチャーとなるべく
勉強をしているような人は更に英語を磨きます。

フィリピン人は英語と親しい

フィリピンは英語の環境です。
全ての契約書は英語です。

タガログ語での契約書ではなく
全てが英語になります。

また、映画も英語そのままです。
字幕スーパーはありません。

フィリピン人は
字幕無しで映画は
完璧に理解出来ます。

家でも英語で会話をしている家庭もあります。
それだけ英語を重要視しているということですね。

 

そもそも訛り(なまり)とはどういったものか?

 

日本語にもある「訛り」とは?

TVで話されているような
言葉以外のことを訛と言います。

僕は神戸出身なので
関西弁を話します。

もっと西に行くと博多弁があって
更に行くと鹿児島や沖縄の言葉があり、
僕達には理解出来ません。

それらは全て訛っていると言います。
という事は、僕たちはほとんど訛っています。

英語の標準語とはどこか?

どこの言葉を持って
英語の標準語と言うのでしょうか?

ここにとても分かりやすいまとめがあります↓

英語が世界共通語となった今、
米英以外の人との英語の会話の方が多い人もいるのでは。

そうであれば、インド訛り英語や中国訛り英語に慣れた方が
仕事の役に立つ場合があるということだ。

そもそも、訛り(=アクセント)はあって当たり前。
完全に無くそうと無駄な努力はしなくていい。

でも、アクセントがどんな風に
違っているのかに気づくと
英語力はぐっと伸びる。

つまり「訛り」とはそもそもなぜ出てしまうのか
と考えることが英語の(そして日本語の)新たな発見と
英語力の強化につながる。

「訛りのない英語」なんてそもそも存在するのだろうか
と自問することになるはず。

NAVERまとめ・英語の各国の訛り・発音・アクセントが分かる動画まとめ 

 

つまり、色んな国が世界にはあって、
それらの国の人がそれぞれの英語を
話していると言うことです。


オーストラリア人
イギリス人
カナダ人
アメリカ人
彼らのことをネイティブという言い方をします。

それぞれの発音の訛りがあります。

国々によって母音の発音の仕方は
全く違います。

特にオーストラリアというのは
僕には本当に分かりづらかったです。

僕の場合はカナダの英語は
とても分かり易かった。

カナダは理解し易いけど
オーストラリアは難しいという人がいます。

反対にイギリスやオーストラリア英語は分かり易い
という人もいます。
つまり、その国に慣れるかどうか。

将来、どこに住むのか?
また誰と英語でやり取りする分からない
という人は訛りは気にしなくても良い。

それよりもむしろ自分が話せないこと
簡単な英語を聴いて理解出来ないことを
改善していくほうが先です。

たまにこういうお母さんがいます。
「自分の子供には小さい時から綺麗な発音を聞かせたい。」
確かに欧米の発音に慣れさせるのは
良いんですが、それをずっとやり続けないと
あまり意味はありません。

予算の都合上、部分的に2週間や3週間だけ
アメリカに行ってもあまり効果的ではない。

それよりも永続的にフィリピンに年に数回
来られる方が遥かに効果的です。

フィリピンなら安いので年間を通じて
来ることが出来ます。

そのようにしてまずは
自分で聴けて話せることです。

その国々のアクセントや訛は
話せるようになってから気にしたら良いです。

 

 

日本人の英語はどう聞こえるか?

思いっきり訛って
聞こえるようです。

例えばインド人の英語は
聞き取りにくいと言われます。

それと同じくらい日本人の英語
も聞き取りにくいものです。

Rの発音が出来ないですからね。

しかも、日本人の場合は声が小さい。

自分の英語に自信を持っていないので
余計に聞き取りにくい。

インド人は自分の英語は
完璧だと思っているようです。。。

自信満々なのでまだ
聞き取りやすいかも知れません。

日本語は抑揚がありません。
アクセントやイントネーションが無いので
最初から最後まで語気が強い。

よく「単調」と言われます。

英語は全く反対でアクセントやイントネーションが
明確にあります。

日本語とは全く違う点です。

 

映画を字幕なしで理解出来る英語力

 

映画を字幕なしで観る英語力

日本人の英語の目標として
「映画を字幕なしで観たいです!」
と言う人もいます。

素晴らしいです。
そして、とても高い目標です。

TOEIC満点でも英語を字幕なしで
全てを理解することは難しい。

と言うのも、アメリカなどの英語は
・スラングがある
・地方の発音がある
・ヒゲのおじいちゃんが
何を言ってるのか分からない
という理由です。

日本の映画でも同じです。
高倉健のボソボソという話し方。

日本人の僕達からしたら
「かっこいいー!」
となります。

しかし、日本語ネイティブではない人たちからしたら
何を言っているのか分かりません。

不明瞭です。

つまり映画は難しいということ。

そんな難しい映画をほとんどのフィリピン人は
すらすらと理解します。

「私、英語が嫌いです。
苦手です。」
と言うフィリピン人もいます。

例えばFirst English Global CollegeのIT担当のKEN↓
IMG_2085

彼は英語が苦手と言います。

普段、あまり話さないらしい。

英語が苦手と言いながら
観る映画やTVは全て理解しています。

昔から英語の映画やTVを
観ながら育ってきました。

英語との生活は切り離せません。

フィリピンは正式な文章は
全て英語で書かれています。

それに街中、英語で溢れています。

ほとんど全員が英語を話すことが
出来る国がフィリピンです。

 

英語が上手な人は良い未来がある

「Better English Better Future!」
IMG_4391
↑このTシャツに書かれている言葉。

「英語が出来たら
もっとマシな未来がある」

だから彼らは必死で英語を勉強しています。
英語が得意な国民が更に英語を勉強しています。

IMG_0794

ティーチャーになってからも
勉強会を行ってます。

発音、文法、言い回し、語彙を
高めて行く為です。

英語が立派に話せたら
就職する機会が増える。

国外に行って教えることが出来る。

フィリピンの失業率は
推定50%?
くらいあると僕は見ています。

人口の半分が仕事がなくて困ってます。
そんな中、英語が出来ると未来の扉が
大きく開けてきます。

・アメリカ在住の企業のコールセンターが
世界で一番多い国フィリピン
・看護師として世界中に出稼ぎに行ける
・英語のティーチャーとして仕事には困らない
・世界に出稼ぎに行くには英語が必要

よって、フィリピン人は
国を挙げて英語を高めていこうとしています。
そのことは誰もが肌で感じています。
だから英語オンリーのご家庭もあるくらいです。

 

フィリピン訛りのまとめ

僕自身が今でも英語の授業を
First English global Collegeで受けています。

その結果、英語が話せるようになりました。

僕自身、フィリピン人訛りというもので
困ったことがありません。

それよりも遥かに高いメリットが
フィリピン留学にはあります。
・マンツーマンレッスン
・安い留学費用

日本人で「フィリピン訛り」という人がいますが
これからもっとグローバリゼーションとなっていけば
全く気にならなくなります。

それよりもむしろ、英語が話せないことの方が
デメリットになっていきます。

フィリピン留学で訛を
気にしている人がいるのであれば
それよりもまずは話せるようになることが先決と
考えた方が英語習得の近道になります。

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 19,129 times, 1 visits today)