フィリピン留学で学ぶ!日本語から英語への「言い換え力」で伝わる!

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1925

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================
頭の中で日本語がふっと浮かびます。
その日本語をそのまま英語で伝えようとする時があります。

しかーし!
なかなか同じ英語が見つかりません!!!

日本語と同じような言葉って
なかなか見つからないものです。

僕達は日本語がとても上手です(笑)
その日本語って上手なだけに難しいものです。

その難しい日本語と同等の英単語を見つけようと
ついついしてしまいがちです。

 

そこで登場してくるのが
「言い換え力!」
です。

難しい日本語から簡単な日本語に瞬時に変換
する能力が必要です。

 

どうして中学英語すら出てこないのか?

 

中学英語で十分

巷の本屋さんでは
「英会話は中学英語で十分!」
というようなタイトルの本が山積みされています。

その通り!
中学英語で十分です。

英語を話すことに少しでも
意識のある人は少なからず知っています。

日常会話は難しい単語や内容は必要ない。
中学生のレベルで十分です。

実際に使っている会話は難しいものではありません。

 

なかなか英語が出てこない!

人はこう言うんです。
「なかなか英語が
出てこないんですよね〜!」

中学英語をマスターしている人でも
同じように英語がなかなか出てこないと言います。

確かに分かります。
僕も言いたいことが出てこない時ってあります。

そんな時、頭の中は
「日本語→英語にダイレクトに変換」
しようとしています。

そもそもここに問題があるんですよね。
そのままダイレクトに英語に変換
しようと思うから英語が出てきません。

 

英語がペラペラ=変換力を持っている

 

変換を上手にしている

特に海外に住んでいる日本人の英語は
上手に言い換えをします。

 

先日、ドバイに行った時のことです。
いろんな企業をアテンドしてくれるガイドさんをお願いしました。

ガイド役の彼女は旦那さんがイタリア人で
ドバイに住んでいる方です。

IMG_1819

そのガイド役の彼女にラーメンについて聞きました。

友人
「そもそも、ここドバイに
ラーメンを食べる文化ってありますー?」

 

そのガイドさんが現地の人(運転手)に
英語で聞いてくれました。

「Do you eat Noodle

 

とっても簡単っ!!!

 

確かにそれで意味は通じます。
正確に英訳をするとこんな感じです。

「Anyway, do you have a habit
to eat noodle here in Dubai?」

日本語をそのまま英語に約したら難しい。
しかし、簡単な文章に変換した方がすっと出てきます。

これは僕が肌で感じたことなんです。
本に載ってました↓

なるほどなっていうことが沢山書いてました。

フィリピン留学で変換上手になる

 

フィリピンで英語を勉強してくると
ついつい難しい言い回しを使いたくなります。

しかも、自分の言いたいことをそのまま
英語にしたがります。

そして、なかなかすんなり出てこなくて
自分の英語力に失望します。

もっと簡単にしたらOKです。

まずは本質のみ伝わったら良いので
変換力を上げていくことが正しい英語の学び方です。

それが第一段階です。
そのまま日本語を英語にするのは
次のステップで良いです。

変換力の付け方

 

一文を短く話す

日本語だとついつい長文で考えてしまいがち。
それを細切れにしていきます。
すると随分と簡単に変換しやすくなります。

例えば下記の文章↓

「みんなのがんばりが素晴らしいから
我が社の業績はうなぎのぼりです。」

本当なら下記の文章で言いたいところです。

「Since you show an awesome performance,
our company’s achievement is going up rapidly.」

 

しかし簡単な文章で言い換えます。

「You work so hard!
So, our result is very good!」

とっても簡単です。
細かい部分が伝えられていないですが
言いたいことの主旨は伝えられています。

ただ、十分に伝わったと言えます。
ついつい長くしがちな一文を短くして
相手に伝えていくことです。

 

こういった文章にはwhichやthatで
文章をつなげたりしません。

まずはシンプルな言い換えが出来ることです。
すると英語ってもっとスムーズに出るはずです。

 

まさに自分が5歳児になったつもりで
物事を考えていけば英語が出やすくなります。

よく英語で物事を考えていると言いますが、
案外、簡単な日本語で物事を考えている場合が多いです。

 

自分の言いたいことを簡単な
日本語にする→それから英語にしてみる。

このプロセスを無意識に出来るようになるまで
やってみることです。

 

慣れたら長くする

 

最初から難しく考えて長い文章で言おうとするので
ついつい頭が混乱します。

また、聞いている方も疲れます。
しかも、長ければ、長いほど
きちんと正しく聴きとってくれません。

 

最初は小学生レベルで十分なので
短文、短文を頭の中で作っていくことです。

その内、慣れてきたら
どんどんと文章を長くしていけばいいです。

例えば副詞を入れてみるとか
to不定詞で修飾をしてみます。

 

しかし、最初は短文で短く伝えていければいいですね。

 

英語はあくまでもコミュニケーション・ツールです。

相手に自分の意思を伝えて、
相手の意思を理解するためにある道具です。

この簡単にする言い換え力をフィリピンでつけましょう!!!

伝わればまずはOKです!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 1,144 times, 1 visits today)