フィリピン留学で語彙を増やす!英語も言葉を変えることで人生が変わる

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1599

フィリピン留学では多くの単語を覚えることが出来ます。
中でも、とても便利な使い方を覚えることが出来ます。

また、覚えた単語をそのまま授業中に
使ってみると、段々と単語が定着していきます。

フィリピン留学は新たな単語や、新たな使い方を
定着させるとてもいい機会です。
どんどんチャレンジしてもらいたいです。

 

フィリピン留学で使える単語の一例を挙げてみますね。

これ↓ 僕の愛読書です。
IMG_5965

とっても分かりやすい。

単語の効果的な使い方が書かれています。

 

一言を変えるだけで相手への伝わり方が違ってくる

 

share

この本の一番最初に書かれている単語がこれです。
意味は「共有する」という意味です。

 

この単語は僕も本当によく使うんですよね。
特に人前でスピーチをする時には

「Today I would like to tell you about our purpose.」
(今日は目的について話したいんです)

という使い方より
「Today I would like to share with you about our purpose.」
という方が伝わりやすくなります。

 

tell→share

に変えるだけで相手への印象が違ってきます。

 

challenge

 

このchallengeという単語もとても使えます。
僕は好んで使ってます。

 

「課題」という意味で使ってます。
「We have a problem.」

という言い方より

「We have a challenge.」
と言っている方が前向きな感じがして
とても爽やかです〜!

 

 

リーダーは言葉の選択が大切

 

同じ内容でも言い回しを変える

 

「それは問題だね!」

って言うよりも
「それは今後に向けた課題だね!」
って言う方が前向きです。

 

いつも前向きな言葉が大切です。
それは英語でも同じなんですよね。

 

「出来ない」「無理」というネガティブな言葉は
自分の人生を暗い方向に向かわせます。

可能思考の言葉を使っていくことが大切ですよね。

 

リーダーの言葉のニュアンスで
いろんなことが随分と変わってきます。

リーダーじゃない人は世の中にはいません。
みんなそれぞれがリーダーです。

 

まず、自分自身の人生のリーダーであります。
次に家庭の中でリーダーです。

自分の気持ち次第では職場でもリーダーになれます。
そのリーダーの言葉はとても大切です。

 

言葉が人生をつくっていく

IMG_6051

 

言葉が心を作っていくんですよね〜!!!
前向きな言葉が良い人生を作っていくんですよね。

 

実は言葉には大きな力があります。

 

英語でも日本語でもロシア語でもスワヒリ語でも
どんな言葉にも力があります。

 

ネガティブな言葉を使うとすると、
それを一番最初に聞くのは自分です。

自分の口と一番近いのが自分の耳です。
自分の言葉が自分の脳を洗脳していくんですよね。

 

だからむしろいい言葉で
洗脳をさせていく方がいいんですよね。

 

いい言葉を使っていくと人生が変わってきます。
もし本当に人生を変えたかったら言葉を変えてみることです。

 

文句を言うのではなくその人を1回褒めてみる。
妬むのではなくその人を目標にしてみる。
責めるより認めてみる。

 

そういう言葉を自分で作っていくことが大切です。

 

フィリピン留学では効果的な言葉を使ってみる

 

言葉が大切というのは
英語でも同じことが言えます。

ネガティブな言葉より心のあるイメージが膨らむような
言葉を使っていくことが効果的です。

 

talkよりdiscuss

 

talkはただ話すだけという感じです。
discussを使うことで
「話し合って良い物を作っていく」
という意味合いが含まれています。

僕はこのdiscussを結構使います。

 

makeよりもgenerate

 

make→作る
generate→創る

こういうイメージがあります。
だから僕はmakeよりgenerateの方が好きです。

 

 

make a new idea(新しいアイデアを思いつく)
というより
generate a new idea
の方が創造的なイメージがします。

 

 

make sales
(売上をつくる、販売をする)

というより

generate revenue
(収益をあげる)
の方が深みがあります。

 

 

respondよりaccomodate

 

respond→(ただ単純に)対応をする
accommodate→(相手に要望に合わせて)応える

 

「お客様におもてなしを持って対応していこう!」
という場合こういう言い方が出来ます。

We accommodate our customer with hospitality.

 

フィリピン留学の際には
こういった言葉をたくさん使っていければいいですね!

 

フィリピン留学を機会に言葉を変えることで人生が変わる

 

せっかく夢に向かって来ているフィリピン留学。
いろんなことにチャレンジした方が良いです。
変えられるなら前向きな言葉にした方がいい。

言葉を変えることで
人生が変わっていきますからね。

ちょっとした工夫で創造的な言葉になるし、
やる気も変わってきます。

しかも無料で出来ます!!!

大きく違わないかも知れないですが
こういったことの積み重ねが
人生を決めていくんだと思います。

(Visited 670 times, 1 visits today)