フィリピン留学生は絶対に乗ってはいけない!フィリピンのバイク・タクシー

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.2105

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================

本多のInstagramアカウントはこちら→Instagramページ
(ぜひ、フォローしてくださいー!)

フィリピン・セブでバイクタクシーというのがあります。

正式なドライバーはゼッケンを付けてます。

しかし、登録せずに、ただ小銭を稼ぎたいという感じでやっている人も多い。

そういう人たちはゼッケンどころか
ヘルメットもかぶってません。

 

そして、外国人の僕たちが値段交渉をするとふっかけてきます。

「いくらなんでもそれはないよ」
というような金額を言ってきます。

まあ、そこはフィリピン。

交渉を上手にして行ければいいですね。

 

基本は安いバイク・タクシー

img_7049

バイク・タクシーは安いけど、とっても危険

 

こういうバイク・タクシーですが
大通りは危険です。
絶対にやめたほうがいい。

バイクでの事故は本当に絶えません。

日本でもバイクで事故をすると危険です。

車の事故と違って被害が大きくなります。

大怪我をする可能性がとても高いです。

実はつい先日まで日本で1,200ccのバイクを
買おうと本気で思ってました。

免許?

もってないのでまずは中型、そして大型のバイク免許が必要です。

それが取れてようやくバイクに乗れます。

日本のショッピング・モールでたまたまBMWのバイクを見かけました。

その時
「かっこいい!!!」
と惚れてしまったのがきっかけです。

しかし、よくよく考えてみたらやっぱり危ない。

万が一のことがあったら、路頭に迷う人も出てくるので、安全に生きます。笑

自重しました。

しかし、日本は免許が細かく設定されているので、取得するのにも一苦労ですよね。

フィリピンの交通事情

信号や交通ルールはあまりありません。

あっても無いに等しいです。

だからセブシティなど都市部で乗ることは絶対にやめた方が良いです。

 

先日もフィリピン人が両足を切断するという悲しい事故がありました。

フィリピン留学の生徒さんたちは、せっかく楽しみにセブに来ているのに
わざわざ、そんなリスクを背負う必要はありません。

 

何度も書きますがフィリピン留学のように、短期で来ている人は
バイクはやめたほうが良いです。

 

安いですが、タクシーでも十分に安いです。

初乗り100円くらいです。

それくらいの金額であれば安全なタクシーが良いですね!

 

僕は近隣で乗車

ドライバーがスピードを出せないような近隣であれば僕はたまに乗ります。

ほとんど車が通らないような裏道です。

 

しかも必ず
「Please slowly slowly」
と言って運転してもらいます。

まっすぐの距離だったり車があまり通らないような田舎道。

こういうところだったらかえって便利ですね。

 

バイクもあまりスピードを出すことが出来ないので安心できます。

快適です。

ただ、生徒さんには決してお勧めしません。

価格の決定

img_9290

ふっかける理由

このバイク・タクシーですがたまにふっかけてきます。

本多「◯◯まで行きたいんだけどいくら?」
って聞くと

ドライバー「200ペソ(500円)」

本多「何を言うてますの?
その料金だったらタクシーよりも高いやん!」

しかし、どれだけネゴをしても譲りません。

その時分かりました。

「はっはー! なるほど!!!
どうやらこのドライバーは
そこまで行きたくないんだな。」

行きたくない理由は
①お腹が空いた
②お腹が痛い

③彼女と待ち合わせしてる
④免許を持ってない
⑤眠たい

のどれかです。

先日は
「④免許を持ってない」
ということでふっかけてきました。

しかも笑顔で。。。

「おれ、免許持ってないんだ。
だから、そこまで行くのはリスキーなんだよ。
だから高いんだ!」

完全に日本の常識から逸脱してます。笑

そもそも免許を持ってなかったらバイク・タクシーなんかしたらダメだよ!
って思うんですが、ここはフィリピンです。

 

ふっかけられた時の対処

 

潔く諦めましょう。

相手は行きたくないんです。

別のドライバーを探すかタクシーを待った方が良いです。
フィリピンでタクシーやバイク・タクシーに乗る時の心得として

「ドライバーの行きたいところにしか行かない」

これ常識です。

タイでも中国でも同じ。

だから行きたくないところに無理やり送らせることは出来ません。

あまり怒っても仕方のないことです。

乗車拒否で怒るのは日本人だけですからね。

フィリピンではそんなことでいちいち怒りを露わにしていたら精神が参ってしまう。

「はははー
そうなんだ、いけないんだ〜
OK Thank you!」

くらい言っておけば良いです。

 

何度も言いますがバイクは基本的には危ないです。

バイクは2輪なので転倒します。

そうなった時に大怪我をするのは自分です。

観光や留学に来ている人には絶対にオススメ出来るものではありません。

そこで生活をしていたらどうしようもない時ってあります。

自己責任です。

しかし、留学生はわざわざそんなリスクを背負う必要もありません。

ぜひ、バイクタクシーは避けましょう。

海外ではまずは安全で、そして楽しい生活を送ってくださいね!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 4,659 times, 1 visits today)