フィリピン留学で英語はアウトプット中心の訓練へ

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1611

日本人が英語を勉強する場合に
圧倒的に足りていないものがあります。

それはスピーキングです。
文法などは世界トップレベルです。
必要のない英文法まで知ってます。

そこで素晴らしい!
しかし、しかし、残念ながら
スピーキングが弱いです。

それも仕方のないことなんですよね。
アウトプットの時間が日本では本当に少ないから。

 

日本では英語を使う機会がない

 

どんどん忘れてしまう英語

 

英語をマスターした人が何年も日本にいたらこう言います。
「日本では英語を使う機会がないから
どんどん忘れてしまうんだよね〜!」

昔、アメリカの大学を卒業した人でも
どんどん忘れてしまうらしいですね!
それくらい英語を使う機会が日本にはありません。

 

だから日本で英語を勉強する場合は
かなりの努力が必要になってきます。

 

英語は語学です。
だから使っていくことで
初めてその能力が向上していきます。

しかし、残念なことに
日本では英語を使う機会がないので
スピーキングの脳力はなかなか向上しません。。。

 

アメリカで4年間留学した人でさえ忘れる英語

僕の友人で仕出し弁当屋さんの社長さんがいます↓IMG_4380

彼は大学時代、
アメリカに4年間留学していました。

必死に勉強した甲斐があって
英語でのコミュニケーションに
困ることがない位になりました。

 

アメリカで車の運転をして
自由にアメリカ大陸を乗り回していたくらいです。

 

まさにアメリカをまたにかける男!!!
だったんですよね。
(金髪の彼女が出来たとか出来ないとか・・・)

 

性格すらアメリカ人になっていったらしいです。

 

そんな彼が日本で親の跡を継いで
社長として10年以上経った今
英語が全く話せていないらしいです。

相当、忘れてしまったとのことです。

仕出し弁当屋さんは思いっきりドメスティックな仕事。
英語で使うのはAセット、Bセットくらいなもの。

彼が言うには
「もったいないけど、
会社経営をするんだから仕方のないことだよ。」

 

せっかく思いっきり勉強をして身につけた英語でも
日本ではその能力を維持するのは難しい。

 

帰国子女でさえ英語の維持が難しいのであれば
日本で生まれ育ち
ずっと日本にいる僕達には
至難の業となることでしょう。

 

彼も英語に囲まれている環境だったら別ですが
使う機会がありませんでした。

 

元の日本人らしい日本人に戻ってしまったんです。。。

 

勉強の仕方をアウトプットに変えるのがフィリピン留学

 

英語はインプットの勉強と思いがちですが
実は僕達の課題はインプットではありません。

だからインプットの勉強をするのではなく
アウトプット中心の勉強に
変えていくほうが効果的。

それが思いっ切り出来るのがフィリピン留学です。
ティーチャーは30%話して
生徒は70%話すようにしています。

だからアウトプット中心のフィリピン留学が良いです。

 

欧米留学で最も足りていないのはアウトプット

 

オーストラリア留学やカナダ留学を
見てきましたが、最も足りていないのはアウトプット。

ある意味、仕方ないんですよね。
ティーチャー1人が15人〜20人の生徒を教えます。

だから、1人、1人の相手を
している時間はありません。

インプットの連続の授業になります。
質問をしたり発言をすれば良いと言いますが
なかなか日本人には出来ません〜。

しかも、質問や発言をしても
そんな量ではまだまだ足りません。
だから欧米留学に行っても
話すまでに時間がかかる訳です。

 

今、自分が持っている英単語を
使いまわせるくらいのアウトプットの訓練が
無いのも悲しい・・・

 

基本的に語学はコミュニケーションツールです。
お互いの意思疎通を図るためのものです。

しかし、その場がせっかくの欧米留学でもないので
マスターするのに時間がかかるんです。

 

日本で英語を使いたい時どうしたらいいのか?

 

外国人の友人をつくる

 

最近では多くの外国人が日本を訪問してくれています。
ちょっと有名な場所に行くと外国人だらけです。

東京には本当に多くの外国人がいます。
「ここは外国か?」
と思うほどです。

 

コンビニに行くと
従業員も外国人、
お客さんも外国人だらけ。

この変化は凄いです。

 

しかし、普通の生活をしていたら
そういう観光客とも話す機会はそうそうありません。

 

たまたま話しかけられるのを待つだけ!

 

英語の留学から帰ってきた人が
こう言ってました。

「日本で街を歩いてたら
外国人に話しかけられたんですー!
そこでキチンと受け答えすることが出来ました!
うれしー!」

すごい!
確かに、物怖じすること無く
受け答え出来ることが出来たのは凄いです。

 

ただ、日本では
それくらいしか英語を使う機会がない!!!

たまたま外国人に
道を聞かれるくらいしか用途がないっ!

 

これは英語を勉強している日本人にとってはとても大きな問題です。

 

本格的に英語を使うならオンライン英会話

 

お金をかけてでも英語を話す機会を作る必要があります。
そこで効果的なのがオンライン英会話スクール。

普通の日本人の場合、
日常生活においては
完全に英語を使う機会はありません。

だからスカイプを使った
オンラインでアウトプット
していければいいんですよね。

 

良質なオンラインは50分が1レッスンです。

多くのオンライン英会話が25分ですが、
少し短すぎるんですよね。

集中してきたら25分なんてあっという間。

せっかく英語に集中したんだから
50分間はやりたいところです。

なんと言っても1,000時間の
勉強量が必要ですからね。

これを毎日続けていくことが大切です。

しかし、オンラインのみのアウトプットでは足りないんです。

 

やっぱりフィリピン留学でアウトプット

 

飛行機でたった4時間半

 

英語は話してなんぼです。
自分の意見を英語で話してこそ価値が出てきます。

 

飛行機で4時間半行った場所
フィリピン・セブが
英語のアウトプットが最適!

 

手前味噌になる訳ではないですが、
フィリピンほど英語アウトプット出来る場所はありません。

 

アウトプットの量
世界でナンバーワン!!!

 

フィリピンの宣伝をしている訳ではなく
色んな海外に行った僕が
心から感じていることです。

フィリピン英語留学が日本人にはピッタリということです

 

フィリピンは英語の先進国

 

フィリピンはどこに行っても英語が通じます。
英語で全ての会話をしている人も沢山います。

また契約書などは全て英語表記。
よってほぼ全員が英語の読み書きが出来ます。

 

まさに英語の発展途上国の日本と先進国のフィリピンです。

 

発音よりアウトプット優先

 

フィリピンはアメリカン・アクセントです。

アメリカのコールセンターが
世界で一番多く存在する場所。
だからアメリカン・アクセントが徹底されています。

特にコールセンターで働いたことのある人の
アクセントはとてもキレイです。

 

中にはフィリピン訛りがある人はいます。

しかし、訛りというのはどこの国にもあります。

同じネイティブでも
オーストラリアやニュージーランドは
独特な発音をします。

イギリスも同じくアメリカの英語とは違います。
また、シンガポールはシングリッシュと言われるほどです。
インド人の英語は僕にはあまりよく分からないくらいです。

 

では、一体、どこの国がスタンダードな英語なのでしょうか?

 

スタンダードな英語の発音というのはありません。
算数のように公式があって答えがある訳ではないんです。

英語はコミュニケーション・ツールです。

 

世界的に見てみるとスタンダード・イングリッシュというのは存在しません。

 

TOEICでさえ、
オーストラリア、カナダ、アメリカ、ブリティッシュイングリッシュと
分けられているくらいです。

しかも、ここ最近では英語を話す人口が増えており、
ネイティブと呼ばれる人はたったの22%にしか過ぎません。

そんな中でどこの国がスタンダードな英語なのでしょうか?

 

英語の本質が分かってない人が言うセリフが「ネイティブの方がいい」

 

たまに
「フィリピン人はフィリピン訛りの英語を話す。」
「ネイティブ・スピーカーの授業の方が発音が良い。」
という人がいます。

 

「ああ、まだ英語の本質を分かっていないな〜

英語はコミュニケーション・ツールなので
発音の訛りの問題じゃないのに」

 

しかも、初心者には訛りは関係なく、
それよりもマンツーマンで一刻も早く
アウトプット訓練をする必要があります。

「初心者の内からキレイな英語を触れさせたい」

という意見を聞いたことがありますが、
キレイな英語と汚い英語ってないんですよね。

 

キレイな英語というのは
一体どの国の英語なのでしょうか。。。

 

イギリス英語なのか、
アメリカ英語なのか、
オーストラリア英語か分かりません。

 

「キレイな英語を触れさせたいから
アメリカ留学に行かせる」

と言っていつまで経っても話せない人は沢山います。

だから日本人はいつまで経っても
英語が話せるようにならないのです。

安河内哲也先生もそう言ってました↓
IMG_4957

 

英語を話したければアウトプットの訓練を中心に

 

日本で最も難しいアウトプットの訓練。
単語を覚えたり文法の勉強は全てインプットです。

しかし、英語の勉強をするなら
アウトプットを自分で意識的にすることです。

インプットばかりの勉強だったら疲れますからね〜!

 

英語はあくまでもコミュニケーション・ツールなので
そのことをいつも意識して勉強をしていきたいですね!

 

とにかくアウトプットです!!!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 711 times, 1 visits today)