日本で英語を使う機会を自ら創る

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1591

 

日本で英語を勉強する時
「英語を使う機会が少ない!」
という壁にぶち当たります。

せっかくフィリピン留学で英語を勉強して
日本に帰国しても外国人が周りにいません。

自分が習得してきた英語を使う機会が
それほど多くはありません。

しかし、外国人って案外身近にいるものです。
地方都市でも探せば見つかります。

今回は日本での英語の先生アランと
餃子を食べに来てます。

 

アランはとても個性的だけど、
ビジネスに熱中しているので話が合うんですよね。

 

日本で英語を勉強してます

 

以前は日本でも彼から英語を習ってました。
ただ、今は時間がとても取れないので
習ってません。

しかし、英語を忘れると困るので
アランと一緒にビールを飲みに行ったりします。
(もちろん全て英語です)

実は彼とは家が近所です。

 

一緒に出かけたそのお店は繁盛店でした。
平日の19時にはもう満員です。

ここでビックリしたことがあります。

アランはこのお店のお客さんの
ほとんどの人と挨拶をしてます。
彼は友達がとても多いんですよね〜!!!

 

実は、アランはこの地元の有名人でした〜!!!
出身はアイルランドです。

 

なぜか日本人以上に
日本の大衆に溶け込んでいるんですよね。

18歳で日本に来て、
東京のバーで働き始めて、
いろんな苦労をしたとのこと。

当時は日本語が話せませんでした。
しかし、今ではペラペラ。

そんな彼が今では
広島で英会話スクールを経営しています。

これから英語の需要はどんどん広がっていくので
とても良い立ち位置にいます。

 

また良い意味でのビジネスマンなので
色んなアイディアが次々と出てきているんですよね。

だから話をしていて楽しい。

 

日本にいたら英語ってなかなか使う機会がない

 

普通に暮らしていたら
英語を話す機会って無いんですよね。
ゼロと言っても過言でないくらい
英語を必要としません。

 

だから、出来るだけ話す機会を
自分で創っていくことが大切です。

 

彼、アランは日本語もペラペラ。
しかし、僕と一緒に餃子居酒屋に来た時は、
英語で会話をします。

 

僕がプライベートな時間で英語を話していたら

「相手が日本語が話せるのに
どうしてわざわざ英語で話すの?」

って他の日本人にたまに聞かれるんですね。

 

相手からしたら
英語でも日本語でもどちらでも良いんです。

ということは僕にとっては英語で話す方が頭も使うし、
勉強にもなる英語が良いんです。

こういう機会をしっかりと利用しないと勿体無いです。

 

英語が話せる人と話をする場合は
出来るだけ英語で話します。

何事も勉強ですから〜!

 

セブでも日本語ペラペラなフィリピン人に英語で会話

IMG_4548

↑彼女はフィリピン・セブの不動産屋さんです。

名前は藤岡レルナさんです。
一緒にセブの不動産を見に来た時の写真です。

 

 

彼女は日本に何年も住んでおり、
日本語がペラペラなんですよね。

しかし、僕は彼女との会話やLINEのやり取りは
全て英語にしています。

 

せっかくの機会です。
いつも英語に触れておきたいんですよね。

相手が日本人で英語が分からない人なら別ですが、
英語で話して大丈夫なのであれば
出来る限り英語で話をしたらいいんですよね〜!

 

どうしたら、英語に触れ続けられるか書きます。

 

外国人の友だちをつくること

 

外国人の友達って英語を磨く上でも、
異国の文化を知る為にも、とても良いんですよね。

「一緒に食事に行こうって誘うのは
迷惑なんじゃないかな?」

って考えがちですが、そんなことは全くありません。

 

むしろどんどん誘ったら良いんですよね。

 

もし自分が1人で外国に住んでいたら、
その国の人と友達になりたいです。

それは、日本に来ている外国人も
きっと同じことなんですよね。

 

一緒に食事をしながら
楽しい時間を過ごすというのは
相手にとっても楽しいはず。

 

もし、英語の学校に通っているのであれば、
ティーチャーを食事に誘ってみるのはとても有効です。

ティーチャーも本当は誘って欲しいのかも知れません。
食事に行って色んな話をして楽しみましょう!

 

「着手半分」 勉強しだしたら半分はOK!

 

家で勉強をする場合の話です。

日本で英語を勉強する時は
いかに時間の確保をするかが
問題になってくるんですよね。

だから毎日、これだけはする
ということを決めておいたら
日課になって勉強が出来ます。

 

着手半分という言葉があります。

 

実際に着手したら半分、
5割は出来たということです。

あれこれ考えるだけで
なかなか手がけない人が多いものです。
とにかく早く手を付けるべきです。

(by 小山昇氏)

 

家での英語の勉強も同じく、
家に帰ったら出来るだけ早目に着手してしまうんです。

そして、集中力を高めて
30分でも良いので毎日していくことです。

 

英語ってなかなか習得出来ないだけに
時間がかかります。

着手してしまうと半分は成功したようなものです。
あとは集中してやってしまうだけ!

 

僕の場合は1人でいる時は徹底的に英語を聞いていました。
VOAやTEDをYOUTUBEで調べて聞いたりもしています。
ただ、流しているだけでも違ってきます。

 

 

日本ではなかなか英語を使う機会はありませんが、
自分なりに工夫をしながら一刻も早く英語上達をしていきたいものですね!!!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 1,852 times, 1 visits today)