フィリピン人は怠け者?フィリピン人ティーチャーは働き者?

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1832

=========================
英語の勉強法についての本を出版しました。
180904_firstenglish_honda-syatyo-02 (1) (1)
たった3ヶ月で人生を変えます!
=========================

フィリピン人は働かないという話を
たまに耳にすることがあります。

実際にありえない光景を何度も
目にしてきました。

特に男性が働かない場合が多い。

しかし、反対に思いっ切り働き者の人も
たくさんいます。

もし、国民全体が働かない者だらけだったら
国は滅びますからね・・・

フィリピン人の中でも
働き者って多いんですよね。
真面目な人も多い。

最近では日本人の方が
むしろ働かなくなってきているのかも。。。

よく働く人は文句を言わず
忠実に仕事をしてくれます。

どこの国でも同じですが
働かない人や業績の悪い人ほど
文句が多い(笑)

 

フィリピン人ティーチャーの献身

IMG_2853

フィリピン人ティーチャーは家族の大黒柱

良いのか悪いのかは別にして
彼らは家族の為に仕事をしています。

お父さん、お母さん、弟、妹や姉兄貴の為。

従兄弟まで含んでいるのは珍しいですが
兄弟の子供も家族の一員です。

そんな彼らの大黒柱が彼らです。

実はフィリピンの家庭の中で
コンスタントにお給与をもらえる
仕事をしている人って多くない。

どちらかと言えばみんな不定期な
日雇いの仕事ばかりの人が多いです。

例えば日雇いドライバーだったり
忙しい時のヘルプのクリーナーです。

またキッチン補助や
ちょっとしたお手伝いだったりします。

どこかの会社に専属で仕事をしていません。

だから家族の中から1人でも
会社に勤めることが出来れば
その人が家族を養います。

つまり一家の大黒柱になります。
結婚をしてからも家族を養います。

 

フィリピン人ファミリーの大黒柱は家族に献身的

あるティーチャーは給与の全てを
お母さんに渡します。

給与を振り込む口座のカードは
お母さんに渡しています。

だから自分で自分の給与を
おろすことが出来ません。

フィリピンでは月に2回
給与日がありますが

この日に約1,000円くらいの
お小遣いをお母さんからもらいます。

いくら稼いでも自分の小遣いは
変わりません。

お母さんの使える金額が
増えていくだけです。

彼らはそれで良いんです。
そのことに対して不満を
持っている訳ではありません。

家族が喜んでくれるなら
それでOKです。

 

フィリピン人ティーチャーの通勤時間

フィリピンでは仕事がそれほど
多くはありません。

だから仕事があれば
遠い場所からでも通勤をしてくれます。

あるティーチャーは1時間30分もかけて
来てくれています。

そして誰よりも早い時間に学校に
到着しています。
img_0662

ということは5時30分には家を
出発しないといけません。

そして真面目に仕事をして
生徒からの評判も高く
同じティーチャーからの信頼も厚い。

そんな話を聞くと
本当に偉いなと思います。

僕がもっと頑張って
彼らにもっともっと
報いたくなります。

 

フィリピン人ティーチャーの仕事は人への貢献から始まる

img_0581

フィリピン人の貢献するという考え方

周りの人はその人の
「仕事に対しての姿勢」
を実によく見てます。

そして、常にその人を
評価してます。
だから同僚からの評価は
とても大切です。

上司だけではありません。
部下も先輩も新人も
その人の姿勢を見てます。

 

貢献している人が評価される

昨年は無遅刻・無欠席のティーチャーを
最優秀として表彰させていただきました。
会社に入ってから無遅刻・無欠席でした。

感謝の意味も込めて腕時計をプレゼント!
img_1995-1

とても気に入って付けれてくれます。
嬉しいです!
賞金はそのまま家族に行きますが
これなら自分で付けてられます。

僕は彼女が腕統計を
つけていなかったのを
知ってたのでこれにしました。

彼女は体調が悪くても
気分が落ち込んでいる時でも
きちんと笑顔で来てくれます。

 

家族に貢献をする気持ちのある人

家庭の教育は大切だと痛感します。
子供に貢献をさせる家庭で
育った子供達は仕事でも貢献します。

それが無い家庭は
「してもらって当たり前」
になります。

お母さんにご飯をつくってもらって
当たり前になります。
洗濯や掃除をしてもらって
当たり前。
お父さんがお金を出してくれて
当たり前になってしまいます。

その当たり前の業界には
感謝はありません。

つまり
「ありがとう」
の反対は
「当たり前」

よって感謝のある人が
貢献意欲の高い人になるわけです。

僕はフィリピン人を見ていて
よくよく感じるのが
感謝をする人が多いなって思います。

だから献身的な人が多いんですね!

 

貢献する意欲のない人は結局は認められない

貢献の精神を持って
その後で自分に返ってくるんですよね。

翌日の授業の準備を
生徒の為に一生懸命やる。

みんなの為に出来ることを
リーダーとして朝早くに来てやる。

会社都合ではなく
リーダーとして僕はとても
尊い姿勢だと思います。

だから彼らのポジションも
給与も上がっていきます。

そして何より
みんなから好かれます。

こんなに一生懸命働いてくれている
彼らに報いてあげたいなって
つくづく思います。

それはフィリピン人スタッフだけではなく
日本人スタッフも同じです。

IMG_2857

↑彼らとは朝の7時20分から
早朝勉強会を一緒にやってます。

仕事の姿勢は日々の報告や言動に
表れます。

一生懸命することによって
色んなスキルが身について
リーダーとしての才覚が
出てきます。

最初からリーダーシップがある人なんていない

リーダーの要素は後から
身につくものです。

漫画「キャプテン」で
いきなりキャプテンに選ばれた
谷口タカオくんはキャプテンの素質なんて
ありませんでした。

しかし、努力することによって
段々と身についていったんです。

つまり、リーダーシップとは
スキルなんですよね。

スキルなので素質ではない。
後から身につくものです。

その人の生き方が
にじみ出るスキルです。
一生懸命やってたら
そういったスキルもついてきます。

能力が無くても
一生懸命やっていれば
その内ついてくるんです。

リーダーとして失敗をしたり
成功をしたりしながら
また、学びながら
段々とスキルがついてくる。

とても尊いものです。

フィリピン人は働かないというウソ

IMG_1566

フィリピン人も人によって違う

僕が知っている限りでは
人によって大きく異なります。

それって日本人でも同じですよね。
日本人でも働かない人は
本当に仕事をしません(笑)

フィリピンの場合は
働かない人が目立ちます。

確かに街では一日中携帯を
いじっている人も見かけます。

そんな中でもキチンと
自分の与えられた仕事に
責任感を持って取り組んで
くれている彼らに感謝です。

 

ティーチャーという職業は貢献の心がないと出来ない

人にモノを教える仕事は
基本的に献身的でなかったら出来ません。

人に自分の知っていることを
理解をしてもらう仕事です。

自分の言っている内容を
生徒に正確に理解してもらいます。

人によっては理解するのに
時間がかかる人もいます。
僕もその1人です。

「何で分からないんだ!?」
って時には思うかも知れません。

そんな時、イライラしていたら
教えることなんて絶対に出来ません。

しかも、1時間や2時間
教えるだけじゃないんですよね。

1日に8時間も教えます。
自分に合ってないとやってられないです。

母性豊かでホスピタリティが
溢れてる人でないと
なかなか難しい仕事です。

そういった意味では
フィリピン人はティーチャーに
向いている人が多いなと思います。

*追記

最近、日本ではゆとりの世代が
段々と社会に出てきています。

「ゆとりの世代は使えない」と
言われますがそんなことはありません。
昔から同じような人種が沢山いるんですよね。

ゆとりの世代のせいにしても仕方ないんですよね。
ゆとりとは関係なく使えない人は使えません。
会社は学校でもなければ慈善事業でも
ありませんからね。

文句ばっかり言って、
自分の主張ばかりをしている人。

こういう人は「お客様中心」
と言う言葉を盾に
自分なりの主張をしているけど
実は自分本位であることに全く気づいていない。

自分の仕事のパフォーマンスは関係なく
休み、勤務時間、待遇などなど、
そういうことばっかり主張してきて
上司と揉める人。

また、上司を困らせて、
会社の同僚や後輩に悪影響を与える人。

こういう人を部下に持った上司のみなさん、ご苦労さまです。
ただ、こういう人はどこに行ってもいます。

そして、彼らなりの言い分や主張を
持っています。

だから、
「彼らにいかに上手く気持ちよく
働いてくれるか?」

ってことを考えた方が
いいように思います。

彼らのエネルギーを同じベクトルに
持っていくようにしていければいいですね!

やっぱりマネジメントは
勉強しないと身につかないですね!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

他にもこんなおススメ記事を書いています。

フィリピン留学!ジュニアキャンプ・小中高校生対象

フィリピン留学前に飛躍的に伸ばす3つの英語勉強法!

TOEIC930点が語る!最短で高得点を取るコツ!

本多のInstagramアカウントはこちら

Instagramページ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

フィリンピン留学スタッフ

===========================

フィリンピン留学スタッフ②

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 1,855 times, 1 visits today)