フィリピン留学生がタクシーを安全に利用する15の心得「もうぼったくられない!!!」

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1536

最後が一番大切!!!
ぜひ、最後まで読んで下さい。

先日も不幸な人がフィリピン警察に
被害届を出しました。

First English Global Collegeの生徒では
無かったのですが
もし、このことを知っていたら
きっと被害に遭ってません。

ぜひ、安全に快適にフィリピン留学を
過ごして下さい。

フィリピン留学をする生徒にとっての
主な交通手段はタクシーです。

このタクシーは果たして安全なのか?

また、良いタクシー悪いタクシーの
見分け方はどうなんだろうか?

フィリピンに住んでいないと良い悪いは
なかなか見分けることが出来ません。

現地の言葉が話せなくても
タクシーを快適に乗る心得が
あれば安心です!

フィリピンでは常識とされているルールを
守って安全な移動をすることを願っています。

何度も書きますが
一番最後の15条を必ず守って下さい。

 

フィリピン・タクシーの安全性

フィリピン留学生の間でタクシーに乗って
どこか知らないところに連れて行かれるということは
あまり聞いたことがありません。

しかし、先日、不幸な事件が起こりました。

夜中10時くらいにアヤラショッピングモールから
タクシーを乗った生徒がいます。

First English Global Collegeの生徒ではありません。

学校もアヤラショッピングモールから
タクシー約15分くらいのところです。

そこまでタクシーで帰ろうとしました。

その時、女性1人だったんですね。

知らない暗い道をずっと走って
15分で到着するはずなのに
もう20分も乗ってます。

すると、いきなり車を止めて
「エンジンが故障した」
と言ってドライバーは車を降りました。

そして、後部座席のドアを開けて
カバンを取っていきました。

その生徒はすぐフィリピン留学を
中止し帰国したとのことでした。

ここはフィリピンです。
とっても貧しい発展途上国
ということを忘れてはいけません。

ぜひ、こういったことのないようにしていきたいです。
基本的事項を守って快適な移動をしていきたいです。

心得1 フィリピンのタクシーはホテルやレストランで呼んでもらう

IMG_5522

どこのホテルでもフロントがありガードマンがいます。

宿泊客でなくても
「タクシーを呼んでもらえますか」
とお願いをするとタクシーを止めてもらえます。

自分が実際に道で呼ぶことを考えたら
現地のガードマンにお願いをして呼ぶのが良いです。

また、レストランでも同じです。
お会計と同時にタクシーを呼べば良いです。
IMG_3127

フィリピンの場合はテーブル会計です。
ウェイターさんに
「お会計とタクシー呼んで」
と言えばOK!

レストランでは帰りは
タクシーを呼んでもらうのが基本です。

レストランから出てから自分でタクシーを
呼ぶ必要はありません。

また、サービスのいい場所では
タクシーの番号を書いたメモを渡してくれます。
このメモをしっかりと持っておきましょう。

心得2 タクシーが来たら必ず写メ

IMG_5490

車にはそれぞれナンバーがついてます。
また、会社名とそのタクシーの番号も
必ず書かれています。

それを写メしておくことです。

防犯のためだけではなく
忘れ物をした時も
これで追いかけることが出来ます。

忘れ物をしたら見つからない可能性は
とても高いですが
どのタクシーに乗ったか分からないよりましです。

IMG_3315
番号は大きめに書かれています↑

また、大げさに写メをすることで
ドライバーさんにも警告をすることが出来ます。

きちんと写メを撮ってますからねー!
と伝えることが出来ます。

心得3 タクシーが見つからなくてもジプニーには乗らない

フィリピン留学生が犯罪に巻き込まれる可能性がある
ジプニーの中。
IMG_2965

当たり前のことです。
全ては自己責任。

慣れてきたらついつい乗ってしまいたくなります。
しかも安い。
7ペソ(約18円)ほどで乗れます。

しかし、このジプニーはフィリピンの国民の乗り物。
極力避けたほうが良いです。

日本人の為の乗り物では
ありませんから〜!

特に夜は絶対に乗らないほうが良い。

いろいろな人が乗ってます。
危険もそれだけあります。

別にジプニーに乗らなくても
フィリピンでは生活をすることが出来ます。

また、こういったバイクタクシーも危険↓
IMG_6092

これも7ペソ(約18円)くらいです。

これそのものが危険だったりします。
なんせバイクですからね。

心得4 タクシーがいなかったらハイヤー

12月に近づくにつれタクシーが段々と
見つからなくなってきます。

また、夕方の渋滞時もなかなか
見つかりません。

ついついバイクなどに乗りたくなります。
しかし、ここは安全性を優位にしたいです。

ホテルに行けばハイヤーなどがあります。

料金はタクシーの倍以上はしますが
この方が安全です。

そもそもタクシーの初乗り金額は
40ペソ(約100円)です。

これが100ペソでも安全に届けてくれるなら
その方がいいです。
また待たなくてもいいのが嬉しい。

アヤラショッピングモールにいたら
隣のマリオットホテル。
SM(シューマート)ショッピングモールに行けば
隣のラディソン・ブルーホテル。

ここに行けばハイヤーを出してくれます。

良いタクシー、悪いタクシーの見分け方

IMG_6659

心得5 車体がキレイかどうか

車体がボロボロのタクシーがたまにいます。

窓が閉まらない。
扉のレバーがない。
傷だらけ。
新聞紙が敷かれている。

自分の仕事道具である車。
それが汚いのは仕事もいい加減です。

またシートのクッションが
かなり薄くなっている場合があります。

そんなタクシーに乗ってしまうと
腰が痛くなってしまいます。

IMG_7005

基本的にフィリピンの道は凸凹だらけ。
快適に乗るにはシートのクッションは欠かせません。

良いタクシードライバーは車が
いつもピカピカです。

心得6 メーターを使うドライバー

通常なら乗って走り出したらすぐにメーターを入れてくれます。
しかし、悪いドライバーさんはなかなか入れません。

「メーター プリーズ」
って言うと
「200ペソでどうだ?」
と交渉してきます。

全く相手にせずに
「メーター! メーター!」
って言い続けたら良いです。

しかし、まれに相手の言った金額が
通常のメーター料金より
安い場合があります。

笑えます。

計算が苦手なんですね。。。

 

心得7 チップは多少渡しても良いと思うこと

上記の続きですが
「メーター! メーター!」
と言い続けても相手が納得しない場合があります。

例えば遠かったり、
かなり渋滞に巻き込まれる道だった場合
ドライバーさんは行くのをとても嫌がります。

僕はマクタンに住んでいますが
セブシティからタクシーに乗ると
決まってこう言われます。

「No Passenger No passenger」

目的地について僕達を降ろした後
新たなお客様をゲット出来ないと言うんです。

だからそんな時は
「additional +50ペソ(約110円)」

メータープラス50ペソを渡すことを告げます。
それで大体は納得してくれます。

これは多くのタクシーでそう言ってきます。

こんな少額でいちいち交渉なんて面倒くさいので
これでOKとします。

 

心得8 お釣りを渡さない

良いドライバーさんはお釣りを渡してくれます。
しかし悪い(普通の)ドライバーさんは
お釣りを持ってないと言ってきます。

持ってても持ってないと言います。
だからこちら側が細かいお金をいつも用意しておく
必要があります。

コンビニやスーパーでは出来るだけ大きなお金を
使用して細かいお金をお財布に入れておくことを心がけます。

お釣りをもらうコツとして
お金を渡したらじっと
黙って座って待っておくことです。
「お釣りなんて当然もらえるでしょ?」
という雰囲気をかもし出すことです。

すると、その様子を見て
ドライバーさんはお釣りをしげしげと出してきます。

タクシーが事故をした時

心得9 すぐに立ち去る準備

事故の程度によります。

ちょっとした接触事故の場合
ドライバー同士が揉め始めます。

言い合いになることもしばしば。

そんなやっかいなことに巻き込まれない為にも
お金をドライバー席に置いて立ち去ることです。

そしてすぐに別のタクシーで移動したらいいです。

ちょっとした接触事故で時間を取られる可能性もあります。
すぐに新しいタクシーを見つけましょう。

心得10 重大事故

「フィリピンで人身事故があった場合
ドライバーは袋叩きに遭う」
と言う話を聞いたことがあります。

フィリピンは事故がとても多い。

無茶な運転をするからです。
その為に幼い子供が巻き込まれることもあります。

それを見た住民の怒りがドライバーに向けられます。

もし、それが自分の乗っているタクシーなら
後ろに乗っている自分も巻き込まれる可能性があります。

まずはその場から離れて
後で警察に届けてもいいです。

とにかく自分の身の安全が重要です。

 

ドライバーとの関係構築

心得11 フィリピン人は話好き

基本的にフィリピン人は話好きです。

よって自分から多少は話しかけて
いい関係を構築していくのもトラブル回避の
効果的な手段の1つになります。

特に家族の話は良いです。
自分はどこから来たのか?
お互いに家族は何人いるのか?
自分はフィリピンで何をしているのか?

そんな話をしてあげたら
ニコニコと会話が出来て
最後にぼったくられることも少ないです。

フィリピン人を褒めることも有効!

グアッポ!(男前!)
を連呼しているとまんざらでもない顔をします。

心得12 多少のビサヤ語

簡単なビサヤ語を話すことで
ドライバーとの距離が近づきます。

サラマー(ありがとう)
アドコサ◯◯(◯◯へ行って)

使い方はこうです。
タクシーに乗り込んだらすぐに

「ありがとう(サラマー)
お兄さん、◯◯へ行って
(クーヤー、アドコサ◯◯)」

と言います。

すると
「お!なかなかやるね!」
と思われます。

それから褒めます。
「あなた男前!
クーヤ、グアッポ!」

「私男前じゃない
ミー、not グアッポ」

「死んじゃうよ〜!
パッタイ〜!!!」

かなり受けるはずです。

特にフィリピン人って
パッタイ!(死んじゃう〜!)
と言う言葉がツボになってます。

ちょっとしたタイミングで
パッタイ〜!!!
って言えば大爆笑。

クレームを言う

心得13 正義の見方LTO

先日、ホテルでタクシーを呼んでもらうと
こういったメモを渡されました。
IMG_8483

Please call LTO Hotline number 256-3766 and 254-3122
と書いてます。

このLTOというのは
Land Transportation Officeの略語で陸運局のような
政府機関です。

ここでタクシーの免許を発行しています。
もし重大なクレームが入ると
免許取り消しになって仕事が出来なくなります。

心得14 あまり逆撫でしてもいけない

LTOについては予備知識として知っておくだけで良いです。
万が一、ぼったくられてここに電話をしても
ここはフィリピンという外国です。

もし、ドライバーが
「この人から暴力を受けた」
と言われたら逆にお金を払わないといけなくなります。

本当にありえない話なのですが
ここはフィリピンです。
日々、ありえないことだらけです。

こういったところに電話をしなくてはいけなくなる前に
自分で予防をしておくことが肝心です。
自分の身は自分で守るしかありません。

 

心得15 GRAB(グラブ)タクシーを事前に登録しておく

最も大切なことはこれ!!!

最近、僕は普通のタクシーに
乗ることは全くありません。

完全にGRABタクシーを利用します。

安全でドライバーも親切。
身元もきっちりと分かってます。

だから下手なことは出来ません。

登録は簡単。

スマートフォンにGRABタクシーを
ダウンロードする↓
IMG_5720

そして、一連の作業で登録します。

電話番号は
+81をつけて0を抜いて
番号を登録します。

至って簡単です。

ただ、日本でしていった方が良い。
海外だと電話代がかかるかも知れないので。

以下4枚はGRABタクシーのサイトを引用してます↓
IMG_5721

今、いる場所を上段に入力。
目的地を下段に入力。

たいがいの場所は出てきます。
もちろんFirst English Global Collegeも出てきます。

上段→今の場所
下段→目的地
ここまで入力出来たら
ドライバーを探してくれます。

見つかったらこんな感じで表示されます↓
IMG_5722

誰が迎えに来るのか
一発で分かります。

また、そのドライバーの
評価も載ってます。

また、今の位置もしっかり出ます。
IMG_5723

また、タクシーを降りたら
その人の評価をつけることも出来ます。

僕は今まで全て5つ星!!!

悪いドライバーはいなかった。

ここで疑問が出てきます。

Q:ネットがない場所だったらどうするのか?

フィリピン留学生は出来るだけ
ネットのあるレストランで
食事をした方が良いです。

今ではネットがない
レストランって少ない。

安全な場所で食事をした方が良いです。

このGRABタクシーだったら
もうぼったくられない!!!

Q:GRAB CARとGRAB TAXIのどっちがいい?

このアプリを開くと
GRAB CAR
GRAB TAXI
などが選べます。

絶対的にGRAB CARが良いです。

GRAB CARは普通の車。

しかし、愛想が良く
一生懸命やってくれます。

多少、料金は高い。
と言っても初乗りで50ペソ(約110円)
くらい違うだけ。

安全を買うと思ったら安いものです。

また、GRAB CARならすぐに来てくれます。

安い=安全ではない

この方程式が成立する国です。

安全は買うもの。
決して高くないので
決して現地の価格思考に
ならないようにしましょう!

 

フィリピン留学生がフィリピンでタクシーを快適に乗るために

まとめてみると
・ホテルやレストランで呼んでもらう
・ドライバーさんが意識できるように写メを撮ること
・ジプニーには乗らない
・ハイヤーも使うこと
・車体のキレイなタクシーに乗る
・メーターをすぐに使ってもらう
・チップは50ペソ(約125円)までOKとする
・お釣りは用意しておく
・軽い事故はすぐに新しいタクシーを見つける
・フィリピン人とビサヤ語をいれて話をする
・褒めまくる
・LTOはあるけど使わずに人間関係を構築すること
・GRABタクシーを登録しておく

やっぱりお互い人間同士です。
話をして理解し合えば快適に移動が出来ます。
お互いを褒めあっていければ
とても楽しい車内になるはずです。

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 3,670 times, 1 visits today)