【カオハガン島ツアー】フィリピン留学生必見!行き方、見どころ、料金(約6,000円)完全ガイド!

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

 

vol.1497

カオハガン島ツアーに行ってきました。

フィリピン留学と言えば
アイランドホッピング!!!

アイランドホッピングとはセブにある島や
綺麗な海をめぐるツアーです。

目次

カオハガン島とは?

IMG_6484

カオハガン島は日本人の崎山さんが1000万円で買った島

崎山さんという方が25年前に島を買われました。
そのオーナーの崎山さんが
ホームページでこう言われています↓(抜粋)

今から25年ほど前、私は、
南の海に浮かんでいた小さな島を買ってしまいました。

豊かな海洋の自然に包まれて、その恵みをいただき、
必要以上の量を採らず、それを皆で分かち合う。

ゆったりと自然の時間に身を任せながら、その日を満ち足りて暮らす。
「何もなくて豊かな」日々を、島民たちと一緒になって過ごしてきました。

とにかく楽しんでいただき、そしてほんとうの自分を取り戻し、
これからの暮らしについて考えてもらいたいのです。

引用:カオハガン島オフィシャルサイト

日本人の崎山さんの想いがたくさんこもった島です。
住民の方々も本当に幸せそうです。
ここは「何もなくて豊かな島」といるくらい
自然をそのまま享受できる場所です。

カオハガン島には600人の島民が住んでいます。
ここに来ることで彼らの生活の一部を垣間見れます。
本当に自然に囲まれた豊かな島。
僕はこの島が大好きになりました。

ここを購入して生きる力を島民に与えている
崎山さんに深く感謝します。

崎山さんはカオハガン島の本も出しています。

タイトル「何もなくて豊かな島」
まさにその通りの島です。

カオハガン島地図(マクタンからボートで1時間)

珊瑚礁の輪の上に出来た島です。

ボートに乗っていたらあっという間に
到着する距離です。

ここは世界で一番、海洋生物が多い海域です。
自然がそのまま残っており
餌付けなどもしていません。

そのままの自然に触れることで
本来の人としての生活を感じることが出来ます。

日本では1日のほとんどを仕事しています。
満員電車で苦しい思いをしている人もいるでしょう。
また、パソコンと長時間にらめっこしている人も。

そういった日常とは程遠い世界が
ここカオハガン島にはあります。

決して日常が悪い訳ではなく
また、ここの暮らしが良いという訳でもありません。
どっちが良い悪いではなく
日本とは全く違った世界を訪れることで
自分の生活やこれから生きていく人生を
考えることが出来る良い機会になります。

フィリピンの島に訪れるのであれば
どうせならそういったことを意識して
足を踏み入れると、また違った発想が
湧いてきますね。

フィリピン留学に来るということは
人生の転機を自分で造れるということです。
特にフィリピン留学生にとっては
こういった島に訪問をして深く考えてみるのも
とても良いことですね。

カオハガン島への行き方

IMG_2546

カオハガン島へはツアー会社の車でピックアップ

フィリピン留学の各学校やホテルまで
ツアー会社の人がピックアップをしてくれます。
事前に予約をしておくと人数を確認して
港まで連れて行ってくれます。
1BB3F73A-19CC-4676-B6D2-CD02573AEDF8

その港までマクタン島からだと30分前後。
セブシティからだと約1時間前後かかります。
行き先は
Marigondon Port
マリゴンドン・ポートです。

港はこんな感じです↓
2FE99015-2538-44E7-89A4-AFD53AE6DF9E

両端が海です。
ここにボートがドッキングします。

地図を載せておきます↓

フィリピン留学生がアイランドホッピングに行くとしたら
大抵は土曜日か日曜日となります。
これらの休日の朝は特別なことがない限り
それほどの渋滞はないでしょう。

持ち物は後ほど詳しく記述していますが
両手が使えて出来るだけ重い荷物は避けましょう。
ボートに乗り移ったり
不安定なところを歩くこともあります。

カオハガン島行きの港でしばらく待つ

もし、他のグループがいる場合は
マリゴンドン・ポートという港で
全員が一旦、集合となります。

記念撮影などして過ごして下さい。
IMG_2545

今から始まるアイランドホッピングで
ワクワクしています。

この港にはたくさんの人がいます。
ここから出発する人が多いですからね。
人が集まる所には売り子さんが必ずいます。
ここで食べたこと無いものを
チャレンジしてみても良いですね!
(自己責任で)

Tenpura(天ぷら)と書かれたものが
売ってました↓
A38FD701-5B14-486D-8C81-95C7999F4F17

イカの天ぷらです。
思わず購入。
1本4つ入りで10ペソ(約25円)。
タレにつけて食べます。
71445F51-3C65-41B3-A79F-B65A0EEF6F27

こういった遠足に行く前って
ワクワクします。
せっかくのフィリピンです。
やったことのないことをしたいですね!
(自己責任で)

いよいよボートに乗り込む

潮の満ち引きがあります。
引き潮の時は大きなボートが
直接、港までドッキング出来ません。
そんな時には小型ボートで大きなボートまで行きます。

8537C694-64D3-42B8-AB66-7C6EA726302F

ツアー会社のスタッフの方が出来るだけ足が濡れないように
気を配ってくれています。
本当に感謝です。

大人数の時は何回かに分けて
大きなボートに乗り込みます。
ここではエンジンがついていないボートなので
フィリピン人が押しながら運んでくれます。
ここでも感謝。

7658D39D-95F2-4D8C-90DA-FE55ABDF1AF4
手で押してくれています↑

いよいよ大きなボートにドッキングをします。
不安定な場所ですが、乗り込んでいきます。
ここでバランスを崩さないように
気をつけます。
2FEAA7C8-166D-4E57-908F-A8E75BB674B6

実はこれ波で揺れています。
僕はもう少しで落ちそうになりました!
しかしフィリピン人がいつも助けてくれて
本当に頼りがいがあります。

無事、全員が乗り込んだら
カオハガン島へ向けて出発です!

カオハガン島はボートで1時間の旅

IMG_2547

ボートに乗るので手荷物は軽くて濡れても良いものに

自然相手なので天候が変わります。
雨の時や波が高い時もあります。
ボートでは水しぶきがかかって濡れてしまいます。

キャプテンは出来るだけ濡れないように
してくれてはいます。
しかし、こればかりは仕方ありません。
カバンなどは濡れても良いようなもので
行きましょう。

また、タオルは持参してください。
ツアー会社は用意してくれません。
どこのツアーでも同じです。
タオルなどは自分で用意しないといけません。
(最後に持ち物を記述しています)

また、ボートでは風が当たります。
年中常夏ですが気温が低くなることもあります。
大きめのバスタオルは必須です。

ボートから見れるカオハガン島の景色

時にはイルカや魚が飛び跳ねているのが見れます。
注意深く海辺を見ていたら見れるかも知れません。
1時間のボートですがあっという間に到着します。

島がどんどん近づいてきます。
そろそろ到着です。
6994B8E3-6B12-44C2-AE59-030601B5C0C7

到着しそうになると
スピードが落ちます。
また、海の色がガラッと変わります。
まさにシャッターチャンスです!
IMG_2548

みんなで大はしゃぎです。
年齢性別関係なくみんなで楽しめます。
ライフジャケットを着るようにしましょう(笑)
7B5A4B2B-E082-4DFA-9979-E541256F234D

このアイランドホッピングというのは
どこの部分を取っても楽しめます。
みんなでキャッキャとさわいでくださいね!
みんなが嬉しければスタッフも嬉しくなります。

カオハガン島上陸!

 

カオハガン島には子供達がたくさんいる

上陸するとすぐにかわいい子供が迎えてくれました。
こういった島ではいつも子供達が元気に泳いでます。
この光景を見るだけで心がワクワクしてきます。

しかも服を来てません。
自然そのままです。

8F4712F7-1264-4F97-863A-EBA741529368

↑服を来てもこんな感じです。
服が身体のサイズに合ってません。。。

彼らはいつでも喜んで写真を取ってくれます。
本当に素朴で親しみやすい子供達です。
6E74FCD3-8A5A-42B4-BD7E-B5D2B4F234A6

ここに住んでいる人たちは
とても素敵な笑顔を見せてくれます。

子供同士で仲良くなれる

観光客の子供と現地の子供達。
言葉が通じなくてもすぐに一緒に遊べます。
海で楽しくキャッキャ言いながら遊んでいます。
IMG_6533

子供は感性が豊かです。
大人が少し情報を与えるだけで
深く感じてくれます。

大人の日本人は現地の人と
どのように接したら良いのか
分かりません。

しかし、子供達は言葉が分からなくても
すぐに打ち解けます。
こういうところに来たら
どんどん交流をしてもらいたいですね!

カオハガン島に上陸してすぐに売り子がいる

◯サンダル販売

良いところに良いタイミングで売り子がいます。
ボートから降りるとサンダルを売っている
人たちがいました。
05A95489-E7F0-4E0D-87F9-F4D49AD22081

「いくらするのか?」
と聞くと
「1つ200ペソ(500円)」
と言ってきました。

ついつい関西人の血が騒ぎ
値切ってしまいました。
1つ150ペソ(約375円)
まで値切ることに成功!

ビーチサンダルを持ってきていない人たちが
たまにいます。
ここでビーチサンダルは必須です。
だからこうやって売ってるんですね。

◯アイスクリーム販売

タイミング良くアイスクリームも
売ってました。
とっても美味しい!
IMG_2550

お腹はこわしませんでした。
チョコレート味やココナッツ味?
などありました。

1個20〜30ペソ(50〜75円)です。
たくさん買って値引きしてもらいましょう♪

カオハガン島の街を散策

IMG_2956

カオハガン島到着後は自由行動

カオハガン島に到着した後
ランチの場所までツアー会社が
案内してくれます。

そこが基地となります。
基地が決まったら、その後は自由行動です。
そこでぜひ街の散策をしましょう。
街と言っても住人が住んでいる小さな村です。
それらを見て回ると面白いです。

現地の人の住んでいるところを実際に
自分の目で見ることです。
また、同時に自分の日常とはかけ離れているので
感慨深いものがあります。

カオハガン島には電気、水道、インターネットもない

インフラが無くてどうやって過ごしているのか?

太陽が沈み、暗くなると寝ます。
明るくなると起床します。
漁師をするかお土産作成・販売をして収入を稼いでいます。

IMG_2957

この島は
「何もなくて豊かな島」
と言われるくらい素朴な生活を
している人たちです。

先進国の日本人では考えられない生活なので
とても不思議な感覚さえ覚えます。
実はここで宿泊をすることも出来ます。
ツアー会社に問い合わせてください。

カオハガン島のおみやげ屋さん

おみやげ屋さんがズラッと並んでいます。
ここでも値段交渉をしながら買うことが出来ます。
BE1D05A1-0FF8-4E64-A404-AC2BC2FA9BA6

店員さん?は日本語、中国語、英語が出来ます。
せっかくフィリピンで英語を勉強しているので
英語で交渉してみましょう。
2割くらいは値引きをしてくれます。
B53E2A75-A515-410F-8B39-7929B22483CD

必死に売り込んでくれます。
気に入ったものがあれば
それは世界で1つしかないものです。
ぜひ購入して帰ったら良いですね。
B1528A08-3A95-4F55-9964-7BE2CEF140ED

地元の人との交流は楽しいです。

カオハガン島の街並みを楽しむ

0BD3DABB-42C4-4A78-AAC2-5564FA0862EA

歩いていたらいろいろな発見があります。
たくさんの鶏を見ることが出来ます。
ここでこのように飼われている鶏は
全て闘鶏(とうけい)用です。
IMG_6555

鶏同士が戦います。
年に数回、闘鶏大会が行われます。
鶏の後ろ足にナイフをつけて戦います。
相手が死ぬまで戦います。

その鶏が至る所で飼われています。
1FAB50A7-3691-47E1-A3A4-A4E7A8C00CCE

ここカオハガン島には小学校があります。
ここで平日はみんなが勉強しています。
子供がそれだけ多いんですね。
IMG_6550

子供が多いので洗濯物も多い。
家の壁?には洗濯物で溢れてます。
全て手洗いしてます。
電気がないので洗濯機もありません。
2499FE5D-6972-45A3-B256-0CB56212BB8C

いたるところにこんな風に
洗濯物が干されています。
4C658D10-5F8A-4E1D-82A7-0FC825932D13

カオハガン島のトイレは女性が流してくれる

ここには水道がありません。
もちろん水洗トイレという近代的なものは
ありません。

しかし、とても綺麗な状態を維持されている。
とても気持ちよくトイレをすることができます。
と言うのもいつも管理をしてくれる人がいるんですね。

IMG_6539

この女性の方がトイレの水を流してくれます。
また、トイレから出てきたら
手も流してくれます。

「だからトイレが綺麗なんだ〜!」
と少し感動。
というのも、フィリピンのこういった公衆トイレは
本当に汚いから。
綺麗なトイレに感動します。

ついついチップを20ペソあげました。
すると、相手も気持ちよく
「Thank you」と受け取ってくれました。

カオハガン島の豪華ランチを楽しむ

075DDF22-80AC-4F9D-AAC2-5F6EADE3F5D3

カオハガン島ツアーには豪華ランチがついてくる

ツアー会社によってランチは違います。
金額やコースによって違うので
ここは注意が必要です。

僕達の行くアイランドホッピングは
いつもこのように比較的豪華な食事が
ついてきます。

15D92026-3681-44A1-A436-75ED91EBAB8B

このカニがとても美味しい!
きっと地元の新鮮な食材です。

AD555BA9-502A-43EF-B0D7-9111CDC6DA25

フィリピン留学に来たら
一度は来てもらいたいアイランドホッピングです。
ビーチで美味しい食事を食べながら
仲間と楽しい時間を過ごすことが出来ます。
4120F23E-DDD5-4A79-8168-EEC4B248C8A1

食べきれないくらいあります。
しかし、大丈夫です。
フィリピンでは残った食材を
捨てるということはあまりしません。
一緒に同行したスタッフたちも食べます。

0BCF1C2B-E6A3-44D0-987D-60733598F9D9

最後は豪華フルーツの盛り合わせです。
これだけで日本なら数千円します。

海を目の前にして美味しいランチを食べる。
本当に幸せな気分になります。
9E14B23F-B889-41A2-9600-05FA7BA84722

ツアー会社がこの場所を取ってくれます。
個人でくると有料になります。

カオハガン島でランチの準備の様子

ちょうど、裏の方でランチを調理してくれていました。
ここフィリピンでのBBQは自分たちで作りません。
1D349F36-7119-4775-8595-F2A232793EF4

自分たちは食べるだけで
全てはスタッフが作ってくれます。

 

カオハガン島で歌を歌ってくれる

こういう場所ではお決まりです。
そーーーっと背後に来て歌を歌い始めました。
39616EC5-4FB8-4F15-908B-E2792DADDB4E

誰もが知っている外国の曲。
また日本の曲まで歌ってくれます。
「乾杯」「I love you」などなど。

後でチップを100ペソくらいあげてください。
1曲20ペソ(約50円)くらいが妥当です。
この歌だけでも盛り上がります。

カオハガン島では魚介類を購入することが出来る

島に到着してランチの場所まで行きます。
そのランチの場所がちょうど
魚介類を販売しているところの隣です。

地元の人達が必死で販売してる場所があります。
07014002-9C64-41BE-8238-FF08C0DFF087

手を広げているのは
「500ペソ」
と言う意味です。

これら一杯500ペソ(約1,250円)です。
この量に圧倒されます。
IMG_6547

貝類や大きな魚など
新鮮な食材が山盛り入ってます。

6847F0B2-6DEC-482A-8B10-7AB912FA0695

彼らも生活がかかっているから
必死で売り込んできます。

お金を渡して「これ下さい」
と言うと、家の中に持っていって
調理して持ってきてくれます。

しかし、ここで注意です!!!

もし、これらの魚介類を注文
するのであれば食後の方がいい!

ツアーに入っているランチは上記で見たように
食べきれないくらい出てきます。
カニ、エビ、イカ、お肉、フルーツの盛り合わせ。
今まで何回も来ていますが
全て食べたことがありません。

もし、ランチを食べてまだお腹が空いているなら
注文をしてもいいかも知れません。
先にこれらを注文しても余ってしまったら
もったいないです。
ランチを食べてそれでも足りなければ
注文をしましょう。

カオハガン島の海を楽しむ

カオハガン島は遠浅の海なので引き潮時は泳げない

海は遠浅です。
引き潮の時はかなり先まで行くことが出来ます。
ただ、引き潮の時は泳げません。
あまりにも海水が低すぎます。
65377D4B-7205-4520-A7CF-917DC6002C13

カオハガン島の滞在時間は限られています。
約3〜4時間程度です。
海辺で遊んでいるだけで
あっという間に時間が過ぎてしまいます。
A565CC71-BF1A-4311-A806-A494A434C564

カオハガン島の潮の流れが早い

引き潮だったのに
あっという間に満潮になります。
ここまで潮が早く動くのかと
感動すらします。

24135EBF-4442-4821-BF8D-14052441B46A

溝のようになっているところに
海水が通っていきあっという間に満潮になります。
そんな満ち干きでさえ感動します。

残念なのはここの島では魚を
見ることが出来ないということです。
また、魚が島にいないのはカオハガン島だけではなく
セブから近い島にはあまりいません。

魚は後ほどボートで移動をする場所で
見ることが出来ます。
その場所でシュノーケリングをして魚を見ます。

カオハガン島近くのシュノーケリングエリアへ移動

カオハガン島を離れる

約3〜4時間前後の島の滞在の後
島を離れます。
973796F8-8081-4B80-ACA9-0EAF7F537DF0

潮が満ちてきたので大きなボートが島まで
来てくれました。
島から直接ボートに乗ることが出来ます。

もし、引き潮だと、ここから小さなボートに
乗って移動ということになります。

カオハガン島の近くのシュノーケリングエリアに移動

7A80A8BF-CDA1-425D-BE93-D2A43F3FD21D

フィッシュ・サンクチュアリという
場所に移動をします。
ここは海洋保護区になっており
魚がたくさんみることが出来ます。

ここでライフジャケットを着てパンを持って
海に飛び込みます。
921063F6-B236-43C7-9E3E-606656575786

気をつけたいのが、申し込む時点で
ライフジャケット、シュノーケリングセットが
ついているかどうかです。
たまに別料金のことがあるので確認をしてください。
ツアーならついている場合が多いです。

風が吹いていたら寒い時もありますが
すぐに暖かくなるので
思い切って飛び込みましょう!
A81F2EBF-DAB2-49BF-9BF1-C2E52858317D

ここは水深2〜3mです。
一旦、顔を水につけるとたくさんの魚を
見ることが出来ます。

思い切って飛び込みましょう!!
B31F62A6-2D88-4A5F-9B2F-1E4446D68AE3

潮や海の状態によっては
島に上陸する前にシュノーケリングを行うこともあります。

魚はここでしか見れません。
思い切って飛び込みましょう!!!
3B422DBD-EBD8-4158-919C-BC254947227A

また、パンを事前に買って
行くことをお勧めします。
島では売ってません。
前日までに買っておく必要があります。
パンはコンビニでも売ってます。
793D9B47-7043-43FE-A35A-F343AF07098E

パンをあげると魚がたくさん寄ってきます。
餌をあげないとなかなか来ないのでパンは必須です。

パンを持って入ると魚に突かれるくらい
間近で見ることが出来ます。
7F87CD13-60EF-4513-9C83-F045722DFECA

上からみたらそれほど魚は見えませんが
中に入ると大きな魚や綺麗な魚が見れます。

フィリピン人も付き添いで
入ってくれることもあります。

シュノーケリング時間は約30分程度です。
魚を堪能したらアイランドホッピングも大体は
終了です。
港に向かいます。

帰港してホテルに送迎

無事港についてホテルに送迎してもらいます。
満潮の場合はそのまま
港にドッキング出来ます。
25D6F5B9-4EED-497A-8721-70E57E08E28F

ここでも足場に気をつけてください。
僕は一度海に落ちたことがあります。
携帯が濡れてしまいました。。。
F7DB5866-0AF9-4795-AD2D-E05C10BB6A46

ボートから降りるとそこに車が待っています。
乗り込んで帰ります。
本当に楽です。感謝ですね!
1BB3F73A-19CC-4676-B6D2-CD02573AEDF8

ボートのスタッフへのチップを忘れずに
払うようにしましょう。
ツアー会社によっては
その会社がチップを払ってくれる場合があります。

カオハガン島ツアースケジュールと持ち物、ツアー料金

カオハガン島ツアー基本的スケジュール

  • 8:00   各ホテルにお迎え(マクタン滞在の人は8:30)
  • 9:00  港に到着
  • 9:30  島に向けて出発
  • 10:30   カオハガン島到着
  • 10:40   自由時間
  • 11:30   ランチ、その後自由時間
  • 13:30   島を出発
  • 13:50   シュノーケリング開始
  • 14:30   島を出発
  • 15:30   帰港、そのあと送迎

 

カオハガン島ツアースケジュールは変更される

アイランドホッピングは自然と共に行う
アクティビティです。
よって天候や波の高さによってスケジュールが
変わる場合があります。

波の高いと時は
カオハガン島に行くことが出来ずに
近くのオランゴ島に行くこともあります。

また、雨期では雨が一時的に降ります。
ざっと降って止む場合が多いです。

また帰港時間も天候や波のコンディションによって
違ってきます。
16時の時もあれば15時30分の時もあります。

カオハガン島ツアーの持ち物

  • 着替え
  • バスタオル&ハンドタオル
  • 水着(着てきた方が良いです)
  • 日焼け止め
  • 日傘
  • カメラ
  • サングラス
  • 浮き輪(必要な人は)

 

カオハガン島ツアー料金

人数によって異なります。
2〜3名だと1人4,000ペソ(10,000円)
10名以下だと1人3,600ペソ(9,000円)
10名以上だと1人2,400ペソ(6,000円)
但し、これは時期などによって変わります。
送迎は別途セブシティまでなら1,000ペソ(2,500円)片道がかかります。

小学生以下は半額、5歳以下は無料です。

カオハガン島ツアー代金に含まれるもの

  • ボート代
  • シュノーケルマスク
  • ライフジャケット
  • 入島料
  • 入海料
  • BBQランチ
  • ミネラルウォーター2本
  • ガイド

安すぎるアイランドホッピングツアーにはご用心

この金額は比較的安い方です。
しかし、内容はしっかりしています。

たまにフィリピン人が声をかけてきます。
「アイランドホッピング安いよ!」
しかし、ここまで内容がしっかりしていない場合もあります。

実際のランチはどうか?
シュノーケルセットはついているか?
島に入ったり、海洋保護区で泳ぐだけでお金はかかります。
それらの入島料、入海料は入ってるのか?

そういったことを確認して下さい。
ただ、単純に安いからと言って
残念な結果になることもあります。

また、ボートは稀にエンジンが故障して
止まります。。。
これはセブだけではなくバリ島でも
タイでも同じことが起こります。

そんな時に別のボートがすぐに
迎えに来てくれるかどうか?
もし、そういうカバーがなければ
何時間も海の上にいなけばなりません。

ボートの種類もアイランドホッピングの
快適性に大きく左右されます。
クッションと屋根がしっかりあるボートか?
タコ部屋のように詰め込まれるボートか?

価格だけではありません。
こういったアイランドホッピングは
一生の思い出になります。
内容を重視して選んで下さいね。

カオハガン島ツアーまとめ

この島には大いなる魅力があります。
彼女は日本人です。
この島に魅了されて住んでいます↓
F1F07109-8610-4336-A30E-F53103297B7E

ここカオハガン島にツアーで来て
カオハガン島のフィリピン人と出会い
結婚をして子供を産みました。

この島との出会いで人生が変わったんですね!
僕達もそこまで変わらなくても
こういう場所に来て自分の目で見て
耳で聞いて肌で感じることで
日常とは違ったことを
感じることが出来ます。

「何もなくて豊かな島」
から学ぶことはたくさんありそうですね!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

t02200176_0800064113352271710

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 5,202 times, 1 visits today)