和僑会 


今日も朝から
ハイテンションっ!!!
フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ      

1日1回のクリックお願いします(励みになります)


本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓

「ハイテンションメルマガ」
(登録すると元気になるかも!?)
=======================

 

↑影絵じゃありません。。。

 

和僑会 第2回目 実施!!!

 

 

今回は私が企業事例として発表させてもらいました。

スクリーンショット 2016-03-01 23.02.35

タイトルはこれ↑

「日本の強みを活かした新規海外ビジネス」

〜成功と失敗の繰り返しの後に得たもの〜

 

 

「後に得たもの」ってまだ途中段階なんですけど・・・

 

 

まだまだこれからも成功と失敗の繰り返しだろうなって思います。

 

 

今回はフィリピン留学をするきっかけや特徴などをお話させて頂きました。

 

 

今回は告知が全く出来てなかったにも関わらず

会場いっぱいの人に来てもらいました〜!

IMG_2696

会場が狭いだけなんですけどね。

それでもこれだけの人が来てくれたからとても嬉しかったです。

来ていただいた方々には本当に感謝です。

 

 

お忙しい中、雪の降ってる中、お越しいただき、本当にありがとうございます。

 

 

会長が和僑会についての概略を説明。

IMG_2715

海外でビジネスをしている日本人って

みんな単独なんですよね。

 

 

むしろ色んな噂とかタレコミとかをして足の引っ張り合いをしている人もいます。

 

 

中国人や韓国人って結構、一致団結している人が多いです。

しかし、日本人ってあまり協力体制になってない。

 

 

そこで和僑会というものを作って海外で情報交換や協力をし合おうというものです。

 

 

仲が良い方が何かとお得です。

 

 

これは間違いなくその通りです。

いがみ合ったり、陰口を言い合ったり、妨害をしても

何の得にもならないんですよね。

 

 

むしろお互いに情報交換をしながら協力していった方が良いです。

 

 

例えば、セブにある日本食レストランの場合

 

 

日本食レストラン同士が協力していって連合を作った方が絶対にお得です。

(きっともう既にやっている人もいるんです)

 

 

・情報交換をして今、フィリピンやセブに何が起きているのかを共有する。

 

・食材は同じようなものを使うので日本からのコンテナを共有して原価を抑える。

 

・日本食レストランマップみたいなものを作って日本食レストランのお客様の総数を上げていく。

・居酒屋甲子園みたいなものを企画運営して業界を盛り上げていく。

などなど。

 

もう既に取り組まれている先輩方もおられると思うんです。

 

 

そうやって日本人同士で協力していければ更に強くなっていくなって思うんですね。

 

 

語学学校でも同じく。

また、マッサージ屋さんやオフショアなども同じくです。

 

 

そういった側面から見てみると和僑会というのは価値があるんですよね。

来てくれているみなさんもとても真剣に聞いていただきました。

また、これから海外に行きたいという人も同じく来て頂きました。

 

 

こうやって日本人がどんどん世界に出て行けばいいんですよね。

 

 

確かに日本の方がビジネス環境は良いです。

安全だし時間は守るし、お金を奪おうとはしてないですからね。

 

 

フィリピンや東南アジアのように不安定ではない。

 

 

しかし、これからの日本のことを考えると不安になるんですよね〜!

 

 

 

まず、国債の問題です。

 

 

国債というのは日本人が持っています。

それは海外の人から見たらとても安心です。

いざとなった時に日本人が全てツケを払うんですからね。

 

 

「え!?

僕達日本人が国債の借金を返すの?」

 

って思うかも知れないですが、その通り僕達が返済をするんです。

 

 

僕達日本人が借金を返すんです。

 

 

というのも、国債ってどこが保有しているのか?

スクリーンショット 2016-03-01 23.28.58

(ガベージニュース2015/12/18より引用http://www.garbagenews.net/archives/2126503.html)

 

↑のグラフを見てみると、国債の保有者はほぼ金融機関です。

「この金融機関のお金って誰のお金?」

 

日本人から預かっているお金です。

 

僕達の預金です。

その僕達の預金や保険のお金が国債に変わっていってるんです。

ということは、外国人から見たら、

「日本人よ、あなたたちが持っている国債はあなたたで返しなさいよ」

ってことになります。

 

では日本人の中でも誰が返していくのか?

 

少子化、つまり働く世代の若者が減っている

 

日本は少子化です。

若者がどんどん減っているんです。

ということは、今の借金を次世代に引き継いでも返済出来る能力がないんです。

どう考えても無理があるんですよね。

 

 

であればお金がある人が返済するしかないんです。

 

 

国債は現在1032兆円です。

日本人の持っている金融資産って1700兆円もあるんです。

 


国は将来、どうするのか?

 

 

この預金を全て凍結させて借金返済にあてる可能性もあります。

 

 

「え!?

僕達が預けている預金が無くなるの?

そんなこと誰が賛成するの?」

 

 

実は将来の若者が賛成するんです。

若者は預金なんて持ってないです。

 

「お年寄りの人たちが借金をして、

それでいて預金を1500兆円も持っているだから

それで返済しなさい」

って言うことになる可能性もあります。

 

 

 

「馬鹿なことを言うんじゃない。

日本は、世界一の金額である240兆円もの対外純債権を持ってるし大丈夫でしょ!」

と言われる人もいるかも知れないです。

 

 

そう思っている人はそれでいいと思うんですよね。

 

 

しかし、僕は国は絶対に守ってくれないって思うんですよね。

だから自分で自分の会社や社員さんの生活を守らないといけない。

 

 

何が起こっても不思議ではないです。

 

その時の首相が涙を流しながら預金を凍結するかも知れないです。

可能性があるということです。

 

 

そうなってしまったら、年金とか行ってる場合じゃなくなります。

全員、寒い冬空に真っ裸で放り出されるようなものです。

そして、TVでは首相が涙を流しながら

「仕方のないことです・・・

みんな我慢して下さい。」

って言ってるかも知れません。

 

 

そんな時、誰が自分を守れるのか?

その為に今、自分が出来ることをしていくだけなんです。

 

 

日本人はどんどん出て行って色んな物を見てきたら良いと思うんですよね。

 

 

 

日本にこだわること無く海外に出て行って、

それでまた日本に貢献していければ素晴らしいと思います。

 

 

和僑会もそういった想いでやってます。

 

 

さて、今回の和僑会ですが、みんなも1人ずつ自分の想いを話してくれました。

IMG_2698

参加者の自己紹介&今後の抱負について。

 

 

和僑会が終わった後はみんなで韓国料理店で美味しく食事会。

そして、2次会はワイン屋さん↓

IMG_2702

3次会は夜中の12時30分から焼肉です↓

IMG_2709

みんな本当に元気いっぱいですね!!!

(夜中の1時半まで肉を食べ続けました・・・)

 

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

t02200176_0800064113352271710

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

t02200108_0800039313357348756

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 434 times, 1 visits today)