インド高額紙幣廃止でATMで「長蛇の列」を英語で言うと

今日も朝から

 

ハイテンションっ!!!

 

フィリピン英語留学を通して日本人を強くしていきたいファーストイングリッシュの本多です。

vol.1081

 

紙幣の価値は何でしょうか?
考えさせられますね。

少し前、インドのモディ首相が国民の前で
衝撃的なことを発表しました。

「国民のみなさん、いつもご苦労さん。

みんなにはごめんだけど
1,000ルピー札(約1,600円)と
800ルピー札(約800円)を
あと4時間で使えなくするから!」

 

えええー!!!

いきなりお金使えないって
ドゥテルテさんとかトランプさん
より上手いってるやんっ!!!

インド政府が9日午前0時から、最大紙幣の千ルピー(約1580円)札と2番目に高額の五百ルピー札の使用を禁じた。(中略)モディ首相は11月10日から12月30日に銀行か郵便局の口座に預け入れない限り「無価値の紙くずになる」と表明した。

引用:日本経済新聞2016年11月12日(土)「インド高額2紙幣の使用禁止、230億枚無効に」

今までで一番理不尽!?

 

そもそもインドは貨幣社会です。
みんなが現金を使っているんです。
クレジットカードなどまだまだ先の話。

 

と言うのも銀行口座を持っている人が少ない。
自宅の近くに銀行がないんですから。
もらった給与などはタンス貯金してます。

 

今まで一生懸命貯めたお金が紙切れになってしまいます。
こんな夢みたいな話はありません。
現代の社会でこんな理不尽な発令を出すなんて信じられません。。。

 

「高額紙幣無効」の理由

 

思い切った施策に出ました。
しかもいきなり発表をしたみたいです。
理由は↓

「インドは高い経済成長を続けている。その一方で、汚職やブラックマネーがまん延している。国を掃除するのに手を貸してほしい」

引用:NHK NEWS WEB 2016年11月9日

 

なぜいきなり廃止するのか?

1,汚職や脱税のお金の為

ワイロのお金のことを「under the table」と言います。
汚職してつくったお金や脱税をしてできたお金。

これらは銀行にも預けられないお金です。
そういったお金が銀行の貸金庫や家の金庫やタンスに隠されています。
それらを出させる為です。

地下経済のお金はGDPの3〜4割くらいあるとの説。
もっとあるという見方もあるそうです。

 

2,ニセ札防止の為

 

これ↓フィリピンのニセ札。
img_8451

ぼかしが舐めてる。。。
img_8451-1

 

こういうのってはた目で見ている限りは良いんですが
実際に自分が受け取ってみると腹が立ちます・・・

 

ニセ札って高額紙幣が多いもの。
だから今回のインドの施策は高額紙幣となりました。

 

 

結果としてATMの前に大行列

 

銀行に預けてしまえばOKです。
一旦、銀行に預けてしまえば
高額紙幣も低額紙幣も関係なくなりますからね。

 

インドの場合、ATMに預け入れられるお金が1日5,000円程度まで。
もし100万円持っていたら200日以上かかります。
いつまで経っても全額の預け入れは無理。。。
ひどい話です。

さて、この行列のことを英語で何と言うか?

【列に並ぶ】
・join the line.
・follow the line.
・get in the line.
・wait in the line.

【列に割り込む】
・cut in the line.
・jump the line.

つまり、列のことを「line」と言います。
lineさえ覚えておけばある程度の言い回しは対応できますね!

 

【長蛇の列】
・There is a long line for ATM.

 

色んな使い回しが出来るようになっていけばいいですね!

 

日本だったらどうするか?

 

今回のインド・モディ首相の施策。
強烈なリーダーシップですね。

ドゥテルテ、トランプ、モディ首相と言い
強烈なリーダーシップの前に日本は大丈夫なのか
不安を覚えました。

政治は世界的に見ると
強烈なリーダーシップが次々と誕生してますね。
そんな人達と利権を争っていかないといけない
場面も出てくることでしょう。

 

日本の政治家にもぜひ
がんばってほしいですね!

 

では、また明日の朝8時にお会いしましょう!!!

 

======================
本多が毎日朝8時に配信する
元気になるハイテンションメルマガ登録は↓こちら↓
「ハイテンションメルマガ」

(ぜひ登録してください~!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

1日1回のクリックお願いします(励みになります)

↓こちらも1日1回のクリックお願いします!(とっても励みになります)



↑よかったらクリックしてください。

株式会社G-net
ファーストイングリッシュ
First English global College
代表 本多 正治


フィリピン英語留学サポートならファーストイングリッシュ

私たちがサポートさせてもらいます

t02200176_0800064113352271710

===========================

フィリピン英語留学するならFirst English Global College

http://www.firstcebu.com/

 

僕たちは理念をもって取り組んでいます。

<株式会社G-net 経営理念>

  夢を常に追いかけ
世界中の人に夢を与え
      ありがとうを集める集団である 

<ファーストイングリッシュ 事業理念

~最高の留学を通して夢の創造と実現~
私たちが本気でやり、元気に明るく、そして誠実にすることで
ファーストイングリッシュの事業理念に向かいます

(Visited 728 times, 1 visits today)